感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風よふけふけ ~勇壮!大凧合戦~
2006年06月04日 (日) | 編集 |
初夏の風が吹き抜けるこの季節
日本全国あちらこちらで凧合戦が開催されているようです

20060604155156.jpg

ここ、越後平野を流れる中之口川でも「白根大凧合戦」が6月2日から5日間にわたって開催されています。
この凧合戦は、川の両岸から24畳の大きさの大凧をあげ、空中で絡ませ川に落とし、相手の凧綱が切れるまで引き合って勝敗を決めるという勇壮な凧合戦です。

tako2.jpg
24畳の大凧ってこんな感じですが・・・
周りの人間の大きさとの対比で想像してください
個人的には「24畳のリビングってこんな広さなのかなー」
なんてこと考えてました


この凧合戦の由来は、江戸時代中期、白根町(川の東側)の人が中之口川の堤防の改修工事の完成を祝って藩主から贈られた凧をあげたところ、対岸の西側の集落に落ち、家や農作物を荒らしました。
これに怒った西白根(川の西側)の人たちが対抗して凧をあげて東側にたきつけたところから凧合戦が始まったと伝えられています。

ごく普通の「♪たこたこあがれ~」と違って「絡ませる」という目的があるので、お互い対岸に向かって上がるよう作り方も工夫されているのだそうです。

絡ませて落とす・・ってイメージ持ちにくいでしょうか?
「あがればあがるほどグッド!」といった凧あげなのに、ちょっと不思議な感じを持たれたかたもいらっしゃるかもしれません。
それでは、一連の動きを追ってみましょう。

tako3.jpg
東軍が凧を準備しています
 
tako4.jpg
西軍も同じく準備

tako5.jpg
東軍の凧があがりました

tako6.jpg
川の中央へとあがっていきます
西軍は東軍の凧のあがり具合を見計らってあげます

tako7.jpg
やややっっ!西軍の大凧がぐいぐい襲いかかってきました
東軍の凧にエイヤッと覆い被さります
あ~~~~~~~れ~~~~~~~~
(↑キャッチフレーズは『勇壮』ですからこんな情けない声は出しません

tako8.jpg
ドッボーーーン
両者絡んだまま川に落ちました


あっという間すぎたかしら。ではもう一度(クドイ~~)。


tako9.jpg
あげて・・・

tako10.jpg
寄って・・・

tako11.jpg
絡んで・・・

tako12.jpg
落ちる


とまあ、こんな感じです。
その日の風向き等も重要な条件として関わってきますが、基本的には東軍の凧があがって、そこに西軍の凧が覆いかぶさっていく・・・ということらしいです。
上手に絡むと、観客から「おおお~~~」とドヨメキがあがります。絡まないまま川に落ちたりすると「ああっっ~~」という溜息に変わったりして・・・。それを聞いているだけでも結構面白かったです。

20060604172859.jpg大凧は東軍西軍合わせて13組あって、各組凧の絵柄は決まっています。
どの組もだいたい20~30枚製作しているので、期間中約300枚の大凧が合戦を繰り広げています。

←これは「役者」組・・・伝統的な柄の一部に現代では〔広告・・CM〕が入るようになりました。財政危機の昨今、スポンサーは必須のようです。

・・・to be continued・・・
コメント
この記事へのコメント
13組もあるの
こころさん、こんにちは。
うわぁーーーー!!勇壮ですね。
実物って見たことないなあーーー一度見に行かなきゃね。
なかなかできないよね、せっかく作った凧を川の中にぼちゃん!!だなんて。
地元の方の意気込みを感じましたよ。凄い!!
パチパチパチv-425

13組もあるの?
どんな絵柄があるのかな?

よーーし、来年は見に行きますよ。
2006/06/04(日) 20:02:05 | URL | 千姫 #-[ 編集]
こんにちは~。
お久しぶりです!
お元気そうですね。

スゴイね「凧」
24畳の大きさ・・・・・・・んんんんんんん~
上げる前に
どこで どう作って 保管して
河原まで持ってきたんだろう
と、考えてしまいました。
何だ考えることの規模の小さな私。

魂の入った凧ですね。
続いている行事には歴史があり
時代が変わればスポンサーが必要になったりしますが
後世に受け継がれていきますように。

見て見たいな~本物は圧巻でしょうね。
2006/06/05(月) 15:05:15 | URL | たんぽぽ #nft/jt/c[ 編集]
スゴイッ!!
スゴイッ!! この景色、圧巻です ヽ(*'0'*)ツ
しかも24畳もの大きさがあって、以外な由来もあって!
でもこんなに綺麗で立派なのに、あっという間に川に
落とされちゃうなんて、ちょっともったいないと思うのは
私だけでしょうか・・・ (*'ω'*)

PS 体調はいかがですか 【鍋つかミー】、こころさん宅のお鍋より
私の心をがっちりと鷲掴みしています♪
2006/06/05(月) 21:14:41 | URL | きょんた #-[ 編集]
蛸でなかった凧だぁ。お天気が晴れてよかったですねぇ。
風も応援してくれたようですね。凧がうれしそうに見えます。
W杯にちなんで、日本凧vsブラジル凧はなかったですか?
2006/06/06(火) 02:27:08 | URL | ノバうさぎ #ehuBx04E[ 編集]
勇壮ですね。
めったに見られない貴重な絵ですね。
こういう非日常って、旅気分ですよね。
絡んで、ドボ~~ン。のリピートが、妙にユーモラスです。v-290

大凧といえば、古~~い話ですが、凧に乗った忍者を思い出してしまいます。
誰かしってるかな~?
2006/06/06(火) 11:09:37 | URL | SATOKO #-[ 編集]
千姫さんへ    fromこころ
13組の絵柄を紹介できたらよかったですね。
私が見ていたときに実際上がった大凧は半分くらいだった
かな。もっと長く見ていたらいろいろ撮れたかもしれません。
川下の橋上から撮ったのでちょっと遠かったかな。
でもかぶりつきで撮るには狭すぎるし人が多すぎました(笑)。

今年はお天気に恵まれた模様です。ぜひお出かけください
ませ~~。
2006/06/06(火) 19:19:06 | URL | ☆千姫さんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
たんぽぽさんへ    fromこころ
こんにちは~。たんぽぽさん、お久しぶりですう。
製作時は学校の体育館などを利用しているみたい(不確定
要素・・・笑)です。
くるくるっと巻いて土手まで持ってきます。和紙324枚張りだ
そうですよ。重さは50㌔だとか。

お天気・・・特に風に左右される伝統行事ですが(風向きが
悪いと絡まない)、たんぽぽさんおっしゃるようにこれからも
伝わっていってほしいですね。
2006/06/06(火) 19:24:40 | URL | ☆たんぽぽさんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
きょんたさんへ    fromこころ
ホントにあっという間に川にボチャンってこともあるんですよv-393
うまく絡んでこれから合戦できるならいいのでし
ょうけど、そうでない時は「あ~~あ」って感じなのでしょうね。
さすがにあっという間に落ちちゃう時は、観客席から「あーーー」
と溜息がもれていました。

鍋つかミー・・・お気に入り頂いてありがとうです。
きょんたさんちのにゃんちゃんたちは大きくなったでしょうか。
楽しみにしていますね。
お見舞いもありがとうです。やっと風邪が遠のきました。
本当に長かった・・・・・。
2006/06/06(火) 19:29:53 | URL | ☆きょんたさんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
ノバうさぎさんへ    fromこころ
本当に今年は良いお天気に恵まれたようです。
私が行った日は風向きも絶好。風が強すぎてよくあがらない
こともあるくらいでした。川下から風上へ吹く風が蛸合戦v-8・・・
じゃなかった凧合戦にはよいのだそうです。

今日の南国は暑かったのではv-356
先ほどニュースでやっていました。
水飲んでね~~(何のこっちゃ)
2006/06/06(火) 19:34:43 | URL | ☆ノバうさぎさんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
SATOKOさんへ    fromこころ
SATOKOさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
今年の凧合戦期間は、天候にも恵まれ、相当のお客さんが
訪れたそうです。
これは風向きがよくないと絵にならない凧合戦なので(絡み
合わないから)はあ~~よかったなぁ・・・なんて思いました。

おおっ・・・凧に乗った忍者!!
結構あちこちの漫画やテレビなどに登場しますよね。
大凧に乗って名古屋城の上の金鯱をとる・・・とか。
あれれ??
ありゃ忍者じゃなくてドロボーでしたね(笑)。
だはははっv-411
2006/06/06(火) 19:40:52 | URL | ☆SATOKOさんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。