感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都会のオアシス100周年
2006年10月30日 (月) | 編集 |
都会のオアシス『新宿御苑』

gyoen1.jpg

新宿御苑という名前になってから今年が100年目にあたり、今年4月から来年3月までの1年間を「新宿御苑100周年」と位置づけ、自然や環境をテーマとする様々な行事やイベントを開催しているということです。

よくよく考えてみたら・・・近くだからすぐ行けると思っったのか、新宿は苦手であまり近づかなかった(笑)のか、今まで中に入ったことはありませんでした。
節目の年ということなので入園してみようと、ふらりと立ち寄ってきました。


gyoen2.jpg

緑が多いのには驚きました。
もっと「公園」っていうイメージを持っていましたが、しっかり「森」って感じでした。
周りに人がいなくなると木立の間の細い道が怖いくらいでした(軟弱)。

しばらくのんびり散歩していると、私の頭に「コツン♪」と何か当たりました。
何でしょう?
足元を見ると・・・


gyoen3.jpg

ドングリです。この実が落ちてきたのでした。

ドングリとはブナ科のうちコナラ属とシイ属マテバシイ属を総称しています。
日本には亜種を含めて19種類のドングリの木があります。
樹種により多様な形状がありますが、いずれの樹種であっても形状はほぼ同一であることから、
『抜きん出たものが存在しない集団』を指して、『団栗(ドングリ)の背比べ』と言います。
また、「団」は「まるい」という意味を持ち、団栗は「丸い栗」という意味にもなります。

さて、このドングリくんたちはどの樹から落ちてきたのかな・・・と見上げると・・・。


gyoen4.jpg

わあ・・・
青い空が緑の樹の間から見えていますが、ドングリの樹がこのうちのどれなのかな???
ドングリの中で一年中葉をつけている常緑性のものをカシとよび、「シラカシ」「アラカシ」「アカガシ」「イチイガシ」「ウラジロガシ」「ウバメガシ」などがありますが、そのどれかでしょうか。
うーーむ、ちょっと私には見分けがつかないのでした。


gyoen5.jpg

♪~~~♪~~~♪~~~♪~~~♪
どんぐりころころどんぶりこ 
お池にはまって さあ大変
どじょうが出て来て こんにちは 
ぼっちゃん一緒に 遊びましょう

どんぐりころころ よろこんで 
しばらく一緒に 遊んだが
やっぱりお山が 恋しいと 
泣いてはどじょうを 困らせた
(青木存義作詞・梁田貞作曲)
♪~~~♪~~~♪~~~♪~~~♪


小さい頃よく歌った童謡「どんぐりころころ」
2番までしか知りませんでしたが、実は3番もあるのだそうです。
作詞者・青木存義さんの生家があった日本三景の一つ宮城県松島の松島第五小学校ではこの3番が歌い継がれているのだそうです。

どんぐりころころ 泣いてたら
仲良しこりすが 飛んできて
落ち葉にくるんで おんぶして
急いでお山に 連れてった
( 作詞 岩河三郎)


なかなかほのぼのした雰囲気の詩ですね。どんぐりがお山に帰れてよかったよかった・・・と思ったりして。


gyoen6.jpg

まるで「冬のソナタ」のようなすてきな木立
っと・・・でも木の種類が違いますね
こだわりの冬ソナファンに叱られちゃうかな?
秋の陽があたたかく差し込んでいました。

新宿御苑は私が予想していた以上にはるかに広かったです。
結構汗だくになったりして・・・。
これからもみんなのオアシスとして愛され続けていくのでしょう。
コメント
この記事へのコメント
懐かしの新宿御苑だ~!小学校の遠足。高校生の頃はみんなで学校帰りに・・大学生の時はカレと(ワォ!)と思いでいっぱいです。そうです、東京ってたくさん公園があり、それぞれけっこう広いし、緑がいっぱいですね。ドングリの3番の歌詞の作詞者は作曲家です。編曲でもしていて3番がほしくなったんでしょうかね~可愛いですね、詩も作詞者も。
2006/10/30(月) 23:19:30 | URL | ナンシー #-[ 編集]
ドングリ
思わず「あ~、どんぐり~!!」と叫んでしまいました。
先日出かけたフラワーセンターで、うちら夫婦も森の中を歩いたのですが、私らの前方にお子ちゃま軍団がいて、どんぐりを争うように拾ってました。
私も負けじと探しましたが、見つけるどんぐりは全て割れていて・・・・・結局1つも見つからずでしたのン。
昔、どんぐりに爪楊枝を突き刺してどんぐりの駒を作らなかった?
2006/10/31(火) 10:58:34 | URL | orashion #xwGE08Wo[ 編集]
♪~~♪fromこころ♪~~♪
♪ナンシーさんへ♪

こりゃまたまたナンシーさんデートの地でしたかv-344
広い芝生はお弁当を食べるのにぴったり。遠足も楽しかったでしょうね。

岩河さんは作詞もなさったんですね~。
ナンシーさんご指摘のように合唱「どんぐりころころ」でも作曲されていたのかもしれません。
岩河さん曲で思い出深いのは「巣立ちの歌」です。
卒業式の定番。あ~なつかしっ。

3番は後発なので、他にもいろいろとあるようです。
子供たちから募集しているところもありました。

岩河さんの詞の他には・・・
♪どんぐりころころ 母さんが
 夕やけ小焼けの 池のふち
 泣いてる坊やを 抱っこして
 どじょうににお礼を 言いました

どれもほのぼの路線ですね。
2006/10/31(火) 19:00:04 | URL | ♪ナンシーさんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
♪~~♪fromこころ♪~~♪
♪orashionちゃんへ♪

そうそう、どんぐりごま。やりましたねぇ。
爪楊枝がうまく刺さらなくて「きぃぃぃぃぃぃ」っとなっていたこともありました(笑)。

子供たちはどんぐりを見つけるとなぜかせっせとひたすら拾いますよね(笑)
・・・冬眠のため貯蔵ですか?って感じです。

よく見るといろいろな形があるんだなーって思いました。
私の頭に降ってきたのは結構大型でしたよ。

2006/10/31(火) 19:05:39 | URL | ♪oraちゃんへ #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。