感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷保天満宮
2007年03月19日 (月) | 編集 |
どうも最近ばたばたしていて・・・・。

仕事が滞っているのに、お持ち帰り残業もせず、土日は所用であちこち動く。
こんなことをここひと月ほど続けています。
ブログのアップが週末だけ・・・なんて言っていたのに、それも追いつかず、超不定期になっています。
いつもいいわけから記事に入るようになっちゃったらおしまいかにゃ~~。
とにかく、すみません。
亀の歩みになっていますが、頑張りますのでよろしくお願いします。


yahotenjin1.jpg前の記事から随分経ちますが、天神様つながり・・・ということで、谷保天満宮に行きました。
谷保天満宮(谷保天神)は国立市にあります。

JR南武線に「谷保(やほ)」駅がありますので、私は単純に「谷保天神(やほてんじん)」だと思っていましたが、もともとは「やほ」ではなく、「やぼ」という読み方だったのだそうです。
「やほ」という読み方が定着したのは南武線の駅名によるところが大きいのでしょうね。
でも、「《谷保(やぼ)村》だったのだから、『やぼ』と濁る方が自然だった」と未だに残念に思っているかたも多いのだとか。
ひょー。
私なんて最初夫からこの地名を聞いたとき、「やっほー」とか「アホ?(なんて失礼なやっちゃ!!)」などとおちょくっていたのに・・・。ああ恥ずかしや。

私が面白いと思ったのは、「野暮天」の語源についての逸話。
江戸時代後期の狂歌師太田蜀山人がこの辺りを旅し『調布日記』を書いて、谷保天満宮についてこんな狂歌を詠みました。

・・・・神ならば出雲の国に行くべきに目白で開帳やぼの天神・・・・
陰暦十月には神々は出雲へ行かれて神無月になるというのに、谷保天満宮はこの月に目白で開帳した。何と《野暮=谷保》な天神さんだ。

というわけで俗語の「野暮天」もここより起きたのだそうです。


yahotenjin2.jpg
甲州街道に面した大鳥居。
谷保天満宮は湯島・亀戸と並ぶ関東三大天神のひとつです。

ここのご神体の菅原道真公像は三男道武が彫ったものですが、その姿があまりに垢抜けない事から世情に通じない不粋者や融通のきかない人を「野暮天」「野暮」というようになったという説もあるとか。
いろいろと語源の逸話がある神社ですね~~。

yahotenjin3.jpg鳥居をくぐって参道を歩いていくと、階段があります。
風の冷たい日でしたが、斜面には午後の陽がやわらかに差し込んでいました。
階段を下りて右に曲がると本殿があります。
周囲は木々に囲まれているせいか、街道の騒音から一転、静けさが漂っています。


yahotenjin4.jpg学問の神様、菅原道真が大宰府に配流されてまもなく、三男の道武は谷保の地に配流されました。
その後、道真の死を受けて、道武は道真の木像を現在の府中市の辺りにまつったことが谷保天満宮の創始になります。
それから現在の地に移建、現在に至っています。

yahotenjin5.jpgさすが学問の神様。
受験シーズンということで絵馬があふれんばかり。
湯島天神もすごかったですが、こちらもなかなかすごいです。
天神様は大いそがし。








yahotenjin6.jpgyahotenjin7.jpg
左は祈願絵馬 右が御礼絵馬
御礼絵馬は牛に目を入れて、御礼の言葉を書くのだそうです。
受験シーズンも終わったので、御礼絵馬を書いている人が多かったです。


yahotenjin8.jpg
なぜか境内のあちこちにチャボの姿が・・・・あり???
放し飼いにされているようです。天神様の使いでしょうか(笑)?
でも天神様のお使いは牛では??(爆)。


yahotenjin9.jpg
たくさんの絵馬の前にもチャボ
エサを撒いている人もいました
(おかげで写真が撮りやすかった)


yahotenjin10.jpg境内の御茶屋さんにはこんな看板が。
おお、そうだわ。天神様といえば梅だわ。
梅を見なくちゃ・・・・。

受験生はこの「合格ゼリー」を食して縁起を担ぐのでしょうか。

さてさて、にわとりの間を横切りながら梅林に向かうと・・・。


yahotenjin11.jpg
すでに梅は一輪残らずみーーーんな散っていました。
がびょーーーん。季節に取り残されるなんて・・・・。

まったく野暮な話だわ(笑)

コメント
この記事へのコメント
思わず「へ~」と唸ってしまいました。野暮ね~ 谷保ね~ 知りませんでした。       今年は花もめちゃくちゃですね。2月が暖かく、3月になってこんなに寒いんですから、花も狂っちゃいます。こころさんの野暮だけではないかも(おっと失礼)チャボは語呂合わせでいる訳ではなさそうですね。きっと何か由来があるんでしょうね。今回は最後迄「へ~」の連発でした。
2007/03/20(火) 18:52:50 | URL | ナンシー #-[ 編集]
野暮天の発祥地ですか
谷保天神は我が家からそう遠くないのですが、1回しか行った事がありません。梅の花の写真を撮りに行きました。
そう広い感じはしませんでした。
甘酒が売られており、飲んだ事を覚えています。
桜が咲いたら、行ってみようかな。桜の木、あったかな。
2007/03/20(火) 21:30:11 | URL | あだっちゃん #1K815FCc[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
★ナンシーさんへ★ ~fromこころ~

ナンシーさんこんばんは。
なかなか寒い日が続いていますね。いかがお過ごしですか。

ひょんなことから「やぼ」の語源を知りました。
びっくり。
そっか、ナンシーさんに言われて「ちゃぼ」と「やぼ」の語呂を改めて見直しました。
くくくっっ・・・て笑っちゃいました。

南武線谷保駅と中央線国立駅は案外近いのでびっくりしました。
国立の桜並木もまだ寒そうに立っていました。
こう寒いとますます花が恋しくなりますね。
2007/03/20(火) 22:22:25 | URL | こころ⇒ナンシーさん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
★あだっちゃんへ★ ~fromこころ~

あだっちゃん、こんばんは。
この前、南武線の記事を見せていただいたので、お近くかなぁ~と思っていました。
谷保駅から電車に乗ったときに、ちょうど「80」ロゴの電車がやってきて嬉しくなりました。
あだっちゃんの写真で見せていただいた通りでした(笑)。

梅がなーんにもなかったのにはびっくり。
桜の木はどうだったかなぁ・・・。今度よく見ておきますね。
2007/03/20(火) 22:25:45 | URL | こころ⇒あだっちゃん #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。