感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の神社
2005年12月15日 (木) | 編集 |
《たま》に哀悼のお言葉をたくさんいただきまして、ありがとうございました。

眠るように静かに天国へ行ったということですので、少しほっとしたりもしています。
日曜日に《たま》のお参りに行きました。実家のお仏壇に手を合わせましたが、おばあちゃんはじめご先祖様がたは「何や何や??」と目を白黒させていたかもしれません。

もう少し《たま》のためにお祈りがしたくて、猫にまつわる神社を探してみました。

あいにくと近くには無かったのですが、九州で見つけました。

鹿児島市〔仙巌園(せんがんえん)〕の中にある「猫神神社」です。

仙巌園は桜島を築山に錦江湾(鹿児島湾)を池に見立てた雄大な借景をもつ名園で、もとは島津家の別邸がこの地に構えられたことがはじまりです。

「猫神神社」は、1592年の文禄の役(豊臣秀吉朝鮮出兵)で、島津義弘が時計代わりに連れて行った(猫の瞳孔で時間を調べた)7匹の猫のうち、2匹が生還したので、それを奉ったのがはじまりと記されています。
一緒に行った猫たちの力により、島津義弘は華々しい功績をあげたとも伝えられています。

この仙厳園・猫神神社では毎年『時の記念日(6月10日)』前後に、愛猫が長生きしますように・・亡くなった愛猫の供養のために・・と「愛猫長寿祈願と供養祭」を行なっているのだそうです。
コチラ
http://www.senganen.jp/event/nekotyouju.htm

全国でも珍しい祭礼で毎年たくさんの猫好きが集まるのだとか・・・。
今年はもう終わってしまいましたが、来年にでも・・・と思います。

HPに出ていた猫の絵馬(というのでしょうか絵猫でしょうか?)がとてもかわいくて目を引きました。

みなさんのかわいがってる動物さんたちが健康で長生きしますように。
そして、《たま》も猫の天国で元気に暮らしていますように。
コメント
この記事へのコメント
たまちゃん、ほんとに残念だったね。
冥福をお祈りいたします。

鹿児島県出身だというのに、そういう神社知りませんでした。
私も来年は行ってみたいにゃぁv-283
2005/12/16(金) 12:00:04 | URL | オラシオン #dftCSLv6[ 編集]
オラシオンさん、ありがとうございます。

雄大な桜島を眺める猫神神社に惹かれまする~~。

学生時代、羽田から鹿児島までe-168に乗りましたが、たしか桜島上空で揺れた思い出が・・?
飛行機に弱い私は「寝なきゃ・・寝なきゃ・・」と自分に言い聞かせ、よくよく景色も眺められませんでした。とほほ。
2005/12/16(金) 12:58:41 | URL | こころ #ZMUMkWGc[ 編集]
磯庭園(仙巌園)の猫神神社、行ったことありますよ!
ここのお札も買って、時計の横に飾ってあります。(笑)
猫好きにはたまらない神社ですが、仙巌園の入場料が1,000円かかるんですよね~。
2006/10/09(月) 04:52:32 | URL | K-Hyodo #t4gGa3gQ[ 編集]
K-Hyodoさんへ    fromこころ
K-Hyodoさん、こんにちは。
おおっ、そうですか。猫神神社へ行かれたのですね。
ネットで見つけたとき、行ってみたいなぁ~と思っていました。
南国旅行ができたらぜひ立ち寄りたいところです。

入園料はなかなか高額ですね~(笑)。
2006/10/10(火) 19:17:28 | URL | ☆K-Hyodoさんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。