感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんど焼
2008年01月15日 (火) | 編集 |
谷保天満宮でどんど焼が行われました。

dondoyaki1.jpgdondoyaki2.jpg
前日朝から準備が始まります。
お正月用のお飾りなどがお焚き上げしてもらうためにたくさん持ち込まれていました。
中心に竹を立てて、おじさんたちが上手に塔を作り上げていきます。

dondoyaki3.jpg
そして1月14日、当日の朝。
神社に行くと、立派に出来上がっていました。
すごい大量のお飾りでびっくり。


dondoyaki4.jpg
木の枝に蜜柑や繭玉だんごが付けられていきます。

小正月の行事「どんど焼」の名称は、地域によっては「賽の神」と呼ばれたり「左義長」「とんど焼き」「鬼火焚き」「さいと焼き」「道祖神火祭り」等さまざまな呼び名があります。
行事の内容としては、全国でほぼ共通していて、竹、藁、杉の葉などで作った小屋ややぐらを作り、正月飾り、書き初めを一緒に燃やし、繭玉だんご、 あるいは餅を焼いて食べています。

祭典での祈願は「五穀豊穣・家内安全」がほぼ全国で共通し、漁港では「大漁祈願」などが加わります。
その他「どんどの火で焼いた団子を食べると虫歯にならない」、「どんどの火にあたると、この一年を無病息災ですごすことができる」、「書き初めが神火で高く上がると、習字が上手にな る」などの言い習わしがあります。
また、「正月飾り」を燃やすという行為から、歳神様を空に送る、つまり神火をもって「正月の神様」を送るという意識が働いています。
どんど焼きは、夏の盆行事と同様に「送り火」の性格を持っているのです。


dondoyaki5.jpg
私の育った街は、小正月は繭飾りを飾りましたが、こういったどんど焼はありませんでした。
社会人になって、県の山間部の街で仕事をすることになったとき、実は初めてこの行事を見たのです。
そのときは「賽の神」と呼んでいました。
雪の中で火がつくさまは、迫力満点だったことを覚えています。

だけど、その時はこういった「繭玉だんご」はなかったような~~~??


dondoyaki6.jpg
なかなかおいしそうですよね~~

繭玉だんごを焼いて食べるという行為は、昔の重要な生業であった「養蚕」の繁盛を祈願する行事としての意味づけもあるのだそうです。


dondoyaki7.jpg
繭玉だんごをいつしょうけんめいつけるおにいさん


dondoyaki8.jpg
わあ、こんなにたくさんできました


dondoyaki9.jpg
おにいさんのむこうではおかあさん(おねえさん)がたがせっせとお餅作り
おいしそうに湯気が立ち上っていました


dondoyaki10.jpg
いよいよ火がつきました
竹のパチパチ  パーンという音が響きます


dondoyaki11.jpg
一年間、健康でいられますように

どんど焼は、一時、焼却問題、ダイオキシン問題などで、廃れてた傾向があったらしいのですが、地域の伝統行事を見直そうという機運が盛り上がり、復活する例が増えているといいます。

私も久しぶりに見ました。どんど焼。
お正月気分もいよいよもって終了ですね。
コメント
この記事へのコメント
行ってきました
我が家も行って来ました@ご近所神社。
小心者なので(笑)、神社仏閣・神事仏事の写真が撮れない私。
いつもこころちゃんのアルバムで「ふむふむ!」と確認させて頂いております。多謝♪

頂いたお団子、こちらは焼かずに配ってました。
すぐに食べないと硬くて歯が欠けちゃいそうでしたわん。
あと、近所の消防団も出動してました。
NHKのニュースでは、焼く品々の(素材の)分別やCO2排出
の問題も報じていましたが、こうした行事は大事に残して欲しい
なあなんて、思いました。ハイ(^-^)。
2008/01/16(水) 06:44:57 | URL | なおぷ♪ #yl2HcnkM[ 編集]
お札を納めには行くのですが、どんど焼きの場に立ち会ったことがありません...
こころさんのお陰で、とても勉強になります。

これも日本の伝統行事。
色々な問題もあるのでしょうが、大切に伝えていきたいものですね。
2008/01/16(水) 10:01:42 | URL | ココ #0p.X0ixo[ 編集]
こんにちは。
このような行事があるという話は聞いていましたが、今頃だったのですね。
お団子、本当に美味しそうですね。子供の頃にはあの月見団子がとっても綺麗でとっても美味しそうに見えました。
ダイオキシンと言っても、わらなどの昔ながらのものを燃やすのはそれ程影響がないかと思います。
お祭りで出した分、あとは自分たちが頑張ってそれ以上の分出さないようにしていけば良いのではと思いますね。
これで、今年もこころさんは、安泰ですね!
2008/01/16(水) 17:14:15 | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
☆おへんじ☆
v-276なおぷ♪さんへv-276

なおちゃん、こんばんは。
こちらは今日は雪の一日でした。

繭玉だんごが焼けるまでそばにいられなかったのが残念っっっでした。
お振る舞いとかいろいろあって、東京にいるのになぜか鄙びた田舎にいるような気分を味わいました。
こういう伝統行事、もしかすると地方より東京の方が案外大事にしているのかもしれない・・・などと思いました。
2008/01/16(水) 19:27:53 | URL | こころ⇒なおちゃん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-276ココさんへv-276

ココさん、こんばんは。
屋外での焼き物?は今は許可を取ったりなかなか大変のようですよね。

私も間近で見たのは久しぶりのどんど焼でした。
皆さんの無病息災を願いましたよ。
2008/01/16(水) 19:35:39 | URL | こころ⇒ココさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-276君平さんへv-276

君平さん、こんばんは。

お団子は焼けるまでそばにいられなかったのですが、いかにもおいしそうでした。
ふと思ったのが蜜柑はやけたらどうなっちゃうの??ということでした(笑)。
君平さんのおっしゃるように、藁などは大丈夫なんですよね。自分たちで有害なものをへらしていく努力をしなきゃですね。
2008/01/16(水) 19:50:40 | URL | こころ⇒君平さん #sSHoJftA[ 編集]
ドンド焼き
谷保天神のドンド焼き、来年は見に行こう。
私が見た長池公園のドンド焼きは地域住民がやっていました。繭玉団子はあったかな。
行った時は火が燃え盛っていました。
2008/01/16(水) 22:02:32 | URL | あだっちゃん #N28PR/7U[ 編集]
2年程前、雪深い地域の「賽の神」に出くわしました。大雪原での大きな火は印象的でした。車で通過してしまいましたが、今でも光景が焼き付いています。夏のお祭りと違い心にしみました。
2008/01/16(水) 22:54:04 | URL | ナンシー #-[ 編集]
またまた気になる・・・
繭玉団子美味しそうですねっ。
どんど焼きより花より団子!(笑)
そうそう、深大寺でもお焚き上げは行いません、と境内に書いてあったと思います。
2008/01/17(木) 00:23:06 | URL | naoko #0FtB7ubA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-276あだっちゃんへv-276

あだっちゃん、こんばんは。
どんど焼のお世話は地域の方々ががんばっていらっしゃるところが多いみたいですね。
ここ谷保天満でお団子のお世話をしていた方々も皆近隣の方のようでした。
ぜひ来年はお出かけください~~。
2008/01/17(木) 19:00:32 | URL | こころ⇒あだっちゃん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-276ナンシーさんへv-276

ナンシーさん、こんばんは。
さ・・・寒いですねえ。

賽の神の炎が雪原に立ちのぼる様子は本当に心にせまるものがありますよね。
外が寒いだけに火のあたたかさが身にしみます。
2008/01/17(木) 19:04:29 | URL | こころ⇒ナンシーさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-276naokoさんへv-276

ねね、お団子おいしそうですよね~~。
思わずじりじりっとにじり寄ってしまいました。

深大寺そばを食べたくせに深大寺に行っていない私。
近々行ってみたいと思っています。
駅からちょっとあるので、できれば自転車で行きたいところなのですが・・・・道がやや不安。
2008/01/17(木) 19:20:04 | URL | こころ⇒naokoさん #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。