感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬の青春18切符
2008年01月05日 (土) | 編集 |
昨年末に購入した「青春18切符」
元旦に行った成田はご紹介したので、年末のお出かけを・・・。

久しぶりに本場の静岡おでんが食べたい・・・ということでf目的地は静岡。
(食い気ばかり)
静岡まで行くと、片道だけでもモトがとれそうです。
夫が例年より早く年末休暇に入ったため、ゆったりした年の瀬の私たち。寒風も心地よく感じる青空のもと、元気に「青春18(まだ言ってる~~)切符電車の旅」スタートです。

enoshima1.jpgひたすらのんびりムードの私たちが、年末だという現実にたちかえるのは、あちこちで出会うお正月用のお飾り屋さんの前を通り過ぎるときでした。

今でこそ飾るお家も多いのですが、私の街では一般家庭の玄関扉や門の外等にお正月の飾りをあまりしませんね。飾るのは圧倒的に床の間や玄関の中。
なぜかといえば、外に飾ったら最後!!強風でどびゅ~~~んと飛ばされてしまうか雨や雪でびしょびしょボロボロになってしまうからです。

東京では一般のお家でも松飾や玄関の飾りをよく見かけますね。
近所の交差点近くにお飾り用の露店が出ていたのには驚きました。地域によって違いがあるものですね。
これまた夫にとっては当たり前の文化。私には新鮮な文化(笑)でした。

湘南新宿ラインに乗って小田原まで。
なんだかんだ言いながらも結構時間かかりました。車中ではぐっすり眠れました(笑)。
静岡まではまた乗り継ぎなので一旦下車。小田原でお昼を食べることにしました。

enoshima2.jpg駅を出ると、おお、二宮金次郎の像。
久しぶりに会った感じ。そういえば二宮金次郎は小田原出身なのでした。

~二宮金次郎プロフィール~
二宮金次郎は天明7年(1787年)に小田原市の裕福な農家に生まれ安政3年(1856年)に栃木県今市で亡くなりました(70歳)。
生まれた頃は裕福でしたが、災害で田畑を失い、父を14歳で、母を16歳で亡くします。その後、金次郎は親戚に預けられるのですが、ある夜 明かりを灯して本を読んでいると叱られます。
「お前は誰のおかげで飯を食っているのだ。油がもったいない。」
と。
そこで金次郎は空き地に菜種を植え、出来た菜種と油を交換して本を読むのですが、また叱られるのです。
「お前の時間は俺の時間だ。お百姓に学問はいらない。」
と。
そこから始まったのが皆さんおなじみのポーズ、写真のように薪を背負い歩きながら本を読む姿なのです。
やがて金次郎は叔父の家から独立し、勤勉と倹約に努め実家を以前のような裕福な家に再興しました。
それを知った小田原藩士服部家に財政の建て直しを頼まれ成功させ、小田原藩の分家にあたる桜町領(栃木県二宮町)の再興も成功させます。そのときに武士の位を授けられ二宮尊徳となりました。


enoshima3.jpg薪を背負い勉学するポーズだけがやけに有名になった感もありますが、金次郎の思想や教えには本当にたくさんのものがあります。そして、それに対しての解釈や考えも多数あり、それらの資料や伝記を紐解いて読むだけでも興味深いものがあります。恥ずかしながら読みかじりなので詳しく述べることはできないのですが・・・。
小田原駅の台座にも右のような言葉が刻まれていました。

明治44年の尋常小学唱歌には、
♪~柴刈り縄ない草鞋をつくり  親の手を助け弟を世話し  兄弟仲良く孝行つくす   手本は二宮金次郎~♪と歌われた・・・・とか(どんなメロディーだろ)。


ととと・・・二宮金次郎像の前に佇んでいたら・・・となりにはなんと小便小僧が!
写真は失敗(笑)。みなさま小田原駅に行かれた際にご覧ください。

さて、金次郎談義をしている間にお昼も済ませまた先に進みます。
当初の目的地は静岡なのですが、時すでに午後1時半。
(私)「ここから静岡までってどのくらい?」
(夫)「東京へ戻るのと同じくらい・・・かな。」

ぎょえっ。小田原まででも随分来た感じがしているのに、またここまで来たのと同じくらい電車に乗るの?
青春18切符のルールでは新幹線と特急には乗れません。
また鈍行の旅~~~には耐えられないかも~~~(←まだ成田山に行っていないので我慢の力が身についていない・・・笑)

「よし、じゃ行き先変更しよう。【静岡おでん】やめて【生しらす丼】だ。」
(また食べ物~~!)
というわけで行き先変更。江ノ島に向かうことになりました。
藤沢まで戻り、そこから江ノ電の乗り換えます。


enoshima4.jpgこの日は強風強風超強風。
江ノ島駅からはきゃーきゃー言いながらみんな歩いていました。お店の自動ドアもみんな手動に切り替えられているほどの強風。
寒さに慣れている私ですが、あまりの強風のため急遽マフラー購入(F駅前にユ◎クロがあってよかった~)。
だって静岡目的だったから、あたたかだと思ってしてこなかったんです。



enoshima5.jpg
寒風もろともせずウインドサーフィン
湘南の雰囲気~~~。しかし橋上は超強風。
カメラ構える手もおぼつきません(いつもですが)。


enoshima6.jpg
強風の橋を渡りきって江ノ島へ。
初上陸?です。


enoshima7.jpg
初上陸でハイになる私のもとに江ノ島にゃんこ先生がおいでになりました。
ぎょえ、持ち物検査かな。きんちょうする~~~(笑)



enoshima8.jpgenoshima9.jpg
江島神社へは急勾配の階段を上ります。エスカレーターもあります。有料ですが(苦笑)。
とりあえずえんやこらとのぼります。


enoshima10.jpg
江島神社 辺津宮(へつみや)
江島神社の一番下に位置していることから『下の宮』とも呼ばれています。
大祓いの芽の輪がありました。


enoshima11.jpg
お賽銭箱です。
「箱」っていうか何というか・・・すごいなー。


enoshima12.jpg
江ノ島って「島」なんですね。
波が荒い~。ずいぶん高いところまで上がってきました・・・。


enoshima13.jpg
ヨットがたくさんとまっています。
灯台が寒そうに立っていました。


enoshima14.jpg
中津宮(なかつみや)
平成八年の全面的な改修により、 元禄二年当時の権現造りを再現しました。
幣殿・拝殿の天井には花鳥画や、彫刻が施されています。


enoshima15.jpgenoshima16.jpg
奥津宮(おくつみや)
名前の通り三つの社殿の中で一番奥にあります。だいぶ陽も傾いてきました。
奥津宮の猫さんはガラスに写る自分を眺めていました。うっとり?いや、さむいっ。


先に行くと岩屋(波の浸食によってできた海蝕洞窟)なのですが、洞窟に入れる時間も限られています。そして天気はいいのですが何より寒い。風が強い・・・・・。
そんなわけでここから帰り道に向かいます。途中生しらす丼をゲットしようということになりました。


enoshima17.jpg
江の島展望灯台
夜はきれいにライトアップされます。2003年に立て替えられて今の灯台になりました。
光達距離 は23.0海里(46km)で、民間灯台としては国内最大級。
今回は行きませんでしたが、次回はぜひのぼってみたいです。


enoshima18.jpg
ああ・・・そうしてついにたどり着いた「生しらす丼」

お店前の表示をよくよく見ないと「釜揚げしらす丼」だったりします。「生」にこだわるわが夫。あちこちふらふらしながらようやく見つけました。
ここのお店、但し書きをして《生しらす丼あります》と書かれていました。
もちろん迷い無く生しらす丼を頼んだ私たちでしたが、隣のファミリーは皆ラーメンを食べていました。
「なぜだ」と夫が力説したのは言うまでもありません。ですが、ラーメンが食べたくなるほど寒かったんですよ・・・・外は。

てなわけで、生しらす丼登場~~~enoshima19.jpg
でや~~~~~~~~~
うまそ~~~~~~~~
大好きな生姜山盛り~~~~
おいしかったです


おいしかったあとは、続々江ノ島の猫さんたちに出会いました
enoshima20.jpg
こちらの猫さん、スクーターでたそがれていました。
愛車が駐輪場から出せない模様です。お話をうかがうと、初日の出集会に向かうとか。
えっ?行き先は富士山ですか?


enoshima21.jpg
ありゃ、こちらのおかたも集会へ向かうところですか。
なんのなんの、軽、いいじゃないですか。税金安いし。お財布に優しいよ。
私も軽ですよ~~。

猫さんたち、私の話を聞いてか聞かずか、目的は別にありって感じです。
猫さんにとっては超寒かったことでしょう。うちのみーこなら逃げ帰りだわ(笑)。
江ノ島猫さんは、寒さをもろともせず皆さんフレンドリーでした。


enoshima22.jpgenoshima23.jpg
湘南の海に夕暮れが訪れます。          江ノ島駅は三角お屋根がかわいい駅舎。


enoshima24.jpgenoshima25.jpg
帰りは湘南モノレールに乗って大船まで。
これで近隣のモノレール制覇したかなぁ(羽田→多摩→千葉→そしてここ湘南)。ここのモノレールはいつも乗車する多摩都市モノレールよりもスピードが速い感じがしました。
あっという間に大船に着いて、そこから湘南新宿ラインで戻ったのでした。

年の瀬の初江ノ島。楽しかったです。
にわか湘南Boy&Girlになった私たちでした。


コメント
この記事へのコメント
生シラス丼
江ノ島の生シラス丼、美味しいですね。
お店や時期によっては三色丼になったりします。
生シラスと茹でたのがのってます。
江ノ島の岩壁にハヤブサが営巣しているので、ソロソロ写真を撮りに行ってみようかな。
ハヤブサはほんとに速い。
2008/01/05(土) 16:33:38 | URL | あだっちゃん #1K815FCc[ 編集]
ご紹介ありがとー♪
地元歴半年の私より、全然詳しくて楽しい道中記でした♪
しらす丼、まだ食してないし(笑)。

しかし、こころちゃん夫妻が湘南へいらしている間に、
我が家は越後湯沢って、あまりにも見事なすれ違い。
「君の名は」もびっくりですわねん。

今年もたくさんの紀行文を楽しみにしてまっす。
2008/01/05(土) 16:46:48 | URL | なおぷ♪ #yl2HcnkM[ 編集]
明けましておめでとうございます。お久し振りです。江ノ島!なんと懐かしい響き!小学校の遠足で行きました。でも全然覚えていません。こんな感じだったんですね~それにしても「青春18切符」は凄いですね。私も今度利用しようと思います。ネーミングはどうにもならないのでしょうかね?変えて欲しいですね。「~フリーパス」みたいにね。春の房総にこれで行こう!
2008/01/05(土) 17:58:42 | URL | ナンシー #-[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-457あだっちゃんへv-457

あだっちゃん、こんばんは。
生しらす丼、本当においしかったです。
「生」はその日によってあったりなかったりする・・・とも聞きました。
今度はぜひその三色丼を味わってみたいです。

風がすごく強い日でした。
橋まで波が風にあおられてあがってくるほどでカメラに水滴がつくかと思いました。塩水なのに~~~(泣)。

ハヤブサがいるんですね。写したらぜひ見せてください。
2008/01/06(日) 00:09:44 | URL | こころ⇒あだっちゃん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-457なおぷ♪ちゃんへv-457

なおぷちゃん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

まさしく見事なすれちがい~~ですね(笑)
江ノ島は「お天気カメラ」でしか見たことがなかったので、とても感激しました。
でもでも、とっても風が強い日で、体感温度がとても低く感じてしまい、薄着の私もさすがにマフラー欲しくなったのでした。
海に入っている人たちはこんなのもろともしないのでしょうね。

また行ってみたいです。
今度はご一緒しましょう。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2008/01/06(日) 00:14:20 | URL | こころ⇒なおちゃん #sSHoJftA[ 編集]
こんにちは。
青春18で旅行とは素敵ですね。
私はかなり前に引退してしまいました。でも、こころさんの記事を見ているとまた旅行したくなりますね。
湘南モノレールは初めて乗ったときにはかなりのスピードとゆれでドキドキした思い出があります。終点の江ノ島駅からは綺麗な富士山が見えたはずですが、見えましたか?
2008/01/06(日) 00:16:06 | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-457ナンシーさんへv-457

ナンシーさん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

小学校の遠足には絶好かも。足腰鍛えられます~~~(笑)。
「青春18切符」はお得感がありました。
私鉄や地下鉄は使えないので、行く方面をよく考えてから・・・ってことになりますが、それでもなかなかなものです。
確かにネーミングを何とかして欲しいですね。
窓口で買った夫は臆面なく「青春18切符ください」と言っておりましたが、私に言えるかな~~どきどき(小心者・・・笑)

春の房総、いいですね~~。
私もご一緒したいです~~。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2008/01/06(日) 00:19:31 | URL | こころ⇒ナンシーさん #sSHoJftA[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-457君平さんへv-457

君平さん、こんばんは。
青春18切符、初めて使ってみました。楽しかったです。
ひとつだけ大変だったのは、自動改札を通れないこと。
この時期の窓口は混んでいることが多く、なかなかすんなり通れなかったこともありました。

やっぱりそうですか。わたしだけじゃないんだすね。湘南モノレールのスピードに驚いたのは。
これと比べると多摩都市モノレールは止まっているみたいだよ(笑)と思ってしまいました。

風がひどい日で下の方に雲が出ていたので、残念ながら富士山は見ることが出来ませんでした。
今度江ノ島に行くことがあったら、よーく見たいです。

2008/01/06(日) 00:32:12 | URL | こころ⇒君平さん #sSHoJftA[ 編集]
江ノ島にゃんこ、会いに行きたいなと思いながらまだ一度も。
お賽銭箱、巾着型ですか。
おもしろい~お賽銭箱に見えないわ。

成田山への初詣お疲れさま~。
絶対混んでいるよね。
で、マナー悪い人多いって(^^;)
2008/01/06(日) 13:35:59 | URL | 理子 #JnoDGgPo[ 編集]
♪♪コメントありがとうございます♪♪
v-457理子さんへv-457

理子さん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

江ノ島、ばんばんにゃんこさんに会いますよ~~。
猫ちゃんに会うオススメスポットです。

ね、お賽銭箱すごいでしょ。どこからお金を入れるのかちょつと戸惑ったくらいでした。

深川不動尊は成田山の別院なのですね。
今度はそちらに行こう・・・。
本家成田山はすごかったです。がんばってお参りしたからご利益あるかな(すぐそういう損得勘定に走る小市民の私です)

今年も仲良くしてくださ~い。
2008/01/06(日) 15:45:31 | URL | こころ⇒理子さん #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。