感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜守の日々
2007年04月07日 (土) | 編集 |
花といえば桜

春といえば桜

私たちにとって桜の花は強く春を感じさせてくれるもののひとつです。

sakuramori1.jpg
桜を楽しませてもらった国立市 大学通り。


国立の大学通りが誕生した背景には、故・堤康次郎氏の構想した「学園都市構想」がありました。
この構想が考えられた大正時代、関東大震災の影響もあって、郊外に新興住宅街を建設するという「田園都市構想」が一種のブームとなっていました。
そこで氏は、住宅地を中心とした「田園都市」よりも、大学と街とが一体となった「学園都市」を目指し、現在の国立一帯の土地を買い取り、鉄道省に駅の建設を請願し、被災して新たな校舎建築地を求めていた一橋大学や国立音楽大学を誘致したのでした。
こうした街作りの結果、現在の国立の骨格ともなる駅前ロータリーから伸びる3つの通りが建設されました。
そのうちの大学方面に伸びるメインストリートが、現在大学通りと呼ばれている通りです。


sakuramori3.jpg
大学通りは「新・東京百景」「環境色彩10選」
「新・東京街路樹10景」「新・日本街路樹100景」
などに選ばれています

道いっぱいに広がる花のアーチで私の目を楽しませてくれた大学通りの桜ですが、現在、大きな危機も孕んでいるということを知りました。

大学通りの桜は、昭和8年、皇太子(現天皇)の誕生を記念して、昭和9年から10年にかけて植えられたもので総数約211本といわれています。
最近、人口や車の増加による桜の生育環境の悪化により、枯れる寸前の樹も見られるほど樹勢が衰弱してきました。太い枯れ枝や、大きな空洞を持つものも目立ってきました。コケやキノコの付着も増え、コスカシバの穿孔も多く見られます。
酸性雨や、排気ガス、ヒ-トアイランド現象などの環境変化が樹勢の衰えた原因と考えられます。
また、住宅地や商店街が近接しているので、落ち葉や下草がきれいに整理され、養分の不足や表層の土の乾燥も招いたと思われます。
花見の宴会などで踏圧をかけ続けたため、固い土壌に変化したことも衰弱の大きな要因と考えられます。(参・くにたち桜守HP)


大学通りの桜は植樹当初から・・・と考えると樹齢約70年。
ソメイヨシノの樹齢は約100年ですから、ずいぶん年をとってきたということなのですね。

桜は、イチョウやケヤキに比べると木の性質が弱く、適切な保育をしないと傷みやすく、衰弱したまま放置すれば枯れてしまうこともあります。枯れた枝は切除し、根元には肥料を施し、桜の健康管理が必要になっています。

こうした役割の担い手のことを「桜守(さくらもり)」といいます。
国立市ではボランティア組織『くにたち桜守』が2000年に誕生し、専門家を招聘しながら本格的な樹勢回復の活動を始めています。


sakuramori2.jpg
桜を守るムラサキハナナ
樹勢回復をしているサクラの根元には紫色の花「ムラサキハナナ」が咲いています。
ムラサキハナナを桜の根元に植えているのには、次の様な目的があります。


①地面がむき出しのままや雑草がはびこっているより、サクラの生育のためにも景観的にも優れている。
②芽や花を踏まないように注意するので、根元の土が踏み固められるのが防げる。
③サクラの開花時期には咲いているので、元気のないサクラの下での花見を遠慮してもらえる。
④花が終り種を採取した後、ムラサキハナナの茎と葉を砕いて、EM(Effective Microorganismsの略。有用微生物群)などとサクラの根元に撒くことで肥料としてリサイクルできる。
(参・くにたち桜守HP)

sakuramori5.jpg



sakuramori6.jpgsakuramori7.jpg

あちこちの植え込みに《治療中》の看板がありました。
桜がピンチ!ということが伝わってきます。

近隣の小学校が学習活動のひとつとして桜守に協力しています。
菜の花やムラサキハナナの種を蒔いて根元を保護したり、呼びかけるポスター看板を作ったりしています。
植え込みに入らないように呼びかけるたくさんのポスターが掲げてありました。

sakuramori8.jpgsakuramori9.jpg



sakuramori4.jpg
支え棒をつけてもらいながら・・・
菜の花に根を守られながら・・・
今年もきれいに咲いてくれました


sakuramori10.jpg
散策する花見を提唱する看板

桜の根は、浅いところに太い根があります。
根は呼吸しており、踏み固められて、土が硬くなってしまうと酸欠状態になり、生育障害がおこります。
利用者の多い公園等で桜の元気が無い場合などは、大抵この原因が考えられます。
透水性、通気性の改良をし、根の際への人止め柵の設置や徹底した根の保護を行うことが大切であることから、桜守では「散策する花見」を提唱し呼びかけています。
毎年美しい花を咲かせてもらうために・・・

この呼びかけに応え、大学通りでは、上を見上げながら楽しげに散策しあちこちのお店を楽しむ・・・という皆さんが多かったです(私もそうでしたが)。

でも、やはり日本人ならこの花見スタイル。
ヤメラレナイトマラナイ・・・

sakuramori11.jpg柵や根元の花が無いところは入りやすいのか、または入っても許される範囲なのかもしれません。
それでも隣に、「桜は傷ついています。踏圧が大きく関係しているので、入るのはやめてください」・・・と呼びかける小学生の看板があってもかまわずにブルーシートを広げる心理が何とも・・・・の私でした。
「少しぐらい・・・」っていう気持ちはもちろん誰にでもありますけどね。
sakuramori12.jpg場所取りシートに書かれた名前の多くは近隣の大学関係(思った以上にたくさんだったので気になってしまいました)。

小学生の時の教育って生きないのかしら??
一生懸命描いたであろうポスターの表情が雲っているようでした。
(多分に私見が入っています。大学生批判に聞こえましたらお許しください。)


sakuramori13.jpg

あるひとつの事柄って見る角度によって違ってきます。
人間関係でもそんなことがよくあります。
小さな仲違いの件を、Aさん側から聞いたのとBさん側から聞いたのとでは間逆なことがあります。
あれれ??どっちに味方したらいいんだろう?などと迷ったりして。

花見でもそうですね。

「楽しく花見ができればいいじゃないか。
春のほんのいっときしか楽しめないんだし、365分の7(日)程度の話なのだから、それ以外は大切にするから。シートでの花見もよしとしよう。」
たぶんそれもほんとの気持ち。

「ひとりひとりが『これぐらいいいだろう・・・』という考えが桜の樹を痛めてしまった。これくらいと油断しないで大事にしよう。」
と、これもほんとの気持ち。

いろいろな考えが交錯していますが、「大切にしたい。守りたい。」という気持ちは根底で同じなのだと思いたいです。
みんな桜を愛でたい・・・と思っているのですから。


sakuramori14.jpg
静かに美しく咲く古木の桜と趣のあるポスト。
どんなお話をしているのでしょうね。

コメント
この記事へのコメント
私の町の小学校の見事な桜の木々。グラウンドをぐるっと大木(老木)が連なっています。ここは卒業生が桜守をしています。国立の桜と同い年か、もしかしたらもっと年上かも。でも毎年桜の木の下では大宴会です。木のお医者さんがついているらしいですし、町中で守っています。代々語りつがれて大事にしています。もっとも国立より空気もキレイだから、木の老化も進んでいないのかもしれません。子供達には身近なところから自然を、命を大事にする気持ちを持って欲しいですね。
2007/04/07(土) 21:17:39 | URL | ナンシー #-[ 編集]
サクラ
ソメイヨシノは寿命が短いから、今植えてから50年ぐらい経った所は大変見たいですね。
なるべく寿命を延ばし、大切にしたいですね。
何時までも綺麗な桜を見たいですね。
2007/04/07(土) 21:49:04 | URL | あだっちゃん #1K815FCc[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-252ナンシーさんへv-252 ~fromこころ~

ナンシーさん、おはようございます。
いよいよ開花宣言も出て、花いっぱいとなりそうです。

卒業生たちが桜守ですか・・・・。
みんなで守っていくって素敵ですね。

一年に一度の春をみんなで楽しみながら大切にしていきたいと思います。


2007/04/08(日) 08:27:04 | URL | こころ⇒ナンシーさん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-252あだっちゃんへv-252 ~fromこころ~

あだっちゃん、おはようございます。

樹が高齢化してくると、台風の被害なども大きく影響してくるようですね。
国立でも新しい樹を育て、植樹し、桜並木の保存・維持に尽力する様子を見せてもらいました。

きれいな桜を毎年見たいものですね。
2007/04/08(日) 08:31:51 | URL | こころ⇒あだっちゃん #sSHoJftA[ 編集]
おおお~桜づくしですね!いいですね~
新潟はまだまだ。さっき選挙に行った小学校の桜は、やっと2つばかり咲いてました。
2007/04/08(日) 11:08:32 | URL | 桂 #-[ 編集]
最近は若い人に限らず、規範意識の低い人が多いですね。
地球の終わりも近いですよ。(?)
2007/04/08(日) 14:07:31 | URL | ノア #TY.N/4k.[ 編集]
国立の桜はもう70歳になるんですね...
いっせいに寿命を迎えたとしたら、寂しくなってしまいますね。

おなじみブルーシートにはちょっと興ざめかも...
まだ、提灯がかからないだけいいですが...

うちのモクレンが昨年から弱り始め、現在、樹木医さんの指示の上、治療中で、何箇所か1メートルほどの穴を掘り、バーミキュライトで埋めて通気性を良くしています。

根っこも呼吸をしてるんですよね。
踏まないであげて欲しいな...

毎年こんなに立派な桜並木を見られるのも、桜守さん達の努力あっての事。
見る側もその努力を十分に認識しなくてはいけませんね。
2007/04/08(日) 18:00:47 | URL | ココ #-[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-252桂さんへv-252 ~fromこころ~

いよいよ開花宣言が出ましたね。
満開まではまだまだなのかな。それとも一気に咲いてくるのかな。
今週の気温次第ですね。
週末まで持つのかな~~~。
お花見はウイークデイになるかも??
2007/04/08(日) 22:19:39 | URL | こころ⇒桂さん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-252ノアさんへv-252 ~fromこころ~

桜はどこまでもきれいでしたよ。
地球が終わりにならないように頑張りましょっ。
2007/04/08(日) 22:56:31 | URL | こころ⇒ノアさん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-252ココさんへv-252 ~fromこころ~

おお、最近注目されている樹木医さんですか。
桜守の活動でも樹木医さんを招いて勉強したり樹の手入れをしたりしているそうです。

ココさんちのモクレン、お手入れで元気になってくれるといいですね。
2007/04/08(日) 23:03:31 | URL | こころ⇒ココさん #sSHoJftA[ 編集]
こんにちは。
桜守の話を聞くと思い出すのが、京都円山公園の枝垂れ桜ですね。昨年までは、もう駄目かもと思いながら見ていたのですが、今年はかなり元気を取り戻していたと実感できるくらい復活していました。
本当に桜守さん方々の尽力には大いに尊敬の念を抱いております。
2007/04/08(日) 23:18:17 | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-252君平さんへv-252 ~fromこころ~

円山公園の枝垂桜はよくニュースなどにも登場するあの有名な(!)桜ですよね。
元気回復したのですね。よかったよかった。
各地の桜守さんたち、それぞれに力を発揮してくれていますね。

京都の桜もきれいだったのでしょうね。
お話を聞けるのを楽しみにしています。


2007/04/08(日) 23:47:53 | URL | こころ⇒君平さん #sSHoJftA[ 編集]
こんにちは。
前回のコメント、ずいぶん適当ですねv-356
ちょうど休み中だったことと、IPCCによる地球温暖化についての警告が話題になっていたことがあり、自分勝手なことばかり考えている人にあきれたり、経済にとらわれている人間がバカバカしく思えたりと、何かと世界の終わりを想像していたようです。
でも忙しくなってくると何も考えられなくなりますね‥。

今日(日付変わって昨日)「ご近所の底力」というテレビ番組で国立市の桜守が紹介されていました。
根っこが傷むからシートはやめてくれと声を掛け、立ち退いてくれる様子を映していましたが、こころさんの写真を見ると、実際は守らない人もいるようですね。
2007/04/23(月) 00:20:04 | URL | ノア #TY.N/4k.[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-252ノアさんへv-252 ~fromこころ~

こんばんは。

「ご近所の底力」は好きな番組のひとつです。
今回は残念ながら見ることが出来ませんでした。
桜守の活動が紹介されたのですね。

思った以上に桜の根っこはダメージを受けるのだということを私も知ることが出来ました。
2007/04/24(火) 21:55:13 | URL | こころ⇒ノアさん #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。