感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代遅れ@こころ
2007年07月08日 (日) | 編集 |
この頃、とっても時代遅れな@こころです

《時代遅れその壱・・・宝くじ
この頃、いつも気づくのが遅すぎて宝くじを買っていませんでした。
買わなければ当たらない。不労所得?を夢見て今回こそ買わねば(笑)。

そんなことを考えていたとき、ちょうど宝くじ売り場に差し掛かりました。人だかりもできています。
おお!今こそ買おう・・・と窓口に駆け寄りました。
「ドリームジャンボ、バラ1つ、連番1つ」
「はっっっ???ドリームジャンボですか?」
窓口のおばちゃん、にこやかにフレンドリーですが、なぜか驚いています。なぜ驚かれてしまう??私の方こそオドロキを隠せません。
「はい、バラ1つ、連番1つです。」
重ねて言うと、おばちゃんは申しわけ無さそうに・・・というかハテナマークいっぱいのような顔で答えてくれました。
「あのー・・・・ドリームジャンボはもう抽選も終わっているんですけど・・・」
「はぁっ?」

そうなのでした。
ドリームジャンボ宝くじは発売が終わったどころか抽選日も過ぎ、窓口にいた方々の多くは、当たり券(失礼ながらその殆どが300円であろうと思われます)の交換にきていらしたのでした。
みなさん、キミョーな人を見る目でわたしをみていたような気がしました。そして、なぜかどんどん遠巻きになっているようにも思いました。あ、あまりにも時代遅れ過ぎる・・・・。
「すみませんねぇ・・・」
窓口のおばちゃんは優しく謝ってくださいましたが、悪いのは時代遅れな私です。
おばちゃん、びっくりさせてごめんね。


《時代遅れその弐・・・夏越しの祓》
6月30日は夏越しの祓でした。

夏越しの祓(なごしのはらえ)
日々の暮らしの中で知らず知らずのうちに犯したであろう罪や過ち、心身の穢(けがれ)を祓い清め、無病息災を祈る神事を「大祓(おおはらえ)」といいます。
これは毎年6月と12月の2回、その月の末日に行われます。6月の大祓を「夏越の祓」、12月の大祓を「年越の祓」ともいいます。
平安時代の法典「延喜式(えんぎしき)」にも、6月と12月の大祓が記されており、古くから行われていたことがわかります。
大祓では「形代(かたしろ)=紙を人の形に切り抜いたもの」に名前と年齢を書き、さらにその形代で身体を撫でて息を吹きかけます。そうすることにより、自分の罪穢を移し、それを海や川に流すことで我が身の代わりに清めてもらいます。
また、神社によっては鳥居の下や拝殿の前などに茅(かや)で作った大きな輪を設け、それをくぐることで疫病や罪穢を祓う「茅(ち)の輪くぐり」が行われています。これは、「備後国風土記」に見られる、蘇民将来(そみんしょうらい)が茅の輪を疫病除けのしるしとした伝承に由来します。こうして心身ともに清らかになって、あとの半年間を新たな気持ちで迎えるのです。(参:東京都神社庁HP)


6月30日はちょうど土曜日だったので、私は東京にいました。
今まで訪れたことのない神社に行ってお参りしよう・・と。そして、お札や御神籤などもお炊き上げしていただこうと手提げ袋にどっさり入れて、張り切って出発しました。

子供の頃、「夏越しの祓」という言葉は知りませんでしたが、6月30日になると近くの神社に夜店(露店)が出ることから「半年参り」と呼んで楽しみにしていました。レジャーの少ない子供時代のお楽しみだったんですよね~(懐古調)。ただ、茅の輪くぐりの習慣はありませんでした。これは大人になってから知りました。

さて、出発した私。
今年の6/30はとてもとても暑かったのです。あぢ~~~。
夕方から雨も降ってきそうで、体にまとわり付くような暑さと湿度でした。そんなわけで、歩いているうちに汗だく。手っ取り早く近くの神社にお参りしてお札を納めよう・・と。
どの神社も6月30日はオールナイトで賑わっているのだと思ったら、そうでもないのですね。
足運んだ近所の神社(社務所のきちんとある大きな神社です)は、しーーーーん・・・としていて、お参りの方もひとりとしていませんでした。ただ、チャボだけがこっここっこと鳴いていました。
今にも雨が降ってきそうなので、空は暗く、神社を囲う木々がごうごうと音を立てます。ひや~~~。ミョーに怖かったりして・・・。早々にお参りして撤収。
やはりお目当ての神社へと急ごう・・・と決意します。
今回私が訪れたかったのは、大宮八幡神社(杉並区)
「東京のへそ」というフレーズに興味ひかれていました。
普段なら難なく行ける場所ですが、この日は中央線が高架架け替え工事のため16時過ぎから運休していました。
京王線で乗り換えながら向かうことになるのですが、何だかついつい面倒になってしまって・・・。
さらに暑さは増す。雨は降ってくる・・・というわけで(どういうわけだ?)、あえなく頓挫。
夕食を買って家にすごすご戻ることにしました。
茅の輪はきっと明日も出ているから(自分の今までの経験上)明日の午前中にでも行ってみよう・・・と理由付けして。


omiyahachiman1.jpg大宮八幡宮は京王井の頭線 西永福駅から歩きます。
この日はとてもよいお天気だったので、歩いているうちに暑くなりました。
ほどなく着きましたが、予想以上に大きな神社でびっくりしました。

ささ、茅の輪くぐりをしてお札を納めよう・・・と思ったら、なななななんと!



omiyahachiman2.jpg
すでに茅の輪は撤収~~~。がびょ~~~ん。
そんなわけで、七夕の短冊に願い事を書いてすごすご私も撤収。


やっぱり時代遅れだったんだわ
今までも6/30ぴったりじゃない時にくぐったりしていたのに、神社によって違うのかもしれませんね。
とほほん・・・な私は大宮八幡神社をあとにします。
今度は時代遅れにならないようにきますね


tukinomiya8.jpg

仕事が終わった夫と合流して家に帰ります。
茅の輪をくぐれなかったことでどよ~~んとしていたのですが、帰りがてら別の神社へ寄ってみるとそこには念願の茅の輪が
嬉しいっっ。

時代遅れな私もようやく夏越しの祓ができたのでした。
コメント
この記事へのコメント
なるほど・・・
「夏越しの祓」という言葉すら知りませんでした(^^;)
茅の輪については、ニュースで流れていたので聞き覚えはあったのですが、なにせ家事をしながら耳だけで覚えた行事だったので、それが何の行事についてだったのか知らないままだったのです。お勉強になりましたわぁ。
確かニュースでは、輪を作っている茅を引っこ抜いて持ち帰る人が多いとか言ってたっけ。
罰は当たらないのかな?

あ~、私も宝くじに関しては時代遅れ2号かも~。
宝くじの種類について良くわかってません。
窓口で同じ間違いする可能性大よ(笑)。

2007/07/08(日) 14:12:15 | URL | orashion #dftCSLv6[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
e-241orashionちゃんへe-241 ~fromこころ~

神社によってはお参りするとミニチュア茅の輪?みたいなのをくださったところもありました。
茅の輪を設置してあるところが案外少ないのに初めて気づきましたよ。

宝くじのカン違いはあ~恥ずかしかったでした。
今度は乗り遅れないようにしなくちゃ!!!


2007/07/08(日) 17:46:35 | URL | こころ⇒oraちゃん #sSHoJftA[ 編集]
宝くじのお話、すご~くすご~くおかしかったっすv-218
やっぱり遅れるなら、それくらいじゃなきゃね!
茅の輪って白山神社には昔なかった気がするけど、最近あるので、流行?
2007/07/08(日) 18:21:06 | URL | 桂 #-[ 編集]
けがれ
 「けがれ」は専ら「穢れ」と書いていますが、神社神道では「気枯れ」とも書くんですよ。
 きっと、こころさんは「気が枯れていた」のでしょう(だから、「ガビーン!!」ってコトになったのかも?笑)。でも、ご近所の茅の輪を潜ったことで、気が満ちたのかもしれません。
 あと半年、頑張っていきましょう!
2007/07/08(日) 21:26:05 | URL | 赤城おろし #9UFK9QUI[ 編集]
こんにちは。
この茅の輪は何度か見たことがありますが、そんな意味があったなんて知りませんでした。それも6/30なんてお日柄もあったなんて。
でも、時代遅れでも、知っているのですから、無知よりは良いんではないですか。
これからはちょっとフライング気味で頑張ると丁度良いかも知れませんね。
2007/07/08(日) 23:30:54 | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
ノバたんは、最近ロト6しか買ってません。なかなか当たらないのがくやしい~けど、当たったらどうしようとか色々と思い浮かべると楽しいです。だから宝くじってやめられないの~
2007/07/09(月) 13:01:00 | URL | ノバうさぎ #ehuBx04E[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
e-241桂さんへe-241 ~fromこころ~

桂さん、こんばんは~。
あまりの時代遅れさに笑った?自分でも大笑いでした。

確かに白山神社の茅の輪は最近(といってもここ10年くらいですが)出現し始めたように思います。
人形(ひとがた)は子供の頃、母にスリスリされ、神社にお参りがてら持って行きました。
茅の輪は子供の頃の記憶にはありません。

2007後半も頑張るぞっ。
2007/07/09(月) 19:19:56 | URL | こころ⇒桂さん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
e-241赤城おろしさんへe-241 ~fromこころ~

赤城おろしさん、こんばんは。
そっか~。気が枯れていたのか~。
やっぱり気が満ちて充実していなきゃね(笑)。
あまりの暑さで水枯れだったのかな?

念願かなってくぐりましたから、これからはばっちりです。
2007/07/09(月) 19:22:18 | URL | こころ⇒赤城おろしさん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
e-241君平さんへe-241 ~fromこころ~

君平さん、こんばんは。
茅の輪の謂れはおとなになってから知りました。
実物を見たのも最近から・・・といってもいいくらいかもしれません。

今度は早め早めにうごかなきゃね。
サマージャンボはフライングだっ。
(今度はまだ発売日じゃない・・・って言われたりしてv-411
2007/07/09(月) 19:25:20 | URL | こころ⇒君平さん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
e-241ノバたんへe-241 ~fromこころ~

ノバたん、こんばんは。
私はロトはまだやったことがありません。
スクラッチはハマった時期がありました。
コインではがす感覚が子供の頃のくじに似ていてうひひひひ・・って感じです。
当たらないんだけど、使い道を考えるのって楽しいよね~。
2007/07/09(月) 19:27:54 | URL | こころ⇒ノバたん #sSHoJftA[ 編集]
茅の輪をはじめて知ったのは
数年前、渋谷のある神社です!
くぐり方や、称える言葉も書いてあった記憶があります
「蘇民将来・・・なんたらでしたかね」

こころさんの「夏越の祓」を読みながら
日本の四季折々の行事の大切や深さを感じています。

宝くじは 今の四季折々の行事と言っても良いのかな?
是非買って 当てて勝ってください
2007/07/10(火) 11:50:07 | URL | たんぽぽ #nft/jt/c[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
e-241たんぽぽさんへe-241 ~fromこころ~

たんぽぽさん、こんばんは。
渋谷の神社では年越しの大祓の時に私もくぐりました。新年になってしばらくも出ていたのを覚えています。
夏越しの祓の時期(6月)に無かったのでいつ出されるのか聞いたら、夏は作らない・・とのお答えでした。神社によってもいろいろとやりかたが違うのでしょうね。

四季折々、節目の行事って謂れがあって長く続いているんだなぁ・・・と思いました。

サマージャンボでは時代遅れに注意しますv-411
2007/07/10(火) 19:44:32 | URL | こころ⇒たんぽぽさん #sSHoJftA[ 編集]
知りませんでした
こころさん、こんばんは。
ジャンボ宝くじ残念でしたね。買わなきゃ当たらないけど、今回は5,400円損しなくて済んだと思って下さい。
6月と12月の末にそのような行事があるの知りませんでした。
平塚の七夕に行った時、7月7日に茅の輪ありましたよ。
2007/07/10(火) 21:01:20 | URL | あだっちゃん #1K815FCc[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
e-241あだっちゃんへe-241 ~fromこころ~

あだっちゃん、こんばんは~。

そうですね。だいぶ節約にはなったかな(笑)
何より宝くじチャンスセンターの善良なおばちゃんが、すごく驚いた顔をしたのが忘れられません。
さぞびっくりしたでしょ~ね~。
2007/07/11(水) 00:41:56 | URL | こころ⇒あだっちゃん #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。