感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士百景(とまではいかないけど)・・其の壱・・
2007年01月06日 (土) | 編集 |
お正月休みもあっという間に終わりました。
実際はたっぷり休んでいるのでしょうけど、短く感じますねー。

ばたばたと二日間、仕事をしましたが、今日からまたラッキーなことに三連休。
日本列島は大荒れの天候になると予報されています。皆さまもお気をつけくださいね。

先回もちょっと触れましたが、大晦日から富士山近辺にに出かけてきました。
とってもいいお天気で道中もあちこち寄り道しながら快適ドライブができました。

31日の宿泊は、富士山の撮影角度でご明察!!いただきましたが、富士吉田市です。
再び名物「吉田うどん」に舌鼓を打ちながらの年越しになりました。

とてもよいお天気でしたので、富士山もくっきりとよく見えました。
「わーわーぎゃーぎゃー」
意味不明に叫びながら(笑)バシバシ撮影していた私ですが、富士吉田市民の皆さまはごくごく普通の大晦日を過ごしておられました。
上を見ながら(富士山の方)歩いているのは私ぐらいなものだったかもしれません
いつもこんな雄大な景色を見ることができるなんてうらやますぃーーなーーと思いましたが、地元のかたにとってはすでに見慣れた景色。富士山は空気と同じような存在なのかもしれませんね。


fuji1.jpg
大晦日の 河口湖 大石公園
あたたかでよいお天気なので、たくさんの人たちが散策していました。

fuji2.jpg大石公園では「冬の七夕まつり」が元日から開催されるということで、その飾りつけが行なわれていました。
(開催期間1月1日~31日)
夜はライトアップもするそうです。

あちこちにこのイベントをお知らせする看板が出ていましたが、「冬の・・・」まで読んだ私は、ついその後に「ソナタ」と続けてしまいました。「冬ソナ関連のイベントかっ」と思ったりして(笑)。


fuji3.jpg
大晦日の夕暮れ  富士吉田市内から
頭の上にちょっと載った雲がかわいかったです


ホテルに荷物を置き、買い物に。
我が家の年越しは富士吉田風でした(どこが?)。
近くのスーパーでお正月料理を買い出し、お部屋で食べました。
お湯を入れるだけで出来る年越しそばも買いました。
どれもなかなか美味しかったです。

スーパーで狂喜乱舞した後(どういう客かしらん?)、外に出ると結構風が冷たく感じました。
防寒準備もしてきたつもりでしたが、明朝の撮影が何となく心配になってきたので、隣にあったユ○クロに駆け込み、セーターやら上着やらをなぜだかドサドサと買ってしまいました。
ここまできてユ○クロかぁ~~?(笑)とも思いましたが、いやいや、便利なものです。
セールもしていたのでお財布にも優しかった
この冬のアイテムは富士吉田にて勢揃いすることとなりました。もう冬物は買わなくてもいいなーってくらいです。
(いったい何をしに行ったのか・・・笑)

新しく買ったセーターを着こんで、さっそく北口本宮富士浅間神社へ二年参りに・・・・。
神社へ車を走らせていると、暗闇の空にも富士山の白い姿が浮かび上がっています。
中腹には灯も見えました。山小屋の灯なのでしょうか。
感激しちゃいました。

神社へ着くとまだ殆ど参拝のかたはいませんでした。ずいぶん早い時刻の二年参りだったみたいです。でもそのおかげでゆっくりお参りできました。
2006年最後にひいた御神籤は「大吉」
終わりよければ全てよしっ・・・てことで2006年を締めくくることができました。
参拝客がまだ出ていないせいか、露店の方々もまだ準備中で、お好み焼き屋さんがせっせとキャベツを切っていました。

明朝に備え、お参りを終えて帰った私たちは、紅白を見ることも無く、早々に眠りについちゃいました。

明けて1月1日。
2007年になりました。
ワクワク感を抑えきれない私は、すでに4時頃目覚めました。
仕事のあるウィークデーには考えられないことだと夫がびっくり。
(勤労意欲の向上を求めますぅ)

グッドな撮影スポットをゲットしたいがために早く出ようと熱くなる私に向かって、つれあいはいたって冷静にこう言いました。
「名だたるカメラマン諸氏が集まるような撮影スポットに出没できるような技術もマナーもまだあなたは身につけていないからダメだよ。そういうところに出入りしたいのなら、もうちょっと初心者なりにいろいろと身につけてからじやないとね~~。皆様にメーワクになるだけだよ。」
と。

確かに。反論の余地もありません。
まだカメラの説明書も読んでいないのですから(関係無いか)。

そんなわけで、ひっそりとだれもいない撮影スポットへと向かうことになりました。
まだ夜も明けない街を走っていると、街角にはそこここに赤色灯がぴかぴかと
看板表示を見ると、
『初日の出暴走族取り締り中』
となっています。
おおっ、ワイドショーで見たとおり。これがあの有名な・・・・なんですねぇ。
妙な所で感心したりしましたが、私たちも思いっきり怪しい県外ナンバー。
ヘンな改造車ではないですが、止められたらどうしようといやにヒヤヒヤしてしまいました。
ま、何とか不審尋問もされずに通過。
山梨・静岡両県警の皆様、お寒い中ご苦労さまでした。


fuji4.jpg
夜明け前の富士山

撮影場所についた私たちは三脚をセットしてスタンバイします。
富士山のことを教えていただいているお友達から、
「防寒対策はばっちりにね」
と聞いていたので、自分なりには雪だるまのように着込んでいるつもりでいました。昨日買ったばかりのおニューのセーターも着ていることですし・・・。
しかし、それでも、体の中にしんしんと寒気がしみこんできます。
さ・・・・寒いよー

少し経つと、腿がぴりぴりと痛くなってきました。
スキー用のオーバーズボンを履いてこなかったことを後悔ー。でももう遅い。

足の指の感覚がなくなってきました。
足(靴)用のホッカイロ買っておいたのに貼ってこなかった。これも後悔ー

手袋が毛糸だったことを後悔。手が痛いー。

そして顔も痛くなってきました。
銀行強盗みたいな目と口だけが開いている帽子みたいなのを被りたい心境。


fuji5.jpg
だんだん明るさを増してくる富士山

朝陽に輝く富士山まで耐えられなかった私。
もうちょっとで・・・というところで車に撤収。
同じところでもうおひとかた撮影されているかたがいらっしゃいましたが、
「えっ?今戻るのー?」
と思いっきり不審そうな顔をされました。
そりゃそうですよね。もうちょっとで富士山が輝きだす・・・というのに。

今までの人生で一番寒く感じた時だったかも(大げさ)。
吹雪の中、スキーの大会役員をした時、泣きそうに寒くて痛かったことを思い出したのですが、寒さのタイプは違うものの、その時に匹敵する寒さでした。
車の気温計を見ると、マイナス8℃
風もあったので、体感的にはマイナス10℃ぐらいだったのかなー・・と思っています。

ちょっと車であたたまったら、また元気も出てきました。


fuji6.jpg
おおっ・・・朝陽に輝く富士山
美し~~~~


fuji7.jpg



fuji8.jpg


こうして2007年の私たちは富士山で始まりました。
一富士ニ鷹・・・って言うくらいですから、こりゃ、縁起いいかも。

富士山まわりをぐるぐると回ってきたので、あちこちの富士山をお届けしますね。
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます。
 早速のリコメントありがとうございました。

> 31日の宿泊は、富士山の撮影角度でご明察!!いただきましたが、富士吉田市です。
> 再び名物「吉田うどん」に舌鼓を打ちながらの年越しになりました。

 「ご明察!」でしたか?(笑)
 私はいつものhttp://www.fujigoko.tv/live/camera.cgi?n=17
で元旦の富士山を拝見しました。年末年始はとても綺麗に見えてました。
 富士さんの写真、それぞれ良く撮れてますね。私も春になったら富士さんを撮りに行こうかな? 今度は浅間神社廻りから離れて…。でも、まだ新橋側を回ってないんですよねぇ。

 何はともあれ、これからも綺麗な写真と楽しいお話しを聞かせて下さいまし。
2007/01/06(土) 21:27:19 | URL | 赤城おろし #9UFK9QUI[ 編集]
美しいです
こころさん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
旅のレポート、素敵なお写真、楽しいお話、
今年も待ってま~す♪

お正月、↓のお写真を見て「美しい!」と感動していました。
そうしたら…こんなご苦労があったのですね。
雄大で美しい朝焼けに染まる富士山を見るためには
身を切るような寒さに耐えなくてはいけないのですね!
そんな大切な富士山、見せていただけて嬉しいです。
実際に目の前で見たら、本当に神々しいような
美しさだったでしょうね。
いいことありそうな気がしますね。

富士山で始まったこころさんご夫妻に、
今年もすばらしいことがありますように…。
2007/01/07(日) 00:23:34 | URL | ととべべ #ef5asKJI[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
★赤城おろしさんへ★~~fromこころ~~

「痛いような寒さ」を久しぶりに体験しました。
やっぱり寒さを侮っちゃいけませんね~(苦笑)。

今回はちゃんと北口本宮浅間神社へお参りに行きました。
まだ殆どお参りの人がいなくて、長い参道がまっくらでした。
たくさん人が出る頃になるとライトがつくようで準備がしてありました。
2007/01/07(日) 14:45:08 | URL | こころ⇒赤城おろしさん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
★ととべべさんへ★~~fromこころ~~

ととべべさん、あけましておめでとうございますー。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

普段、富士山を直接見ることの無い地域に住まいしているせいかもしれませんが、どどーんと目の前に姿を現した時はいつも「うおーっ」とか「ぎゃー」とかわけのわからない声をよく出しています。
雪をかぶった富士山を間近で見たのは初めてのことだったので、まず浮かんだ感想が、
「教科書と同じだ(笑)」
でした。なんて短絡思考。
心も晴れやかに2007年も頑張りたいと思います。

ととべべさんにもココちゃんにも楽しいことや素敵なことがいっぱいありますように。
今年も仲良くしてくださいね。
2007/01/07(日) 14:50:20 | URL | こころ⇒ととべべさん #sSHoJftA[ 編集]
富士を見ながらのお正月は最高だったでしょうね。寒さに震えながら、でも喜々としているこころさんの姿が、目に浮かびます。それにしても素晴らしい写真になりましたね。そしてやっぱり「ふ~じは、日本いちの~やま!」の歌通りですね。
2007/01/07(日) 22:20:46 | URL | ナンシー #-[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
★ナンシーさんへ★~~fromこころ~~

寒さ対策は万全にしなきゃいけない・・・と思いました。
小さいい頃は教科書の中のものでしかなかった富士山を実際に間近で見るとやはり感動です。
ホント、日本一の山なんですね。
2007/01/08(月) 19:20:50 | URL | こころ⇒ナンシーさん #sSHoJftA[ 編集]
ブルブル・・・
富士山はどの角度でも美しいですね~。
夕暮れの富士山、夜明け前の富士山、朝陽に輝く富士山・・・どれも素晴らしいです!!
苦労した甲斐があったね。
万年薄着のこころちゃんでも、肌が痛い寒さって・・・・想像するだけで身震いしますわ。
風邪ひかなくて幸いでした。
今年も良い一年になりますよ~に!!

私のPCではレイアウト崩れてないけど?
まだ直ってないのかな?
2007/01/10(水) 12:49:13 | URL | orashion #dftCSLv6[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
★orashionちゃんへ★~~fromこころ~~

わははは・・・・「万年薄着」v-411
このフレーズいただきです。
お褒めあずかって光栄・・・・ってそんなこと言ってる場合じゃ(笑)。
富士山眺めてよい一年が始まる予感がしています。
また仲良くよろしくお願いします。

レイアウトは「其の弐」の記事の時だけ崩れるのです。
でも閉じちゃう(続きを読むの設定にする)となんともなくなります。
もうしょうがないので、新しい記事をアップしてその記事は閉じました。
今はなんともなくやっているので、ま、いいことにしましょう。
ひとつ不具合があるといやに気になって・・・・。
そういうとこばっかり拘り症だわねv-8
2007/01/11(木) 22:19:07 | URL | こころ⇒oraちゃん #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。