感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのいちごがり
2007年01月11日 (木) | 編集 |
久能山東照宮から下を見た景色。
たくさんたくさん並んでいるのはビニールハウスです。

ichigogari1.jpg



ichigogari2.jpg
何がつくられているのでしょう・・・。



ichigogari3.jpg
ハウスの中には緑のラインが並んでいます。
このビニールハウスの中に入ると・・・・。



ichigogari4.jpgハイ、こうなっています。
そ、ここは苺のビニールハウス。
所謂、「石垣いちご」ですね。
久能山に向かう海岸沿いには、ずっとずっとこのビニールハウスが続いています。
そしていちご狩りの呼び込み合戦も熱心に繰り広げられていたのです。
前記事の被り物の呼び込みはいちご狩りへのお誘いだったのですね。
ichigogari.jpgちなみにこんな被り物のかたもいました。
どうやらいちごのようですが、通り過ぎる車から撮影すると「たらこ」みたい・・・(失礼っ)。
♪た~らこ~た~らこ~ た~っぷり た~らこ~♪
っと・・・歌っていた私も、久能山の階段でヒーヒー。
降りた後は、疲れた足を癒すべく(笑)いちご狩りにLet's Go~!
ichigogari5.jpg実は私、はじめてのいちごがりなのでした。
「えっ?やったことないの?」と首都圏育ちの夫はびっくり。
ま、ね
野菜・果物が豊富な地(または田舎とも言う・・・笑)で育ったので、改めていちご狩りに出かけようとは思わなかったのです。
そもそも私にとってのいちごの季節は5月頃。今じゃないんですよね。
「今がいちご(狩り)のシーズンだよぉ」
と言う夫の言葉がピンときませんでした。
とにかく初めてのいちご狩りで、興奮の坩堝と化した私はお店の人に案内してもらってハウスへと向かいました。
興奮しまくっている私でしたが、いちごの花はどこまでも可憐に微笑んでくれました。

ichigogari6.jpg緑の葉の中に真っ赤ないちごがあっちにもこっちにも・・・・。
きゃーーーー。わーーーー。
すごく甘くて美味しかったです。
こんなに真っ赤なんですよ。
お日さまをいっぱい浴びた色なのでしょうね。
きれいだなー。
ぱくぱく食べながら、
「いちご狩りってたのしーい。」
って思いました。
ichigogari7.jpg
なかなか撮影できなかったのですが、どのいちごもいい色になっています。
撮影できなかったのは今回は技術でなくて食欲です(笑)。
いやぁ、食べながら撮影するのってなかなか大変なんですね。
なんと言っても食べるのがメインですから、ついつい撮影を忘れちゃう。
ichigogari8.jpgいちご狩りの料金を払うと、お皿とカップに入ったミルクをもらいます。それを持って案内されたハウスへ行くわけです。普段からいちごは何もつけないで食べる方ですが、今回もミルクは全然使いませんでした。
いちごそのものが自然の甘さなんですもの。必要なかったですね。

手タレはいつものごとく夫ですが、なぜ夫のお皿にミルクカップがふたつあるか?
これは機関銃のようにいちごを食べていた私のお皿は、すでにいちごの蔕で山積みになっていてミルクのカップが載らなくなったからです(しょえー?)
だからミルクはいらない・・って言ったのに。
今度やる時は必ずミルクは断ろうと思います。
(いちご狩りに味をしめた私。まだやるつもりでいます。)


ichigogari9.jpg
石垣いちご生誕70周年の記念碑(久能山)

【石垣いちごの歴史】
ここ、久能山東照宮とその南に広がる一帯で栽培されている 「石垣いちご」の誕生はおよそ百年前に遡ります。
いちごを日本で最初に本格的に農産物として栽培に取り組んだのが「石垣いちご」の元祖といわれる川島常吉でした。
 
川島家は久能山東照宮の宮司が着任する際に一鉢のいちご苗を貰い受けました。
植え付け、子株を育て、苗を畑に植えたり、鉢に植えたりして工夫・観察をしている時、 桃畑の土留めの石垣の間に植えられた苗は、冬にもかかわらず石の輻射熱で発育もよく、甘くて赤い大きな実をつけ、早く熟して収穫できることに着目し、世界に例を見ない画期的栽培法を確立することとなりました。

明治末期、食習慣のなかったいちごを静岡の果実商に「石垣いちご」として 売り出したところ、各地より注文が殺到。 村民も参加協力をして久能山一帯に栽培されこの地の特産品となりました。
そして、米作のないこの地域の家計を大いに助けたといわれています。
(石垣いちごの歴史 より)



おなかいっぱいいちごを食べる経験なんてなかなかないですね。
しばらくいちごを食べなくてもいいと思うくらい食べました。
でもまたいちごを見るとたべたくなるんでしょうね。
コメント
この記事へのコメント
いちご大好き人間には、ヨダレの出る記事!くやし~!でも知りませんでした。輻射熱利用だったのですね。何故石垣なのかな~?そんな土地だからかな~?なんて単純に思っていました。イチゴはちっちゃいけれど、よく見るとその中には不思議な世界が広がっている感じがしませんか?思い浮かべるだけでも・・・食べた~い!
2007/01/12(金) 00:06:15 | URL | ナンシー #-[ 編集]
いちご~♪
わぉ、私もいちご大好きですぅ!!!
美味しそうだね~。
私もいちご狩りは5月ごろだとばかり思っていました。
この時期でもできるのかぁ・・・。
それにしてもすごい数のビニールハウスだ~。

※恥ずかしながら、私は「石垣いちご」なるものは知りませんでしたぁ。あはは・・・・r(^^;)ポリポリ
2007/01/12(金) 10:46:27 | URL | orashion #dftCSLv6[ 編集]
あきひめ
って名前(品種)なんですね。

あっしは”女峰”と”とちおとめ”くらいしか知りませんです。
見たところ、大きさは中程度(とちおとめより大きい?)ですね。
お味(甘味、酸味)は? 今度、静岡方面に行った時に食してみますゆえ…。
2007/01/12(金) 12:49:52 | URL | 赤城おろし #9UFK9QUI[ 編集]
いちご狩りいいっすね。1パック498円まで値下げしてないと
買えないノバたんです。南国の宮崎にいたときは、フルーツが
店頭に一杯並んであって、フルーツ好きのノバたんはうれしかった。今、住んでいるところは?いちごの名産地でしょうか?
いちごって、春が一番おいしいというイメージなんですが、冬でもいいんですねぇ。
2007/01/12(金) 15:54:14 | URL | ノバうさぎ #ehuBx04E[ 編集]
石垣イチゴいいよね~甘くておいしいし、なによりあなたっ!しゃがまなくてもいいのよv-218普通のイチゴ狩りってば、しゃがむから疲れてね、もういっか。。。ってなちゃうのよ。石垣イチゴ最高~
2007/01/12(金) 18:53:07 | URL | 桂 #-[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
★ナンシーさんへ★~~fromこころ~~

いちごの中は小宇宙・・・・そんな感じでしょうか。
いちごの赤と蔕の緑。
そのコントラストはとてもかわいらしいですよね。
昔むかし、『いちごばたけの小さなおばあさん』という絵本を読みました。
いちご畑でいちごに「赤」い色を塗る・・・というお仕事をしているのです。

「いちごが赤くなるのは小さなおばあさんが色を塗っていたんだ!!」
いちごの傍には小さなおばあさんが住んでいると思っていた私。
ああ、ぬぁんてかわええぇぇv-398(←アホっぽい?)

でもー、これだけたくさんいちごがあると、おばあさんはひとりじゃとてもたりないなー。
大工場制でせっせと色をつけているのかもv-380
2007/01/13(土) 08:03:24 | URL | こころ⇒ナンシーさん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
★orashionちゃんへ★~~fromこころ~~

季節としては「冬」なのですが、この温暖な地はどことなく春めいていました。
いちごの赤が鮮やかだったからかな。

久能山一帯のいちご狩りシーズンは1~5月くらいなんだって。
夫は以前GWに行ったことがあったそうですが、ハウスの中は灼熱地獄(大げさ)でTシャツ(半袖)でいちご狩りしたそうです。
じゃ、今の時期でよかったかなー・・と思いました。
ハウスの中はほどよく快適でした。
雨がぽつぽつ降ってきても大丈夫だったしv-279

石垣いちご・・・ありがとうごじゃいます・・・。
南国のいちごだとずーっとおもっちょりました。
2007/01/13(土) 08:12:22 | URL | こころ⇒oraちゃん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
★赤城おろしさんへ★~~fromこころ~~

そうですね。あきひめ(章姫)という品種が看板の殆どを占めていました。
私も地元のスーパーでよく見かけるのは、圧倒的に「とちおとめ」です。
今まで「あきひめ」の印象は、「細長い」「ちょっとすっぱい(とちおとめと比べて)」でした。

しかし、ここで印象は逆転。
あきひめは甘みがギッシリ詰まった大粒のいちごでした。

「あきひめ」は「久能早生」と「女峰」の交配でできた静岡生まれの品種だそうです。
酸味が少ないのが特徴・・・と書いてありました。
あらら~~~、じゃ私の今までの印象は何なのでしょう。
味オンチ疑惑が浮上しています(笑)。

とても美味しいのでぜひおためしください~~v-380
2007/01/13(土) 08:51:51 | URL | こころ⇒赤城おろしさん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
★ノバたんへ★~~fromこころ~~

食品売り場で見かけるいちごはなかなか安くなりませんねえ。
20%引きシールが貼られたりすると、つい買っちゃうのですが、いちごの傷みも早かったりしてv-393
ノバたん家のところは全国的に有名なv-380の名産地ですね~。
食品売り場を眺めるのが楽しみですね。
2007/01/13(土) 09:00:19 | URL | こころ⇒ノバたん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
★桂さんへ★~~fromこころ~~

そうかぁv-21
しゃがまなくていい・・・とはちっとも考えなかった。
なにせ他のところでやったことがないから、これが普通だと思っていたのよ。

たしかに~~。ずっとしゃがんで食べるなら今回の半分も食べられなかったかも(笑)。
ぶらぶらと横に移動しながら大粒真っ赤なv-380をパクパク食べていたので。
よく考えられているねー。
石垣いちご最高ーv-291(爆)
2007/01/13(土) 09:06:08 | URL | こころ⇒桂さん #sSHoJftA[ 編集]
いちご狩りやったことなかったのですか??
僕は小学校のときにやりました。
ミルクなんかいらないですね(笑)
2007/01/15(月) 23:45:25 | URL | ノア #TY.N/4k.[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
★ノアさんへ★ ~fromこころ~

最近ではこちらでもいちご狩り園増えてきたみたいですねー。
私が食べた「あきひめ」も普段スーパーでお目にかかっている品種ですが、それよりもずっとずっと美味しく感じました。
いちご狩りって楽しいなあ・・って齢○○歳にて(笑)体験することが出来ましたよ。
2007/01/16(火) 20:31:19 | URL | こころ⇒ノアさん #sSHoJftA[ 編集]
いちご大好きです! スーパーに出始めましたけど、まだ高いかな。
実家の庭にも少しありますが、露地そのままですから、たいてい、ダンゴムシが食ってますね。(笑)
いちご狩り、やってみたいかも。
2007/01/21(日) 00:18:34 | URL | ボー・BJ・ジングルズ #0M.lfYJ.[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
★ボーさんへ★ ~fromこころ~

ボーさん、こんばんは。
お返事が遅くなっちゃいました。ごめんなさい。

いちごがりたのしかったよーん。
でも値段はそれなりに高かった(私が予想していたより)。
スーパーで何パックも買えちゃう?
この値段分食べようって大変な話だわーっと思いました。

雰囲気を味わうってことなのでしょうね。雰囲気を。
2007/01/22(月) 19:24:57 | URL | こころ⇒ボーさん #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。