感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サドガシマンに会いに行こう~~
2006年06月13日 (火) | 編集 |
サドガシマンが生息(?)する新潟県佐渡島。

こちらに行くにはいくつかの手段がありますが、そのひとつがフェリー(船)です。

sadokisen1.jpg


新潟港は現在、2つの港から成り、古くからの港で信濃川の河口両岸に位置する「西港区(にしこうく、新潟西港・・・写真)」と、市域の東端、聖籠町との間に作られた掘込み式の「東港区(ひがしこうく、新潟東港)」に分かれています。西港は旅客・貨物双方を取り扱い、東港は工業港です。

新潟西港は安政5年(1858)の日米修好通商条約により、日本海側で唯一、選ばれた開港5港のひとつで、明治元年(1868)外国船が出入りできる港として開港されました。

しかし、その当時は信濃川上流からの土砂により港湾機能は著しく阻害されており、その改善事業が、明治時代後半から進められてきました。その後、昭和39年新潟地震により壊滅的な被害を受けましたが、それを乗り越え、昭和42年には日本海側最初の特定重要港湾に指定されました。

写真は、新潟西港から出航するフェリーを対岸の《みなとぴあ》から写したものです。
新潟西港は信濃川の河口に位置する港なので、フェリーは出航する時、向きを変えなくてはいけません(ちょっと想像しにくいかもしれませんね)。
川幅が広くなっているとは言え、全長100メートル以上あるフェリーが方向転換するわけですから、対岸にいても舳先が迫ってくる感じがします。
それでは船が向きを変える様子をおおくりします。

sadokisen2.jpg
sadokisen3.jpg
sadokisen4.jpg
sadokisen5.jpg
sadokisen6.jpg
sadokisen7.jpg
sadokisen8.jpg

佐渡に向かって出航していきました


写真で撮ると、腕もイマイチなのでこんなもんですが、傍で見るとド迫力です。じりじりと向きを変えていく大きな船に圧倒されます。
晴れた日にはとても気分の良い眺めです。新潟においでのさいは、ぜひこの景色も堪能されてくださいね(宣伝)
コメント
この記事へのコメント
佐渡汽船のこの船に乗った事があります。佐渡には能舞台の最古のものがありますし、数も確か日本一じゃないですかね? 能舞台で古楽器のコンサートをしましたよ!夕日の沈む頃このフェリーに乗ると最高です。
2006/06/15(木) 22:08:58 | URL | ナンシー #-[ 編集]
壮観ですねぇ。海猿を観てから、すこしフェリー=船がこわいって
イメージができて。大昔、まだ瀬戸大橋や明石大橋がない時代
に実家から本土に渡るのに、フェリーを使わせていただきました。
現在は、橋でつながっているのでフェリーを乗ることがなくて。
寂しいかな。船酔いには強いほうなんですが。

しかし佐渡に行きたかったなぁ。残念~
2006/06/16(金) 01:42:48 | URL | ノバうさぎ #ehuBx04E[ 編集]
ナンシーさんへ    fromこころ
残念ながら佐渡の能舞台はまだ見たことがないのですよ。
それにしても日本一の数なんてすごいですね。
世阿弥以来、その文化が息づいているのかも。
「秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず」
って感じで・・・。(↑真の意味をよく知らないくせに、私ごときが
生意気にも使ってマス・・・すみません)
本物は見たことがありませんが、ニュースで流れる薪能は幻想
的で素敵ですね。

古楽器と能舞台の組み合わせ、ナンシーさんプロデュースで
しょうか。
きっと素敵な舞台になったのだと思います。
2006/06/16(金) 19:58:09 | URL | ☆ナンシーさんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
ノバたんへ    fromこころ
瀬戸内にはあちこちに橋が架かり、便利になりましたね。
鳴門の渦潮を一度見たいと思っている私ですが、まだ四国の
地に足を踏み入れていません。
うどんが好きなので、本場、讃岐うどんも食べたいのですけど
ね~~(食い意地選手権)。

飛行機と船には残念ながら弱い私。
船に強いノバちゃんが羨ましいです。
2006/06/16(金) 20:06:48 | URL | ☆ノバたんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
すごい、すご~い!v-424
連続写真にするとすごいね。
私はなかなか連続写真が撮れません。
あんこを写そうとしても、こんなに綺麗に撮れないよ~。
迫力あるね~。

大昔(私が7歳ごろ)、島の運動公園に仮面ライダーだのウルトラマンだのがやってきて、一緒に写真を撮ってもらって大喜びしたのを覚えてますぅ。
子供のころって、ヒーローものに大喜びするんだよね~。
サドガシマン・・・・会ってみたい気もする~(笑)
サドガシマンに会いたい!!
2006/06/17(土) 10:40:29 | URL | orashion #dftCSLv6[ 編集]
oraちゃんへ    fromこころ
こんにちは~~。PCの調子はいかがですか。
oraちゃんの大作を見せていただいてひょえ~~っとしている
ところです。

写真お褒め頂いてありがとうですv-402
もっと良いアングルがあるのでしょうが、刻々と変わっていく
フェリーの向きに付いて行くのが精一杯でした。
近くで見るとまたすごい迫力です。
その迫力がよく写せなかったことが残念。まだまだ修業中
ですねぇv-15
そのうちヒーローツアーでもしますか。

地方都市の悲哀か、ウルトラマンや仮面ライダーはテレビの
産物でした。
ただ、「いつこっちに怪獣が来るんだろう」
とワクワク待っていたことだけはよーく覚えています。
東京はいつも怪獣が来てタイヘンだなー・・と思っていました。
2006/06/17(土) 12:00:26 | URL | ☆orashionちゃんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。