感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都電荒川線の旅③
2006年06月30日 (金) | 編集 |
荒川遊園地前荒川車庫前

toden23.jpg終点である早稲田や三ノ輪橋には車庫が無いため、ここで両方向へ電車を送り出したり、整備点検や休憩のため仕舞ったりしています。
都電運行の指令塔の場所です。乗務員の交代もここで行なわれます。
写真ではちょっとわかりづらいのですが、軌道本線から引込み線のように線路が道路に伸び、車庫へと続いています。

toden24.jpg出動する時は、車庫からこうして出てきます。

車庫前の一般道路を横切って線路軌道に乗ります。
踏切がないので、電光の矢印表示が電車が来ることを伝えています。すごい音をさせながら電車が出てくるので、ちょっとドキドキものでしたが、通行人の皆さんは特に驚いた様子も無く慣れた感じでした。
toden25.jpg
電車が線路軌道に乗って準備完了

toden28.jpg荒川車庫前
 
梶原
 
栄町
 
王子駅前
 
飛鳥山
 
滝野川一丁目


飛鳥山駅近く。
この辺りは専用軌道ではなく、一般道路を通ります。たくさんの車と一緒に渋滞の一員となる都電が何ともユーモラス。
信号が結構長いので、後ろのトラックとしばらく一緒でした。最後尾に乗っていた私はすぐ目の前にトラックの運転席が迫り、カメラを構えていたら何となくバツが・・・。
運ちゃんはにやにや笑っていました(「カメラ小僧、ちゃんと撮れてるのかー?」って感じだったのかも)
これは駅を降りて歩道橋上からの撮影。

toden29.jpg 飛鳥山駅で「こち亀」都電に会いました。
楽しくてにぎやかな絵柄です。

toden30.jpg
西ヶ原四丁目
 
新庚申塚
 
庚申塚
 
巣鴨新田 
 
大塚駅前
庚申塚駅で、ホームからすぐに行けるお店を発見しました。何のお店かな?
toden32.jpg
おはぎ屋さんでした。きなこやごまやいろいろな種類のおはぎがあっておいしそうでした。
・・・とまた食わず嫌い選手権で申し訳ないのですが、おはぎを食べない私は、このお店では心太をいただきました。
珍しい緑色の心太でした。

心太とおはぎのセットがここのウリのようです。他のオバサマがた(圧倒的にオバサン率が高かった。そういや私も・・・?)もみなさんそれを食べていらっしゃいました。
「単品で心太ください」
と言うのはなかなか勇気がいりました。
toden31.jpg
お店の中からホームは目の前。

駅に入ってきた電車がホントに間近に見えます。
これなら食べ終わって飛び乗っても間に合いそうです。
乗客の皆さんからは、ズルズルと心太をすすっている私が丸見えだったことでしょう(笑)。



toden34.jpg
庚申塚駅から少し歩いたところにある「史跡・巣鴨の庚申塚」
駅前の道は、かつての五街道の一つ、中山道です。
1603年、徳川幕府は五街道(東海道、中山道、甲州街道、日光街道、奥州街道)の制を定めました。
中山道は江戸から京都への裏街道として、板橋宿を第一宿とし、69次の宿駅が設けられていました。
ここ巣鴨の庚申塚は中山道と王子道の交わる所にあり、板橋宿の一つ手前ということもあり、江戸時代には立場(休憩所)として大いに賑わっていました。

庚申の申は猿のことなので、それが猿田彦と結びつき道案内の神ともなりました。後ろに見えているのはその猿田彦神社です。


toden33.jpg“おばあちゃんの原宿”と呼ばれる巣鴨地蔵商店街です。
普段も混雑していますが、4日・14日・24日は(巣鴨とげぬき地蔵は4のつく日がご縁日)おじーちゃん、おばーちゃんが山盛りのもの凄い人出です。
お店をちらと覘くと、リーズナブルなものがたくさん。
写真を撮ったついで・・・と言っちゃ何ですが、私もTシャツを一枚買いました。 

                                    ・・・to be continued・・・
コメント
この記事へのコメント
いよいよ下町に突入ですねぇ。巣鴨=おじいちゃん、おばあちゃんの街というイメージが強いのですが。
「心太」おいしかったですか?私もおはぎは苦手。というより小豆が駄目なんですぅ。こしあんは大丈夫なんですが。
2006/07/01(土) 13:03:00 | URL | ノバうさぎ #ehuBx04E[ 編集]
こんにちわ^^
こころさんの都電荒川線途中下車の旅は面白い^^
自分も一緒に散策している気分になります。
ココのお店っておばあちゃん達の一休み場にもなってるようですね。
あまいもの大好きなので、巣鴨へ行った時は是非御萩食べようと思います。
2006/07/01(土) 17:17:22 | URL | FujiLove #-[ 編集]
ノバたんへ    fromこころ
とっても暑い日v-278だったので、ところてんは強烈
においしく喉を通り抜けていきました。くはーっv-356
おはぎは、きなこやらごまやらさくらやら・・・6種類くらいあった
かな。おばちゃまたちはどれにしようかと迷っていましたよ。
2006/07/01(土) 19:07:41 | URL | ☆ノバちゃんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
FujiLoveさんへ    fromこころ
FujiLoveさん、ありがとー。
こんなへぼへぼ途中下車日記ですが、面白いと言っていただ
けてムクムクと記者根性に火がついていますv-42

おはぎ、おいしそうでした。たくさん種類があったので、ぜひ
食べてみてください。緑色した心太(まだ言ってる~v-356
とのセットがお得感ありますよん(営業かぁ~)。
2006/07/01(土) 19:13:12 | URL | ☆FujiLoveさんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
こころさんの心太食べてる写真は、ひょっとしてお店のおばちゃんに撮ってもらったの?ホームとお店が境目なしは、以前に行った北海道の釧路本線の、駅を思い出しました。こちらはホームと原野の境目なし。こういうのって、心がぱ~っとなりますよね。東京は楽しい所ですね~
2006/07/02(日) 11:30:58 | URL | ナンシー #-[ 編集]
都電も歩行者優先なのね?
横断歩道を前に止まっている姿はなんとも笑えました。

巣鴨地蔵商店街かぁ。
お婆ちゃんの原宿っていうものが他に無いよね。
うちの母もよくTVで巣鴨を見ていたらしく、あんなところがここにもあったらいいのにぃ・・と言ってました。
なにせ欲しいのが「お腹がゴムのモンペ?」みたいなズボンでしたから(笑)。若者にはわからない感覚だよね~。

確かさるサイトで「赤いパンツ」が流行った時に検索して出てきたお店が巣鴨だったよ(笑)。
うわ・・安っ☆って思いました。
どうみても商品より送料が高かったです。
2006/07/03(月) 15:04:33 | URL | orashion #dftCSLv6[ 編集]
ナンシーさんへ    fromこころ
このおはぎ屋さんで食しているニコちゃんマークのかたは、正真
正銘のオバサマでーす(笑)
写す時に私が、
「小さくv-212写っちゃいそうなんですけどよろしいですか?」
と尋ねたら、
「小さくなんていわないで大きく撮ってよ。そのかわり美人に撮
ってよね~~~v-411
と豪快に笑うオバサマ。さすが下町のおばちゃまです。

旅の恥はかき捨て・・・じゃないですけど、都電の旅の間中は、
どこでも話しかけたり逆に話しかけられたり・・・。
下町人情に浸りました。(記事にはしませんでしたが、おじい
ちゃんにカメラ指南もされてしまいましたv-356

ホームと原野の境目無し・・・ってのもすごく広大ですね。
さすが北海道!!
2006/07/04(火) 19:58:58 | URL | ☆ナンシーさんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
oraちゃんへ    fromこころ
お値段見てどひゃ・・とびっくりする安さだったりします。
もっと荷物が増えても良かったら、私はもう2,3枚買ってたな。
oraちゃんのお母様が行きたいと思われる気持ちがよーくわか
ります。あの年代の(失礼)琴線に触れるものがたくさんあり
そうです・・・。そして、サイズも(爆)。

そっか・・・赤パンツはここだったのね。
いっとき、とある業界で強烈に流行りましたが(笑)、今はどうな
のでしょう?やっぱ私も履かなきゃ・・・・かな?
2006/07/04(火) 20:14:41 | URL | ☆oraちゃんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。