感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用賀神社
2006年10月06日 (金) | 編集 |
用がなくても用賀神社へ・・・・

あーちょいスベリましたね~。この頃の私はウケない洒落を言い続けているオヤジさんみたい~(オヤジのみなさまに対して語弊ありすぎですみません)。

yoga1.jpgオヤジギャグはさておき、東京ではお気楽にあっちこっちと滞在している私ですが、その中でもいくつかお気に入りの街があります。
用賀もそのお気に入りの街のひとつ。
駅からコンパクトに商店街やお店がまとまっていて便利だし、渋谷に近いわりに落ち着いているし(私的にはそう思う)、銭湯もあるし、天然温泉(瀬田温泉)もあるし、バスターミナルも便利だし、購買心をくすぐる二子玉川にも近いし・・・・。
私のわがままな欲求を殆ど満たしてくれます

そんなとある日の朝、気持ち良い朝の空気を感じたくて、用賀神社へと散歩に出かけました。



石の鳥居と神明造りの立派な社殿の用賀神社は昔の用賀村の鎮守様でした。

この神社には「あばれ獅子」と異名をとった一対の獅子頭がいて、秋祭りには五穀豊穣・悪疫退散を祈願してこの獅子をかついで村中を練り歩いたそうです。

その流れを受け継いだお祭りが毎年10月に行われ、賑やかにお神輿が繰り出すのだとか。


yoga3.jpg用賀神社は昔、天祖神社と言いましたが、明治41年に宇佐神社と村内にあった北野神社など数社を合祀し、地名をとってこの名前になりました。
昭和48年に境内を広げ杜を造営し現在に至ります。 社殿は、木曽の檜を使用した総檜造りの社殿となっています。

と・・・言われても・・・・
建築オンチの私?には、どれが総檜造りなのかさっぱりわからないという。。。あははは・・・なんとも心もとない話です。

早朝ということで、まだ本殿の扉も開いていません(という表現が適切かどうか分からないのですが)。

初めて訪れましたのでおまいりおまいり・・・と向かうと、ややっかわいらしいものが・・・。

yoga4.jpg神社におまいりするとき、上からさがっている鈴(というのでしょうか~?)のひもを引っぱって鳴らしますよね。
こちらではそのじゃらじゃらとした鈴はなく、巫女さんがご祈祷の時に使うような鈴が立ててありました。
どうやらこれをしゃらしゃらと鳴らしておまいりするようです。
扉が閉まっていたからなのか?常時この方式なのか?日中行っていないので定かでないのですが、しゃらしゃら鈴を鳴らした気分はお正月の巫女さん・・・って感じでした。澄んだ音でした。

yoga5.jpg用賀神社を出ると、用賀商店街と世田谷ビジネススクエア(SBS)が見えてきます。

世田谷ビジネススクエアは28階建の超高層ビル(通称用賀タワー)を軸とした東急田園都市線用賀駅に接続するオフィス街です。
もともとここは玉電(東急玉川線)の車庫予定地で、玉電廃止後は旧・新玉川線(現・田園都市線)の車庫予定地でしたが、手狭なため空き地となり再開発されました。
用賀駅に直結しているし、郵便局やら飲食店・書店などが入っていて私は便利に利用しています。

商店街という響きが好きな私は、用賀商店街のお店も利用します。写真を撮ったのは朝の散歩時なのでシャッターが閉まっているお店が殆どですが、夕方のお買い物時には随分と賑やかな感じです。いろいろなお店があるので楽しいです。道も石畳風できれいなのですよ。

商店街と後ろにそびえたつタワーとのコントラストが朝の光に印象的でした。
コメント
この記事へのコメント
用賀の辺りもすっかり変わったのですね。大昔、玉電は!懐かしの青春時代を思い出しました。お参り用に鈴が置いてあるなんて、オシャレですね。
2006/10/07(土) 15:24:34 | URL | ナンシー #-[ 編集]
ナンシーさんへ    fromこころ
玉電は路面電車だったのですねー。資料を見て初めて知りました。
「用賀に用がある~」なんて何度も繰り返して言う洒落ではないですね。懲りない私でした。
2006/10/07(土) 21:42:07 | URL | ☆ナンシーさんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。