感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪女・・・
2008年02月13日 (水) | 編集 |
雪女  ユキオンナ  ・・・・・

私って雪女なのかしら・・・・?

と、ふと思うこの頃。
yukionna1.jpg
なぜかといえば、首都圏一帯に雪が降った2月3日。
私は東京の家におりました。
そしてまたもや首都圏が雪に見舞われた2月9日。
やはり私は東京にいました。

私には見慣れている雪景色ですが、東京滞在時はもちろん見ることはありません。屋根に積もった雪を眺めながら不思議な気分を味わっていました。

私が来るたび来るたび雪だと、私が雪を連れてきているみたい。

・・・・そんなわけで「雪女」と(笑)
「晴れ女」とか「雨女」とかってよく言いますけど、「雪女」はなかなか・・・・ねぇ。


「雪女」と言えば、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の「日本の怪談」に出てくる「雪女」が思い出されます。
「雪女」のお話は子供向けの絵本やお話にもなっていますが、あらすじは皆様ご存知こんな感じ・・・。

雪の降る夜に男が仲間と寝ていると、雪女が入ってきて仲間を殺してしまいます。
しかし、男は殺さず、「人にしゃべったら殺してしまうぞ」と言い残して去っていきます。男は約束を守り、ずっとしゃべらずに生活していました。
やがてその男「巳之吉」の前にお雪という女性が現れ、ふたりは結婚します。子供も生まれ、幸せに暮らしていた巳之吉でしたが、ある日、妻に「雪女」に遭ったあの夜のことをしゃべってしまうのです。
するとお雪は・・・、
「私があの時の雪女だよ。しゃべったら殺すと言っておいただろう。でも子供がいたんじゃお前を殺せない。子どもたちを悲しませたら承知しないよ。」
と言って去っていく・・・・・。



子どもの時、「雪女」を読んで思ったことが、
「『鶴の恩返し(つるにょうぼう)』みたーい」
ということでした。

前に出会った「何か」が美しい女性に姿をかえて男の前に現れる。そしてふたりは結婚する。
う~~ん、昔話の王道ですよねぇ。

どうして男の前にまた現れるのでしょう?
「鶴の恩返し」の場合は「恩返し?」
わなから救ってくれた与ひょうに、珍しい織物を織ってお金もうけをさせてあげたい・・・と。

では「雪女」の場合は?
巳之吉が約束を破らないか見張るため?
見張るためには妻になるのが好都合・・・と。
う~~む、それだけだろうか?などと思いながら作品を読むと、はたと気づくことがあります。

子ども向け版では書かれているものと書かれていないものがありますが、原典版では、雪女が巳之吉を殺さなかった理由が次のように書いてあります。

その理由とは・・・??
雪女は巳之吉に語ります。
「おまえはなかなかきれいだから、今は許してやろう」
と。

つ~ま~り~
イケメンだから!!いいオトコだから殺さなかっんだ~~(笑)
ということは、雪女が姿をかえて再び現れたのは、巳之吉を見張るためではなく、彼に惚れて本気で結婚したかったからなのだ・・・と思いました。
(こういうことは読者がフツーに考えることかもね)

以前は、
「もったいな~い。おばかだわ~~(男性諸氏に対し失礼な発言をお許しくださりませ。当時の生意気ざかりの私の思考パターン?)。黙っていればずっと一緒に居られたのに」
などと思ったりしていましたが、それだけではないもっと奥深いものがあったのかもしれない・・・と後に思うようになりました。
「お雪は村に来たときとすこしも変わらず、美しく若いままだった」
という部分に人間と妖怪(雪女)の違いの悲しさ・・・・を見ました。

人間は年を取っていくのに、雪女は年を取らない。
年を追うごとに不自然さは増すばかり。
雪女は、いつか本当のことを話さなければいけない日がくる・・・と思ったのではないでしょうか。
そして、いよいよここが限界・・・というときにわざと巳之吉が話したがるように仕向けたのではないか?そんなことを思いました。
どんなお話も奥が深いなぁ~~。

わたし的に言わせてもらえば、雪女はアンチエイジングの星で羨ましい限りなのにぃ(恥)。

あはは・・・・雪女談義になっちゃいましたね。
では現代版雪女が、雪の東京をご案内~~。

yukionna2.jpgyukionna3.jpg
谷保天満宮。参道が白くなりました。天神様の牛も頭や背中に雪をのせています。さむっっ。

yukionna4.jpg
谷保天神の梅林。梅の木がみーんな白くなっちゃいました。


yukionna5.jpg
可憐な梅の花も思わぬ雪にびつくりしているみたいです。しゃむ~~~~。


yukionna6.jpgyukionna7.jpg
yukionna8.jpgyukionna9.jpg
白梅も紅梅もあまりの寒さに甘酒が飲みたくなっちゃうかも。


yukionna10.jpg
もうこんなにたくさん咲いている木もありました。
白梅なので雪の白さと区別がつかない?(ウデ不足・・・笑)


yukionna11.jpgyukionna12.jpg
yukionna13.jpgyukionna14.jpg
この日は朝から青空。
朝早くからカメラマンの皆さんがどっと押し寄せていました。
おっと、ワンコさんも元気いっぱい駆け回っていました。


yukionna15.jpgyukionna16.jpg
梅林奥の見晴台から高速方面を見渡します。
屋根には雪雪雪・・・・。やっぱり珍しい光景ですねえ。
チャボたちも思わぬ雪にびっくり。


yukionna17.jpg
そういえば、昨年、初めて谷保天神を訪問したときは、暖冬だったためか、思いのほか梅が早く、全部終わっていたことを思い出しました。
今年は念願かなって梅を見ることができてラッキーです。
雪と一緒とは思いませんでしたが・・・・。

立春を過ぎ、一日一日明るさが増す感じもします。
しかし、昨夜から雪。今日も一日雪。明日も雪の予報。

まだ春にはもうすこしありそうな我が街なのでした。



yukionna18.jpg
この寒さで、東京roomにこんなの買っちゃいました。
エアコンはあるのですが何だか床が寒くて。
というのも普段は床暖房で生活しているからかもしれません。
最初は、床暖房なんていらない・・・と思っていたのですが、なんのなんの。
使い出したらヤメラレナイ トマラナイ。人間って弱体化する生き物ですね(笑)。

で、床に近い部分から温め、そしてなるべく簡易なものを・・・と選んだのがこれでした。
安いし、小さいし、なんと言っても名前がかわいいので即買い。
「ランタン」
です。お~~~、山小屋風、ヤッホーーー(爆)
コメント
この記事へのコメント
ランタンかわいい~
こころさん、こんばんはーー
さっむいねー
東京も雪でしたか、、、
昨日からのブリザートはとにかくおそろしいです!!
気をつけましょう。でも、春はもうそこまで来ています。

ランタン、いい形ですね。ほっこりしそうーーー
2008/02/13(水) 21:14:15 | URL | 千姫 #-[ 編集]
雪女
こころさん、お話作るの上手ですね。
話に引き込まれてしまいました。
ウーン!!。何時までも美しい雪女と結婚したかった。
これ本音か冗談か。どっちでしょうか。
2008/02/13(水) 22:22:09 | URL | あだっちゃん #1K815FCc[ 編集]
こころさん、こんばんは。
雪女のお話面白かったです、アンチエイジングかぁ。
でもよく考えると、育児放棄ですよね。
子供たちは母親がいなくなるのが一番悲しいと思うのだけど...と、本気で思ってしまいました(笑)

もう梅の花の時季なんですねー。
去年は今頃に偕楽園に行きましたよ。
今年も去年並みの早さかもしれないですね。
2008/02/13(水) 22:48:56 | URL | かぐら #X.Av9vec[ 編集]
自称晴れ女でーす。
こころさん、いえいえ美しき雪女さん、こんばんはーー。
こちらも寒いですよ、北風が体を突き抜ける感じでした。
そんな夜になんてぴったりな話題でしょう!
雪女の悲しい性、こころさんの読みは深いですね。
雪女、さらりとしか読んだことなかった、と気づきました。

梅と雪もなかなか見ることできない光景ですね。
春、ちょっと近づいたかと思えば、ぐ~~んと離れてしまう、
こんなに寒いあとにやってくる春が、いつもより待ち遠しいです♪
2008/02/13(水) 22:54:23 | URL | naoko #0FtB7ubA[ 編集]
雪中梅
はい、男って単細胞でバカなんです・・・・
雪女にしても鶴にしても、確かに黙ってればいいものをね。
まあ、黙っているとお話にならないので、
とりあえず、話の展開上は良しとしましょう。
そうですか、こころさんは「雪女」だったんですか。
雪に咲く「梅」の花。
ナイスショットですね・・・・
2008/02/13(水) 23:34:46 | URL | tomato #EQo.g1g.[ 編集]
雪と梅
おぉ・・・雪を被った梅ってホントに寒そうだね~。ブルブル・・。
私も思わず甘酒飲みたくなりました。
梅が見られるようになると、春ももうそこまでやってきてるんだなぁ~と感じます。
我が家の丸裸のバラ達も、枝にちっちゃい芽が出てきましたよン♪

こころちゃんは雪女なのね~(笑)。
そういえば今年は東京は雪が多かったみたいね。
私はご存じ雨女ですけど、私が出掛ける毎週末、雨や雪に見舞われるのは勘弁してもらいたいですぅ。
2008/02/14(木) 10:20:43 | URL | orashion #dftCSLv6[ 編集]
こんにちは。
東京では、天気か崩れた日の半分が雪になっているようですね。これも雪女こころさんの仕業でしょうか(笑
私はイケメンではないので、他の人に話したら殺されちゃうかもしれません。
こころさんのお話を聞いていて、最初に何故雪女が殺しに来たのかの謎も解いて欲しかったと思いました♪
最近はあちこちで梅祭り実施されていますが、さすがにこの寒さ。。中々立ち止まる人も少ないようです。
2008/02/14(木) 11:04:51 | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
☆おへんじ☆
v-347千姫さんへv-347

千姫さん、こんばんは。
本当に寒いですねー。
ところどころ凍っているので怖いです。四駆バリバリで走っています。

ランタン、なかなかよいです。
早くあたたかくなってほしいですね。
2008/02/14(木) 19:53:41 | URL | こころ⇒千姫さん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-347あだっちゃんへv-347

あだっちゃん、こんばんは。

あははは・・・・
あだっちゃんの奥様、いつまでも美しいでしょ!!

「雪女」、小さい頃はただただ怖い話でした。
いろいろ考えると奥がふか~~いなあ・・・と思うようになりました。



2008/02/14(木) 20:10:54 | URL | こころ⇒あだっちゃん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-347かぐらさんへv-347

かぐらさん、こんばんは。

育児箒・・・じゃなかった放棄ですか。ナルホド・・・・。
ある日突然お母さんがいなくなるのは悲しいですものね。
ちなみに雪女・巳之吉夫婦には10人子どもがいました。
わー、うらやましいほど子だくさん!!いいなあ。

そうでしたね。
私も昨年のこの季節に偕楽園へ行ったのでした。
昨年は青空の中の梅。今年は雪の中の梅でした。
2008/02/14(木) 20:22:03 | URL | こころ⇒かぐらさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-347naokoさんへv-347

naokoさん、こんばんは。

今日もさむ~~いさむ~~い一日でした。
本当にこんなに寒いと春が待たれますね。

確実に日は長くなっているので、春はもう間近・・・という感じもするのですけれどね。

今日はバレンタインデー。
お買い物に行ったら、早速チョコ売り場がひなあられ売り場に模様替えの最中でした。
世間の流れについていけなーーーい(笑)
2008/02/14(木) 20:42:30 | URL | こころ⇒naokoさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-347tomatoさんへv-347

tomatoさん、こんばんは。

すみませ~~~んv-356男性諸氏に思いっきり失礼な発言でしたね。謹んでお詫びいたしますぅ。

そうですね。やはりお話の展開上、男性には饒舌でいていただかないと・・・。
私自身もおしゃべり好きな男の方は大好きです(えへっ)。

雪の中の梅は可憐さがぐっと増していました。
2008/02/14(木) 21:58:28 | URL | こころ⇒tomatoさん #0XCdyZ82[ 編集]
☆おへんじ☆
v-347oraちゃんへv-347

oraちゃん、こんばんは。
バレンタインーの今夜、仲良くお過ごしですか~~。

そちらも寒い一週間だったでしょうね。
ベランダの薔薇さんたちもしゃむしゃむ~~でしょうね。春が待ち遠しいです。

「雨女」と「雪女」の会合にはどんな格好をしていけばいいのでしょうね(笑)。
とりあえずお会いしたときはいつもなかなかのお天気だったので、安心しています(爆)。
2008/02/14(木) 22:08:52 | URL | こころ⇒oraちゃん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-347君平さんへv-347

君平さん、こんばんは。
今月の天候の崩れはみーんな私のせいでした。
歩きづらいし、交通機関は乱れるし、ごめんなさーーーいv-356

そうか、そうですね。
最初、なぜふたりのところに現れたのてしょう?考えてみなくちゃ。

昔話はきれいな女の人に変身して「お嫁さんにしてください」と話が展開するものはあるけど、すてきな男の人に変身して「お婿さんにしてください」って言うものはなかなかないですねー。
あってもいいのになー・・・・(笑)

駅のホームなどに貼られている梅まつりのポスター、まだまだ寒そうですね。
2008/02/14(木) 22:14:19 | URL | こころ⇒君平さん #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。