感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバル決戦!武田V.S上杉・・・川中島の戦い
2006年08月19日 (土) | 編集 |
皆様、お暑うございます
連日の35℃越えに、伸び~まくってる私です。

お休みを利用してちょっとふらふらと出かけてきました。
どこに行っても暑いことは暑かったのですが、一番暑かったのはこっちに帰って来た時だったかもしれません(笑)
最高気温の記録などを聞くと、出かけていて正解だったかも??と思うほどでした。

さて、あちこち引っかかってきた様子をしばらくのんびりアップさせていただきますね。


まずは新潟を出て、北陸道⇒上信越道と経由して長野県に入りました。高速は飽きるタイプ(!)の夫が運転していましたので、あっさり高速を下りて一般道で進みます。この日も酷暑でしたが、渋滞も無く快調に進みました。

そうしているうちに、道路には「川中島古戦場」という標識が目に付き始めました。
おおっ!武田神社以来、戦国史にハマりつつある私、ここを訪れないわけにはいきません。
そんなわけで上杉・武田ファンの聖地(いつから~~?)川中島古戦場へと車を進めました。

kawanakajima1.jpg川中島古戦場 は、現在は 「八幡原史跡公園」として、八幡社を中心に綺麗に整備されています。
写真は八幡社の社殿。この八幡社は誉田別尊(ほんだわけのみこと) と 建御名方命(たけみなかたのみこと)を御祭神としています。八幡社を中心とした場所を、神の御名にちなんで八幡原と名付けたと言われています。
本殿の右に写っている樹木が逆槐(さかさえんじゅ) です。
この木は、信玄がこの地に本陣を構えるに当り、土塁の土留めとして、槐の杭を根を上にして逆さに打ち込んだのが芽を出し、大木になったと言われています。ちなみに現在の木は、二代目とのことです。

kawanakajima2.jpg有名な川中島合戦(八幡原の戦い)の布陣図。
歴史本等によく出てきますね。

川中島の戦いは、合計5回(10回以上との説もある)12年にわたり繰り広げられています。

単に「川中島の戦い」と言った場合は第4回目のここ八幡原での戦いを指します。

・・・妻女山 に布陣し、動く気配の無い上杉軍に対して、兵を二手に分けて別働隊の奇襲により、予定戦場である川中島八幡原に上杉軍を追い落とし、あらかじめ配しておいた主力軍により、迎撃殲滅する 「啄木鳥(きつつき)の戦法」を採用した信玄でしたが、その策は謙信 に見破られており、裏をかかれた武田軍は上杉軍の猛攻に苦戦します。・・・

そして、その戦いの最中、月毛色の馬に跨り白布で面を包んだ武者がただ一騎、信玄のいる本陣に突入してきます。

そう、これが有名な「武田信玄と上杉謙信の一騎討ち」の像。
kawanakajima3.jpg
「風林火山」の幟と「毘」の幟がはためき、両者の気合が火花を散らします。
おおっ!!時代劇やドラマで何度も見たシーン。
近寄ってぐぐっと見ましょう。

kawanakajima4.jpg
いゃーーー・・迫力ありますね。
馬上で太刀を振り下ろそうとしている謙信と、
それを軍扇で受け止めようとする信玄を
躍動感溢れる姿で再現しています。


この名シーンは八幡原合戦の時のものとされていますが、確証はなく史実かどうか真偽のほどは定かではないらしいです。
しかし、戦国史上有数の名場面であることには間違いないですね。

戦国時代劇に必ずといっていいほど登場するこのシーンですが、私は何度見ても、謙信(上杉)がカッコイイ役回り(?)だなぁ・・と思っちゃうのです。皆さんはいかがですか。

私が訪れた日は、他にもたくさんの観光客で賑わっていましたが、みなさんの話をよくよく聞くと、
「来年の大河は云々・・・」
と、どうやら来年の大河ドラマがらみで足を運んでいらしたようです。駐車場はモロ県外ナンバーばかり(ウチもその一台)。

信玄(武田)ファンで見に来ているのに、謙信がカッコよくていいかしら?カメラの角度が悪いかしら??
信玄公に対して後ろめたさを感じた私、さっそく撮影角度を変えて撮ってみました。

kawanakajima5.jpg
あり~~、やはり信玄が必死で応戦・・・という構図は否めないですね。


戦国史上抜群の知名度を誇る、武田信玄と上杉謙信の戦い。
来年の大河ドラマ放映を前にして、再び熱い戦いが始まっているような雰囲気のする八幡原史跡公園でした。
コメント
この記事へのコメント
ほんとだ・・・
こんちゃ~、毎日暑いね~。
今回も歴史散歩?してきたのね(^^)
こころちゃんのお陰で歴史に詳しくなれるわぁ♪
恥ずかしながら川中島の合戦と言っても、学校で習う程度しか覚えてないの。

仰るとおり、角度を変えても信玄公が必死に応戦!って感じに見えますね~。
武田信玄って損な役回りだね。
父親を駿河に逐って家督を継いだりとか、あまり良いイメージが無いせいかな?
ドラマなどで見る、あの「タコ入道」のようなお世辞にもカッコイイと言えない配役のせいかしらン?
2006/08/21(月) 11:58:42 | URL | orashion #dftCSLv6[ 編集]
oraちゃんへ fromこころ
ほんとに毎日暑い暑いv-356
洗濯が追いつきません。

歴史散歩行って来ましたが・・・詳しいのはoraちゃんだわ。私ゃ全然・・・。
信玄の父親を追いやってというくだりもようやく詳しく知ったくらいでして・・・お恥ずかしいですv-402

でも確かに時代劇ではいつも「タコ入道オヤジ」だよね。
現代ではドラマからのイメージがすごく大きいから、それが結構信玄のイメージを作り上げているかもね。
2006/08/21(月) 21:55:41 | URL | ☆oraちゃんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。