感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スバルの街・太田と鍵騒動の地・館林
2006年05月10日 (水) | 編集 |
いやいや・・・鍵騒動では大変ご心配おかけいたしました。
皆様からあたたかいお心を寄せていただき感激しております。ここにあらためて御礼申し上げます。
さて、気を取り直してGW話に行きたいと思います。こんなふうに呑気につれづれと書いていると、タイムリーな話題でなくなる気はしますが(苦笑)、どうかご容赦くださいね。

仕事で、何度も関越高速道を行き来した夫は、高速を早く下りたがります。同じ道ばかりでつまらないのだそうで・・・。まあ、そういわれてみればそうでしょうか。

今回も早々と高速を下りて、愛車はのんびりと走りました
めざすは「館林」でもその前にちょこっと「太田」にひっかかることにしました。

太田市の概要

東京都心から北西に約80km、前橋市から東に約30kmにある。
江戸時代には大光院の門前町・宿場町として発達。大正期以降は富士重工業とその前身、中島飛行機の企業城下町として栄えた。現在では北関東有数の工業都市となっている。これらの工場で働く日系ブラジル人、ペルー人など、在日外国人が多く住んでいることも特徴の一つ。

市民の60%が富士重工(スバル)とその関連会社の従業員であり、世帯の多くがサラリーマンの核家族である。 一企業に依存しすぎる現状は、長期的には問題があるとして、様々な施策が打たれている。


概要にもあるように、大田は別名【スバルの街】です。大きなスバルの工場が続いています。
無知な私はスバル=富士重工とは知らず、工場名を見てもピンとこなかったのでした。夫に説明され、ようやく分った次第です。
大田市近郊に入って感じたのが、「走っている車のスバル率」が断然高いっっ・・ということです。
あっ次も・・・・あっ次も・・・とスバル車が続きます。すごいですねえ。地域に根ざしている感じがします。
ここ太田に寄って、ぜひお買い求めしたいと思ったのが、
名物・スバル最中
です。
otata1.jpg形がスバル車でしたが、最中そのものは普通の最中です(笑)。
包装紙にはでかでかと【スバル最中】と書いてあります。
これが夫にはたまらないのだそうで・・・いやはやマニア心理は

最中のとなりは瓦せんべい風味のお菓子。おいしかったのですが、歯が折れそうなほどかたいものでした。
このお菓子を販売している伊勢屋さんは、そのスジではとても有名で、県外や遠方からもお客さんが買い物にみえるのだそうです。店内にはサンプラザ中野さんがお買い物にいらした時の写真もありました。
私たちが買い物している時もひっきりなしに他のお客さんがいらっしゃいました。皆さんが買っていかれるのが《360(さぶろく)焼》というお菓子。ota2.jpg
お饅頭風味というか・・・なんと言うか・・・うまく表現できないのですが、とてもおいしかったです。
「ケーブルテレビで紹介されていたので・・・」
と買いにいらしたかたがいらっしゃいました。
お店の人と近郊話題で盛り上がっていましたよ。

ここでもやはり夫のマニア心理炸裂で
箱にかかっている熨斗紙のような上掛けの「スバルの360」がとてもよろしいのだそうで・・・。
スバル最中や360焼・・さぶろく焼・・を手に入れた夫は満足そうでした。

太田を出ると、館林はすぐそこです。

館林ではつつじが見頃だということで、まず「県立つつじが岡公園」に向かいました。
tatebayashi1.jpg

群馬県立つつじヶ岡公園には50余種約1万株のツツジが植えられており、「躑躅ヶ岡」の名称で国の名勝に指定されています。
つつじまつりがゴールデンウィークと重なるため、期間中は公園周辺はもとより館林市内、館林IC周辺の道路は動かないほど大混雑するので、俗に「つつじ渋滞」と呼ばれている(笑)そうです。
同公園内のツツジは、館林城の歴代城主から現在まで手厚い保護・育成が図られており、樹齢800年を超えるヤマツツジの巨樹群が自然形のままで保存され、歴史的価値は高くなっています。
また、1994年(平成6)に打ち上げられたアメリカのスペースシャトル「コロンビア」の宇宙飛行士、向井千秋氏が 館林市出身という縁で、シャトルに搭載された「ヤマツツジ」などが宇宙ツツジとして、順調に生育しています。
tatebayashi2.jpg

「宇宙ツツジ」も見たかったのですが、写真にあるように何しろ人・人・人・・・でした。ぞろぞろと列になってツツジの植え込みの合間を歩くといった感じでした。
tatebayashi3.jpg
ピンクが明るく映えていました
tatebayashi4.jpg
まっ赤なツツジも綺麗でした
tatebayashi5.jpg
ひと山まるごとツツジでした
人の波が見えています
tatebayashi6.jpg
つつじが岡公園内の噴水
この日は暑かったので水の音がすずしそうに響いていました
遠くに見える噴水の中心に近づいていくと・・・

tatebayashi7.jpg
ま!なんと噴水時計でした
tatebayashi8.jpg
こいのぼりの里まつり
館林市内4会場に合計5,000匹を超えるこいのぼりが掲揚されています
平成17年5月5日 5,283匹の掲揚数でギネス世界記録に認定されました
tatebayashi9.jpg
分福茶釜のお寺【茂林寺】の掛け軸
ここでお抹茶をいただきました
tatebayashi10.jpg
分福茶釜の街はマンホールの蓋も分福茶釜でした
ちょっとかわゆ~~い



ツツジを見たりこいのぼりをみたりして気分は盛り上がってきたところで、前述の鍵騒動は発生しました。
顛末は・・・皆様ご承知の通りです
あたたかなお心を寄せていただきまして旅はこの先も楽しく続きました。
コメント
この記事へのコメント
太田市がスバルの町ってこと初めて知りました。最中や360焼き、良いですね!企業と地域が一体化しているのも、ある意味特色があって印象深いですよね。
マンホールの蓋は素晴らしい!我が家にも欲しいくらいです。どこに置くかって?そりゃ玄関前ですよ!
2006/05/12(金) 10:24:23 | URL | ナンシー #-[ 編集]
懐かしきスバル最中
はじめまして。
本当に久しぶりにスバル最中を見ました。
食べたのは十年以上前です。
当時は汚い店でしたが、今はどうなっているのでしょうか?
またぜひ行ってみたいと思いました。
2006/05/12(金) 21:50:09 | URL | ノラ次郎 #-[ 編集]
ナンシーさんへ
分福茶釜のマンホールかわいいでしょう。
これはナンシーさんのお庭にぴったりかもしれません。
お土産にしたかったわーーー。
でもお持ち帰りしたら思いっきり怪しい人か!!
2006/05/12(金) 22:16:01 | URL | ☆こころ #ZMUMkWGc[ 編集]
ノラ次郎さんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。
実は「最中」は食べていないのですよ。。。
夫が一手に引き受けました。
私はせんべいと360焼専門でした。
お店は小さかったけど、綺麗でした。
おじさんおばさんが愛想良くしてくれました。
またどうぞ遊びにいらしてくださいね。
2006/05/12(金) 22:21:45 | URL | ☆こころ #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。