感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び甲府の地へ
2006年08月22日 (火) | 編集 |
先月、偶然の産物で訪れた甲府に再びやってきました。

先回は武田神社しか見ることが出来なかったので、今回はあちこちウロウロしました。
まず、武田神社側の駅出口にしか出なかったので、反対側の舞鶴城公園へ行きました。
おお・・・さすが甲府、盆地ですね。暑いですぅぅぅ。
写真で見えているのは稲荷櫓です。

kofushigai1.jpg


舞鶴城の歴史を紐解くと・・・

天正10年(1582年)、戦国大名の武田氏滅亡後、甲斐国は織田信長の領国となり、本能寺の変の後は徳川家康の支配下に置かれました。
しかし、豊臣秀吉が天下統一を成し遂げると、秀吉の命により甥の羽柴秀勝と腹心の部下である加藤光泰らによって築城が始められ、浅野長政・幸長父子の手により完成をみました。
慶長5年(1600年)関ヶ原の戦い以降は再び徳川家の城となり、幕末まで城の歴史は存続しました。
舞鶴城は江戸時代の初め、将軍家一門が城主となる特別な城でしたが、徳川綱豊が第5代将軍徳川綱吉の嗣子となり江戸城に移り住むと、柳沢吉保が城主となり、城下町とともに大きく発展しました。
その後、大火で本丸御殿や銅門などを焼失し壮麗な姿は失われていきました。
明治時代になると廃城となり、城内の主な建物は取り壊され、勧業試験場として利用が始まるなど新たな歴史を踏み出しました。
明治30年以後は甲府停車場(現在の甲府駅)建設地となっていきました。
明治37年に本丸周辺を舞鶴公園として開放。昭和5年には、県庁舎や県会議事堂がここに移り、城跡は現在とほぼ同じ景観になりました。
(舞鶴城公園パンフレットより抜粋)



kofushigai2.jpg
立派な石垣。登り降りするだけで汗だくでした。

kofushigai3.jpg
城跡のすぐ傍には高層マンション建設中でした。
広島原爆ドーム隣の高層建築問題報道がふと思い浮かびました。
この街でも景観の保護と生活の便利さとの共存が
さかんに話し合われたのかもしれませんね。

kofushigai4.jpg
舞鶴城公園本丸から眺めた甲府の街。
雲がかかっていなければこの方向に富士山を望むことが
できます。この日は残念ながら雲が多くて・・・断念!

kofushigai5.jpg
甲府駅前の信玄公の像
川中島の応戦一方の像とは違って(失礼だわ)
どっしりとエラく貫禄があります。

kofushigai6.jpg
駅前のアーケード
またまた川中島よもう一度・・・ってわけで、
謙信が馬上から切り込んでくるお人形が・・・
大きな大きなお人形が上からつるされていました。
うひゃ~~~カッコイイ!!迫力ありましたよん。

kofushigai7.jpg
もちろん信玄公だって負けちゃいません。
ぽよよ~~~んと大きくどアップで
上から見下ろしていました。
タコ入道つぽいイメージとは違い、かわいい信玄公でした。

kofushigai8.jpg
甲府の夜景はとてもきれいでした。
あれ?遠くで花火が上がっているようです。

kofushigai9.jpg
わははは・・・お祭りの花火で失敗しているというのに、
無謀にもまた挑戦しています。うむむ・・・やはり難・難・難

kofushigai10.jpg
花火の後ろにはなんと大文字焼が見えました。
ほほ~~、どこの山なのでしょうね?
ここは甲府なので京都五山ではないでしょうが・・・(当たり前)。

kofushigai11.jpg
夜景は難しくて上手く撮れません。
甲府の夜景はとってもきれいだったのに。
お伝えできない自分の技量不足に参っちゃいます。
でもでもほんとにきれいでした。

今回の宿泊プラン名は「♪カップル夜景プラン
というだけあって十分夜景を満喫できました。


偶然に訪れた1度目も楽しかったのですが2度目の今回もさらに楽しめました。暑かったですけどね・・・(34℃)
コメント
この記事へのコメント
こころご夫婦の旅~いよいよ甲府編ですね。信玄だぁ。来年の大河ドラマだもんねぇ。甲府での撮影あるのかなぁ。
遠くにみえる大文字焼きは?小京都なんでしょうか。

夜景がきれい~平和なんですよねぇ。
2006/08/23(水) 00:56:09 | URL | ノバうさぎ #ehuBx04E[ 編集]
景観問題
いやぁ、ご夫婦の甲府旅は素敵な夜景で締めくくられていたんですね~。ロマンティック~♪ぐふふ、夜景をバックにチュウv-207した?今度はぜひ神戸へお越しくだされ。神戸の夜景も素敵よ~ん!(←夜景をバックにチュウした人)v-398
京都以外でも送り火を見ることが出来るんですね?
甲府も小京都なのかな??

京都と言えば・・・・京都でもマンション建設問題勃発してましたね~。京都は景観保護地区があって、そこは建物の高さも大きさもきちんと決められているらしいのですが、その保護地区の目と鼻の先に巨大マンションが建てられるということでもめてました。
建設会社は「保護地区じゃないから良いじゃん」って感じでしたし、地元住民は「保護地区に隣接してるじゃん」ってことで反対が多く・・・・そういえばあのマンションはどうなったんだろ?
以前はニュースでも報道されていたけど、このごろはとんと聞きません。
歴史的建物のそばに巨大マンション・・・・似合わないよね~。


2006/08/24(木) 08:56:44 | URL | orashion #dftCSLv6[ 編集]
ノバたんへ    fromこころ
時代劇の撮影だから、甲府の撮影は無さそうですねえ・・・。
アーケードの信玄は思いっきりかわゆかったです。

大文字が見えるなんて思わなかったので、びっくり。おまけに花火まで。
はぁ~~っと夏を感じた夜でした。
2006/08/24(木) 16:38:46 | URL | ☆ノバたんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
oraちゃんへ    fromこころ
神戸の夜景v-353も超有名ですよねー。
一度訪れたいと思っています。
ora夫妻デートの地v-434とあればなおさら訪問しないわけにゃあいきません(ミーハーだった??)

京都でも景観問題勃発していたんですね。
人間の欲求は果てしないというかなんと言うか・・・。
こういう問題が取り沙汰されていても、原爆ドーム隣のマンションはほぼ完売だという事実に驚いたり、そうかぁ・・とも思ったり。
自分もマンションに住んでいるのであまり大きなこと言えないかもしれませんが・・・。
2006/08/24(木) 17:00:29 | URL | ☆oraちゃんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。