感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

873.4km
2006年10月13日 (金) | 編集 |
いや~~~~~(++;)
今週はヘビーによく働きました。

月曜日が体育の日でお休みだったので、実質4日間の勤務でしたが、頑張りました~~。疲れました~~。
でも、恥ずかしながら仕事は終わらず、お持ち帰りもしてきました~~(笑)。

・・・とは言っても、土・日にお仕事のかたもたくさんいらっしゃるでしょうから(身近な存在ではわが夫)しっかりカレンダー通り休みがある私は疲れたと連呼してもいられないですね。へタレですみません。


さて、前述のように今週の月曜日は体育の日。
国民の祝日はお休みの夫。貴重な夫婦デート日です。
共通の休日が少なくなってきた現在、ふたりともお休みの日はどこかにお出かけする・・・という慣習がついてきたみたいです。
自分をあまやかしているみたいですが、それはそれでいいかななーんて・・・。

そんなわけで仲良くお出かけしてきました

日帰りドライブで出かける範囲ってどのくらいでしょう?

先週、どこへ行こうか・・・と話していた時、夫はこう言いました。
「良いお天気だから富士山を見に行こうか?」
と。

どひゃ~~~

「え~、日帰りなんだよ。」
「いいじゃん。十分日帰りの行動範囲だよ。」
「次の日仕事なのに車だと疲れるんじゃない?」
「だーいじょーぶだって。これ位。」
「・・・・・・・・・」
「富士山見たくないの?」
「そりゃ見たいよ。初冠雪の便りもあったから・・・」
「じゃ、いいじゃん。そうしよ。次の休みにお天気に恵まれる保障はないよ。」

という会話の後、行き先が富士山と決定しました。
タイトルの873.4kmは、私たちが往復で走行した距離です。のべ8都県を通りました。

この間の私といえば1cmも・・・いや1mmも運転していません。
運転は全て夫。タフというか何というか・・・。

この距離って私にとってはどう見ても日帰りドライブの距離ではな~い
・・・という感じだったのですが、夫はすずしい顔で、
「一日1000㌔を越えると運転もなかなか辛くなるけど、これくらいなら楽勝楽勝。」
と言っていました。あまーり運転が上手くない私としてはありがたやありがたや・・・なのですが。

「?」がつくほどのこちらの天候とはは違い(笑)、関東方面は三連休(10/7,8,9)良いお天気だったそうで、前日の東京での天気を見て夫は富士行きを決めたみたいです。
(※こっちは「」の天気だったので、とても快晴の富士山に出かけることは想像できなかった)


初冠雪の便りも嬉しい秋の富士山は、相変わらず優しい面持ちで私を迎えてくれました。

fujiaki1.jpg


頂上付近にすこ~~し雪がふっていますね。
地上(?)では秋まっさかりですが、山の上では雪が降っているのだ・・・と今更ながら気候の違いを目で実感。

fujiaki2.jpg私たちは今回時間短縮のため、珍しく高速を多用しました。数年前、仕事のため毎週高速を往復していた夫はすでに立派な高速嫌い(つまらないんだとか普段のお出かけも高速を使わないであちこち寄り道するのが好きなタイプ)。
そんな高速嫌い夫もさすがに時間の制約には勝てず、関越道⇒圏央道⇒中央道と通って富士山に向かいました。
中央道は途中から富士山が見えてくるのですねー。感激しました。
インター手前では《富士急ハイランド》のレールが・・・。これが噂の【ええじゃないか】かしらん?


fujiaki3.jpg
秋の陽があたたかく差し込んだ富士山
コスモスが秋風に気持ちよさそうです(河口湖畔 大石公園)


お馴染みの河口湖畔 大石公園を中心にまたもや「わーぎゃー」言いながら撮りまくります。どこへ行っても富士山が見えます(当たり前)。
感動です。


fujiaki4.jpgそして、今回は初めて山梨県側から静岡県側にまわりました。
車を走らせていると県境の看板が!
いよいよ静岡県富士宮市です。
富士山の裾野って広いんですねぇ・・・走りながら感じました。

表示は車中からの撮影なので、長距離ドライブで汚れたフロントガラスが写ってしまいました(笑)。


今までの富士山は全て山梨県側からの撮影でした。
今回は初めて静岡県側からの撮影です。


fujiaki5.jpg
雪の感じも違いますね・・・・
すすきが気持ちよく揺れる秋の朝霧高原でした


コメント
この記事へのコメント
富士山!
秋ですね~。
頭に雪をかぶった富士山とススキや赤く色づいた木々との取り合わせがとても素敵ですぅ。

それにしても移動距離、すごいね。
こころちゃんの旦那さまも運転が好きなのかな?
うちの夫も全然平気みたいです。
我が家も一度富士山まで日帰りドライブを強行したことがありまして・・・・・。ただ隣に座っているだけの私がメッチャ疲れたのを覚えています。あぁ、あの頃は若かったなぁ~(笑)。
車にあまり乗らなくなると滅法弱くなるのかぁ?最近はお買い物程度の走行距離でも車酔いするようになっちゃました(^^;)

追伸:リンクの件、承知いたしました。わざわざ変更してくれてありがとうね。
2006/10/14(土) 10:12:15 | URL | orashion #dftCSLv6[ 編集]
癒される~
親子ニャンコちゃんずといい、富士山の多角ショットといい、
癒されるわ~。ほわ~ん

お忙しいみたいですね。
秋はイベント天こ盛りだものね。本当に毎週毎週お疲れ様です。
お互いに健康第一で乗り切りましょう。

ちなみに我が夫も関西や東北は日帰りドライブ圏内と申して
おります。・・・やめて・・・。
2006/10/14(土) 13:47:28 | URL | なおぷ♪ #yl2HcnkM[ 編集]
oraちゃんへ    fromこころ
oraちゃんのだんなさまも運転大好きなのねん。
そそ、疲れていたりしばらく乗らなかったりすると車酔いもするよね。
もともと私はあまーり車に強いほうではありません。それでも夫は自分の運転に自信がある(あった)らしく、結婚したてのころドライブで「酔った・・・」と言ったらえらく自信喪失していました(笑)

若き日におふたりで眺めた富士山とおなじだったでしょうか・・・・
ああ、青春は美しい~~~v-343
2006/10/14(土) 19:46:48 | URL | ☆oraちゃんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
なおぷ♪ちゃんへ    fromこころ
ばたばたしていて恥ずかしいですぅ。
なおちゃんもご多用とは思いますが、ホント、健康に気をつけてお互いにがんばりましょう。

やはり・・・やはりそうですか・・・だんなさまv-405
走行距離の標準はきっと同じくらいなんだろうなぁ・・と漠然と思っていました。

ドライブ時、運転手がこのふたりだったらハードな旅行でしょうね(爆)

こわいもの体験したさで一度やってみましょうか・・・v-12
2006/10/14(土) 19:53:54 | URL | ☆なおぷ♪ちゃんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
タフですな~
みなさんタフですなv-11
父は福島あたりが限界です。
そして多分自分もそんな感じかと。
(やればできるかもしれないけど)

もし僕の周りに「ドライブ行こう」って言った人がいて、行き先が富士山だったら、しばらく事態が飲み込めないと思いますv-356
2006/10/15(日) 01:22:40 | URL | ノア #TY.N/4k.[ 編集]
ノアさんへ    fromこころ
そそ・・・やはり普通は福島・長野くらいだよね。

その一方でイメージ的には、強烈な車文化で、「駐車場から一歩も歩かず目的地に着きたい人種」などと揶揄される当県人ですから、案外遠くまでびゅんびゅん行きそうな感じもしますv-448v-355

でも周りの認識はノアさんの言うとおりでした(うーん、お見通し~)
同僚に「日帰りで富士山まで行ってきました」と話したら、「あー新幹線で」と予想通りの反応。
それに対して「いえ、車です」と答えたら、頭に「v-361v-361v-361」マークがチカチカ点灯して(笑)その後の会話はしばし途絶えました(爆)。
2006/10/15(日) 06:39:45 | URL | ☆ノアさんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
素敵な富士山の写真ですね。カメラセンス良いですね~。しばしうっとりしましたよ。サルビア、コスモス、ススキと季節の花をあしらって・・・富士さんも喜んでいますね。この時期飛行機の上から富士山を見ました。回りの山々も雪がちらちらかかって、きれいでした。雲海が切れたら富士山というのもオツでした。
2006/10/15(日) 09:28:43 | URL | ナンシー #-[ 編集]
ナンシーさんへ    fromこころ
うわ~~~飛行機v-233からの富士山v-263ですかぁ・・・そりゃまたすごいですね。

飛行機嫌いの私は、窓から下を見たことがありませんv-404
だめですよねぇ・・・・。

けど、その機上からの富士山。見てみたいなあ・・・。
2006/10/15(日) 15:19:23 | URL | ☆ナンシーさんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
こんにちわ^^
こころさん、私も、9.10日とこの辺にいました。
ニアミスしてたんですね^^
ところで、873.4km走行して日帰りしたんですかv-236
だんなさんチョータフですね^^
うちのドライバーは往復300km越えると疲れた~ってぼやきます。
この日は本当にいい富士山でしたね。
私も一杯シャッター押しました。

ところで、一つ富士山の撮影ヒントです。
富士山と一緒に花や薄などを前面に配置する場合は、青空を富士山の頭から少しの場所で切っちゃってOKなんですよ。
その場合、ピントを合わせる場所何ですが、富士山の頭、花や薄に合わせて、シャッターボタンを半押しした状態でカメラを動かして画角を決めて、半押ししているシャッターをそのまま押します。
シャッターを半押しすると、ピントがロックされるので、距離が変わらない程度に上下左右にカメラを移動しても大丈夫なんです。
多分このことは、説明書に載ってると思います。
もうご存知でしたら失礼しましたv-238
2006/10/20(金) 12:02:37 | URL | FujiLove #-[ 編集]
FujiLoveさんへ    fromこころ
FujiLoveさん、お返事が遅くなってゴメンナサイ。

そしてそして・・・富士山撮影の極意、ありがとうございます。
なるほど、私のは空の部分が多いですね。
今度はその構図でチャレンジしてみます。
いつも圧倒されてしまって裾野までずーーーーーーっと入れたくなるんですよね。遠目に構えすぎでしょうか。
FujiLoveさんのを参考にさせていただきながら頑張りますね。
強引に「こっちも見てっっ」ておねだりしちゃってv-398すみません。ありがとうございました。

説明書はあまーり真剣に読んでいなくって・・・どうもまだまだ使える機能満載のようです。
しっかり読んで次回に備えますね。

この日はどこかですれ違っていたかなー。
そう考えると何だか楽しいですね。
2006/10/22(日) 19:35:27 | URL | ♪FujiLoveさんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。