感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船上書店ドゥロス号
2007年06月26日 (火) | 編集 |
ドゥロス(DOULOS)号

doulos1.jpg

有名なタイタニック号の2年後、1914年に建造され、現在も航行している最も古い船としてギネスブックに認定されているそうです。
前回は2000年に新潟港に寄港しています。

この船は、世界最大の船上書店を有しています。
行ってみたいなー・・・と新潟西港へ出向いたのですが、なんとこの日は午後2時オープン。
歩いている人たちはみーんなゲートで追い返されてとぼとぼ戻っているところです(私もそのひとり)。
日曜日だったので訪れる人も数多く、たくさんの人たちが間違えていましたよ(笑)。

doulos2.jpgdoulos3.jpg
乗船できず手持ち無沙汰になったので、新潟西港の様子などを
新潟西港は信濃川の河口に位置する港です。
正確にはまだ「海」の部分ではなくて「川」の部分なのでしょうか。
小さくなったのでわかりにくくなっていますが、向こう岸に見えるクリーム色の建物が「新潟市歴史博物館~みなとぴあ~」です。
・・・なーんてお気楽に写していましたが、乗船できない人たちで私の周りもいっぱいになり、みんなしかたなく私と同じようなアングルとなりました
この時間、まだ10時だったので、さすがに2時まで粘る根気もなく、あえなく撤収


doulos4.jpg
で・・・・再び訪ねたときは夜になってました(笑)

乗船するためには住所・氏名・生年月日・駐車場に停めた車のナンバーなどなど、書類にたっくさん書かされて結構煩瑣でした。
(安全上しょうがないのかなー)

受付の人(外国人)がトランシーバーで船内と連絡を取り、
「これからアヤシイふたり組(夫と一緒に行きました)が乗り込むが大丈夫かぁ(英語?)」
というようなことを尋ねていました。船内からOKが出て、乗船できることになりましたが、すでに閉船?間近だけあってか、乗り込む際に
「おふたりさんよォ~、もー、こんなに遅く来ちゃってからにぃ~・・・10時までに下船しておくれよぉ~。(英語)」
などと営業心無し?のご発言。歓迎されない客でした(苦笑)。
それでも薄暗い中をワクワクしながら進みました。

doulos5.jpg
揺れる船内を上がっていくと緊急時の救命船がありました。
タイタニックみたい。

そ、これは客船でした。

たくさん並んでいるのを見たら、映画を思い出してちょっと怖い感じもしたりして・・・。



doulos6.jpg


こちらはトイレで~~す。

夜だと何だかとても明るく感じました。

使いませんでしたが・・・。




doulos7.jpg

この船は世界最大の船上書店を有しています。
50万冊を超える洋書が並んでいます。
全部洋書です。

あちこちきょろきょろ・・・。
確かにみんな洋書だわ。

doulos8.jpg
doulos9.jpg


英語はあまり得意でないので、洋書も今ひとつの私。
下船時刻もせまっていたので、甥っ子のお土産をゲットして早々に撤収だわ・・・と思っていると、ややっこんこんと読書にふける青年がいます。
doulos10.jpg

しかし、読んでいる本の表紙を見たら・・・・
仔猫の本でした。
写真ばっかり
doulos11.jpg



doulos12.jpg
ドゥロス号は老朽化のため、日本への寄港は今回が最後になる可能性が高いそうです。
6月7日から18日まで新潟西港にて一般公開されていました。
今はどちらを旅しているのかな。


2007年ドゥロス号日本寄港
コメント
この記事へのコメント
いい雰囲気ね
ドゥロス号を見に行きたいと思っていたんですよ。
こころさんは、行かれたんですねーー
いつまで停泊しているのか、うかーー
としているうちに、いなくなったちゃって・・・・トホホ

おおーこうして船内を見せてもらうと、タイタニック号のようですね。
こんな船で、ゆったりと航海してみたいものです。憧れ
2007/06/27(水) 15:13:05 | URL | 千姫 #-[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-464千姫さんへv-464 ~fromこころ~

千姫さん、こんばんは。
ドゥロス号はあっという間に去っていっちゃったね。
私ももうチョット長くいるのかな~~なんて思っていましたが、違いました。
ラッキーなことに見ることができてよかったです。

停泊中とはいえさすがに船。
なんとなーくゆらゆら揺れていました。
私たちが行ったのは夜だったからそうでもなかったのですが、土日の昼間に行った人たちの話によると、人が歩くことによってそうとう揺れたらしく、船酔いした人もいたそうです。
動かないのになぜ船酔い(笑)。
2007/06/27(水) 19:18:32 | URL | こころ⇒千姫さん #sSHoJftA[ 編集]
こんにちは。
昔は客船で色々、旅をしていたので、客船を見るのはとっても大好きで、横浜港や東京港に大型客船が入港するとよく見に行きます。
でも、こんな船内に書店があるなんて初めて知りました。もう、会えないと思うと何だか寂しいですね。
2007/06/27(水) 21:36:33 | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
ドゥロス号って、本屋さん?のお船なんですかぁ。すご~い
外国のお船ってどんな感じなんでしょうかぁ。かっこいい~
お食事もできるのかなぁ。で、支払いはドル?円?
2007/06/27(水) 22:07:43 | URL | ノバうさぎ #ehuBx04E[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-464君平さんへv-464 ~fromこころ~

君平さん、こんばんは。

大きい船ってそばで見るとやはり迫力ありますね。

船の中の探検ツアーもあったらしいのですが、夜遅く乗船した私たちには当然・・・ありませんでしたぁ~。

本屋さんは結構賑わっていました。
2007/06/28(木) 21:57:13 | URL | こころ⇒君平さん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-464ノバたんへv-464 ~fromこころ~

ノバたん、こんばんは。

ドゥロス号の今回の寄港では、船上書店の他に《ミュージックカフェ》《船内ツアー》《お絵かきコンテスト》などの催しがひらかれていました。
一番長い時間やっているのがやっぱり本屋さんかな。

会計は共通貨幣単位の「UNITS」で表示してありました。1UNITS=3円なので、「100UNITSが300円」ということですね。
甥っ子に買ったお土産は【300】と値札シールが貼ってありました。つまりこの絵本は900円っちゅーことですね。
頭の中で計算しながら進まないと買い物しすぎそうでした。
2007/06/28(木) 22:09:07 | URL | こころ⇒ノバたん #sSHoJftA[ 編集]
豪華客船ですね~
日本の客船に仕事がらみで乗って
クルーズしたことがありますが・・・。

ドゥロウス号
こんなに大きな船上書店!スゴイね~
海上を移動するホテルが船旅かな。
優雅な船旅を
いつか御主人様とお楽しみくださいませ。

2007/06/29(金) 11:36:17 | URL | たんぽぽ #nft/jt/c[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-464たんぽぽさんへv-464 ~fromこころ~

たんぽぽさん、こんばんは~~。

今日はひどい雨の一日でした。
湿気がすごくて体中じめじめしている感じです。

だけど今日は金曜日ってことでちょっと元気になっている私なのでした。

船は苦手な私なのですが、停泊中という安心感があってなかなか快適でした。
こんなにたくさんの本が積んであることにびっくりしました。

いつかご一緒にクルーズしたいですね。
2007/06/29(金) 18:26:33 | URL | こころ⇒たんぽぽさん #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。