感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激走?多摩川下り(GW Pottering日記②)
2008年05月10日 (土) | 編集 |
早春のポタリングで多摩川を遡った私たち。
その時、GWは多摩川を下ろうと決意して(大袈裟)いました。
そのためにマシンを新しくしたようなものです。えっへん(ハイになってます。お許しを。)

「羽田まで行って飛行機を見上げたい~~~・・・」
とつぶやいた私に、往復80㌔以上の走行は私のような根性なし初心者にはチト難しい・・・と夫が言ったのは皆さんご承知の通り。

20080505tamagawa1.jpg
無理な目標は挫折のモトなので、多摩川サイクリングロードを下りながら、二子玉川近辺を目指すことにしました。

コンビニで飲み物を買い、出発準備。
MTBピンク号・・・・おっとっと、命名していただいたので、早速使わせていただいて「MTBピンキー号」は鮮やかにデビューポタリングに出発することとなりました~

国立からすぐに多摩川の土手に出てもよかったのですが、あちこち寄り道するのがポタリングのよいところ。まずは足慣らしにぶらぶらと街を散策。

府中 大國魂神社前 馬場大門の欅並木です。

20080505tamagawa2.jpg
仙台にはかないませんが、ここもなかなか立派な欅です。
デビューポタリングの5月5日は「立夏」。初夏を迎え、緑もぐんと濃くなってきていました。

20080505tamagawa5.jpg
大國魂神社の欅
20080505tamagawa3.jpg20080505tamagawa4.jpg
大國魂神社は5月の例大祭(くらやみ祭り)の真っ最中。

万灯が欅並木にすっく立っていました。昨夜活躍したのかなー。
このお祭りは大國魂神社の一年の中で一番大きなお祭り。どこのご家庭でもお客さまがいらしたり、祭りに参加したりでとても賑やかなのでしょう。玄関前の寿司桶の数(笑)が雄弁に物語っていました

20080505tamagawa6.jpg
今日は是政橋付近から多摩川サイクリングロード(土手)に出ました。
この日の天候は曇り。午後からは雨の予報も出ていました。
結構雲も厚かったので、降り出しが何時頃になるかが心配されました。
雨にはてんで弱い私。弱腰です。
だって、ピンキー号を雨に濡らすわけにはいかないですもの(猫っかわいがり)。

20080505tamagawa7.jpg
ぎらぎらとした直射日光も少なく、風も殆ど無し。
これはポタリング日和としては絶好。
風は走りに大きく影響するので、良いコンディションと言えそうでした。

20080505tamagawa8.jpg20080505tamagawa9.jpg
20080505tamagawa10.jpg20080505tamagawa11.jpg
多摩川CR(通称 多摩サイ)はたくさんの自転車や行きかう人々でとても賑やか。
少年野球のチームも走りこみをしています。右岸の山の向こうに見えるのはよみうりランド。
ジェットコースターのレールや背の高い乗り物やゴンドラなどが見えます。

20080505tamagawa12.jpg
海から30㌔の表示。きましたね~~~。ハイ、記念撮影です。
ここまで結構軽くこれたので、羽田辺りまで簡単に行けそうな気がしてきました。
しかし、これが初心者の無謀・・・だそうなので、ここは夫の指導に従います。

それにしてもピンキー号はこの日何枚記念撮影したやら・・・。

ずいぶん走ってきたので、いつも見る多摩川の景色と違った眺めになってきました。
20080505tamagawa13.jpg20080505tamagawa14.jpg
20080505tamagawa15.jpg20080505tamagawa16.jpg
多摩川の川原では、いろんな人がいろんなことをしています。
楽器の音が聴こえてきました。ホルンやトランペットの練習です。頑張って~~。

多摩川を通る自転車には、競技風ヘルメット族の自転車と普通の服の街乗り族の自転車とおよそ2パターンに分けられます。
私たちは街乗り派なので、ごくごく普通の服でポタリングを楽しんでいるのですが・・・・、使っている自転車はロードっぽいもの(夫)。いかにも自転車競技ぃぃ~っぽい自転車に乗っているので、相手方からの
「なぜ?なぜ自転車用の服を着ないんだ~?ヘルメットをかぶらないんだ~?」
という無言の圧力(笑)というか視線が堪えます。
私はマウンテンバイクだからそれほどでもないですけど、夫はロードに乗り、それなりに良い走りをしているので、視線はさらに厳しい模様。
「もうこれ以上イイ自転車には乗れないっっ。ポタリング派だからヘルメットは避けたいっ」
と言っておりました(爆)。

20080505tamagawa17.jpg
中央高速への料金所がみえます。
水門は北多摩一号水再生センター(料金所の直ぐ近くにある)でろ過した水を
放出するためのものでしょうか。んー、もう少し説明をよく読んでくるべきでした。
水門壁に地球が描いてあるあたりそれっぽいですが・・・・。ちょっと不明です。

20080505tamagawa18.jpg20080505tamagawa19.jpg
20080505tamagawa20.jpg20080505tamagawa21.jpg
多摩川CRを順調に駆け抜ける私たちは調布市に入ってきました。
サイクリングロードは調布に入ると細くガタガタになります。それにCR脇の雑草も今までとは一変して伸び放題。府中市の部分が素晴らしく整備されていることを考えると、市町村によってお金のかけかたが違うのかもしれないと思いました。

多摩川は中州が見えてきたりして随分景色が変わってきます。
このあたりは釣りをするかたも多いです。何が釣れるのかな。
おじさんの釣り糸がぐいぐい引いていて、みんなが立ち止ってその大物を釣り上げる顛末を見守っていました。私も見届けたかったのですが、おじさんの獲物はいっこうにあがってくる気配が無いので途中で失礼しました。

20080505tamagawa22.jpg
ピンキーの向こうに見える建物は競輪場です。夫に聞いて初めて知りました。

夫の話を聞きながら思ったことは、多摩川沿いは、競馬(府中)→競艇(是政)→競輪(ここ)と、賭け事全般一通り揃っているんだなぁ~~~・・・・ということです。妙に感心してしまいました。
多摩川CRで会うロードのお兄ちゃんたちは競輪選手も多いようです。ちょうどよいトレーニングコースなのですね。

20080505tamagawa23a.jpg
本日の私たちの愛車
私はこの日ポタリングデビューの(嬉)、LOUIS GARNEAU(ルイガノ)。
しかもルイガノでは今まで無かった色。新色です。
彼はRITEWAY

異様に喜んでスミマセン。この感動をどうお伝えしたらいいか考えながらもうまくできないのですが・・・。
あ、いや、自分で言うのもなんですが、本当にこの日、多摩川CRでは、私・・・注目の的だったのです。
・・・・あ、失礼しました。訂正させていただきます。

私の自転車は注目の的でした

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)はカナダに拠点を置く自転車メーカー。街でも多摩川SRでもルイガノの自転車に乗っている人たちにたくさん出会います。出会うのが珍しくないほどポピュラーなメーカーです。
私はこのメーカーが好きで、マウンテン1号(赤)、ミニベロ号、ともにルイガノのものを使っています。
マウンテン1号と今回の2号。実は同じシリーズ。
愛好家の夫に言わせると、いろいろな自転車に乗るのが楽しみ・・・だそうですが、私はうまく身体に合って乗りやすいものを見つけたらとことんそれに乗るタイプです。
冒険できない保守タイプかもしれませんが、高いお金を出して買っても「イマイチ~」というのじゃもったいないと思っちゃうのです。
私にとって初めてのMTBになった1号(赤)は予想以上に乗りやすい自転車でした。なので、続けて同じシーズをセレクトしました。そうすればセレクトミスは無いですから。
ただ、パーツ以外の「見てくれ」はほぼ同じ(笑)なので、赤を選ぶと修理して1号に乗っているのと見た目は同じような感じになちゃう・・・ってわけで、別の色、ピンク決めたのは以前の記事でお伝えした通りです。
車と同じで、自転車の部品も年々進歩していて、MTB1号より今回の2号2008年モデルの方がはるかに乗りやすく走りやすくなっていました。

このピンク、何度もお伝えしているように、ルイガノには今まで無かった色です。
私も今回買うに当たって、その存在を初めて知ったくらいですから・・・・。
買うと決意していろいろなネットショップを当たったときも、ピンクは品薄。
「在庫無し」とか「入荷は7月上旬」とか、「入荷未定」とかばかりでした。

買った当人の私でさえそんな状態ですから、自転車愛好家の皆さんもカタログやネットの写真で見たことはあってもピンクの実物を見るのは初めての人が多かったのだと思います。
ロードに乗っているおにいちゃんおねえちゃんたちの視線が私の自転車にすいーーーーっと吸い寄せられてくるのを見ることは、持ち主として
とって~~もいいきぶん
(あやしすぎっっっ)

夫にも、
「みんながあなたを見ていくよあなたの自転車を本当によく見ていくよ。」
と言われ、へんに自信をつけてしまいました(なぜ自信を??)。

ちょっと自転車語りが長すぎましたか。ごめんなさいね。ではまた先へ進みまーす。

20080505tamagawa24.jpg20080505tamagawa25.jpg
ロマンスカーが多摩川を渡っていきます。登戸駅のホームの端も見えました。
自転車は狛江市に入っています。

この辺りはもうサイクリングロードとは呼ばないようで、道も未舗装の部分が多いです。ロードの人たちは市街地へおりるか、対岸のサイクリングコースを選択しています。
MTBのような太いタイヤの自転車ならなんでもないですが、ロード人たちにはつらいです。
そんなわけで、私たちも夫の自転車に合わせて街へおりました。
和泉多摩川駅付近でちょっと休憩して街を走ります。
ほどよくおなかもすいてきたところで、お煎餅屋さんを見つけました。もちろん立ち寄ります。これがポタリングのおもしろさ。
20080505tamagawa26.jpg
20080505tamagawa27.jpg20080505tamagawa28.jpg
おいしそうなお煎餅がずらり

お店のご主人に、写真撮らせていただいてよろしいですか?とおうかがいすると笑顔でご快諾。
そして、ニコニコしながらこんなお話しをしてくださいました。
「このおじさんが(ご自分を差しながら)、店のお煎餅ぜーんぶ焼いているんですよ。今は都内でも自分の店で焼いている店は少なくなりました。」
と。そうなのかぁ・・・と感心したりびっくりしたり。私たちのあとからもお買い物の方がいらっしゃいました。
このお煎餅は家に帰ってから食べたのですが、とってもおいしかったです!!

おじさんと楽しいお話しをしたあと、ひょんな思い付きから、多摩川を渡って向こう岸にいくことにしました。気ままに行き先をかえちゃってOKなのもポタリングのいいところ。

20080505tamagawa29.jpg20080505tamagawa30.jpg
20080505tamagawa31.jpg20080505tamagawa32.jpg
橋の上から多摩川を見ると、うわ~~~、釣りの人がいっぱい。
こんなにいっぱいボートがあるなんて、驚きました。
警察の方が何人も立っていて、車やバイクの人に話しかけていました。
何だろう???と心配になって見ていたら、ティッシュを配っていました。
「ティッシュ配りだから事件じゃないよ。
河川敷の火の始末や駐車についてじゃないかな」
と夫が言いました。どうやらそのようです。

20080505tamagawa33.jpg20080505tamagawa34.jpg
釣り人の数もすごかったですが、バーベキューの人たちもそれ以上にすごかったのです。
20080505tamagawa35.jpg20080505tamagawa36.jpg
橋の上で東京都狛江市から神奈川県川崎市へ
自転車で東京を出たかと思うと、妙に感激。
ここまでどれくらい走ったのかな~。

橋の上ではまたまたいろいろな自転車族にお会いしたのですが、ここでは、
「おおっ、ピンクのルイガノ」
と声に出して叫ばれてしまいました。おまけに指さされたりして(苦笑)。
指さされてもなー・・・どう反応していいかわかりません。私といえばきっと、ニヤニヤしながら通り過ぎたのでしょう。
ついに指差し確認されるまでになった、アイドル ピンキー号。
多摩川を渡ると、ニケ領用水へと進みます。

20080505tamagawa37.jpg
ニケ領用水には一度来てみたいと思っていました。
さっきまでの多摩川CRは大混雑だったのに、ここは静かで他の自転車はいません。
落ち着いて走れました。


全長32キロの二ヶ領用水は、旧稲毛領と川崎領の二ヶ領の農地に水を引くために江戸時代初めに建設された人工用水です。
用水は慶長14年(1611)に代官小泉次太夫によって完成しました。それまで、この二ヶ領は水利事情が不便で、水田工作による農業生産基盤が脆弱でした。二ヶ領用水完成により、米の収穫量が飛躍的に伸びたと伝えられています。
その後、百年余りを経た頃には、欠損、荒廃が進んだ状況になりましたが、享保9(1724)年、本格的改修工事を経て現在にいたっています。
明治以降は、ニケ領用水から取水する横浜水道が開設(明治6年)され、飲料水として利用されたり、工業用水としても利用されてきました。
急速に進んだ都市化により、農地は減少していますが、現在でも市北部では農業用水として、また円筒分水より下流の地域においては環境用水として利用されています。
(参:川崎市建設局土木建設部河川課パンフレット)



20080505tamagawa38.jpg20080505tamagawa39.jpg
途中、二ケ領用水とJR南武線が交差する場所があります。
しかし!!交差する鉄道橋がミョ~に低いのです。
ピンキー号を置いてみたのでお分かりになると思いますが、120cm程度しかありません。
もちろん橋の下を通ることはできます。でも立ったまま普通に歩いて通行するのは無理です。

20080505tamagawa40.jpg
電車が上を通過している時、下にいるとものすご~~い迫力があります。
電車が来たら撮ろう・・・と思っていたら、あっという間に電車が来ちゃって・・・。
下がる間がありませんでした。電車の車体が写ったような写らないような・・・・。
南武線の黄色いラインがちょっと見えるでしょうか。
写真のデキはイマイチでも、傍にいてとっても怖かった~~。
スリルを体験したい方はぜひどうぞ。
橋の下にもぐっているとなおスリルを味わえること請け合いです。

20080505tamagawa41.jpg
このくらい離れて撮れば電車と橋の様子が良く分かったかもしれませんね。
立ち位置が上手くなかったです。
もう一度電車が来るまで待ちたいところだったのですが、雨も心配だったので先に進みました。

20080505tamagawa42.jpg20080505tamagawa43.jpg
20080505tamagawa44.jpg20080505tamagawa45.jpg
ニケ領用水にそってどんどん進みます。魚道などもありました。
そして今日の目的地に到着です。

20080505tamagawa46.jpg
一度見たかったニケ領用水円筒分水です

二ヶ領用水は「久地分量樋」(円筒分水より200m上流)で、4つの堀(久地二子堀、六ヶ村堀、川崎堀、根方堀)に分水されていましたが、なかなか正確な分水ができず、それぞれの水量をめぐり、水争いが絶えませんでした。
そこで、円筒の円周比により、各堀へ正確な用水を提供できる円筒分水が造られました。
当時としては最も理想的かつ正確な自然分水方式の一つでした。
構造的には、二ヶ領本川の水を、いったん2本のヒューム管で平瀬川の下を潜らせ、直径8mのコンクリート製の円筒から再び吹き上げ、その外にある直径16mの円筒の円周を、それぞれの灌漑面積に合わせた比率で水量を分けています。国登録有形文化財(建造物)です。
(参:川崎市建設局土木建設部河川課パンフレット)



20080505tamagawa48.jpg20080505tamagawa49.jpg
今は水道ひねればすぐに水が出てきますが、昔の水争い・・・って本当に真剣だったんですね。水を巡って争うのですものね。
時代劇に水の番人を順番にやる・・・なんていうシーンが出てきたりしていましたね。
現在の円筒分水の傍には大きなマンション。
水争いはもう遠い昔なのかもしれません。

20080505tamagawa50.jpg
ひと息つく私たちと自転車たち。
円筒分水の水と緑が静かに見守ってくれました。



・・・・to be continued・・・・
 
コメント
この記事へのコメント
ピンキー号大活躍ですねぇ。やっぱり目立ちますよぉ。
私も前からピンキーちゃんが走ってきたら見ちゃいますね。
いいなぁ。多摩川って、レジャーランドですねぇ。
ゴルフの素振りは禁止らしいですよ。危ないから。
風が気持ちよかったでしょ。いいなぁ。2回目
2008/05/11(日) 00:39:47 | URL | ノバうさぎ #ehuBx04E[ 編集]
ありゃあ、本当に命名いただいたんですね。光栄です。
でも、”ピンキー”って軽快でお茶目な感じで、
こころさんのMTBにはピッタリのような感じがします(と、勝手に言ってます)
とくにご主人の白と、とってもお似合いですよお~
ニコタマまでどれぐらいあるのかな。
でもこれならなんのそのですね。
二ケ領用水は、あだっちゃんがよく紹介してくれるところですね。
新緑が映えるなか、ピンキーにはいいデビュー戦になりました。
ほんとに良かった良かった・・・・

ところで、トラコンは入手するまで相当時間がかかるみたいですね、今は・・・・
2008/05/11(日) 07:03:29 | URL | tomato #EQo.g1g.[ 編集]
☆おへんじ☆
e-480ノバたんへe-480

ノバたん、こんばんは。

ピンキー号のピンク、写真と実物とは少々印象が違いました。
ですが、いずれにせよとてもインパクトの強い良い色でした。
赤かピンクでまよっていたわけだけど、赤は結構走っているんだけど、さすがにピンクは見なかったのね~。
珍しい色になりました。

いろいろなことやっている人がいましたが、たしかにゴルフやっている人はいませんでした。禁止なんですね。
2008/05/11(日) 21:42:31 | URL | こころ⇒ノバたん #sSHoJftA[ 編集]
良く走りましたね
国立から久地までですか。良く走りましたね。
帰りも走らないといけないのですね。
自転車で走りながら写真を撮る、良い趣味ですよ。
我が家は上河原堰堤の近く、調布の対岸です。
2008/05/11(日) 22:00:42 | URL | あだっちゃん #1K815FCc[ 編集]
なんたってアイドル!
MTBピンキー号デビュー、おめでとうございます。
可愛くてカッコよくて注目の的ですねっ☆
惹かれる色です、新色なのね。
風を切って、おまけに熱い視線の中を走るのって気持良さそう~
ピンキー号ならとても見つけやすそうです。
私、見かけたら絶対「ピンキー号~~ こころさ~~ん」
って声掛けさせていただきますよん♪
2008/05/11(日) 22:23:55 | URL | naoko #0FtB7ubA[ 編集]
☆おへんじ☆
e-480tomatoさんへe-480

tomatoさん、こんばんは。
そしてそして、ピンキー号命名をありがとうございます。
ご許可もいただかないうちに勝手に使わせていただきました。

デビューポタリングはとても気分良く走れました。
またあちこち乗りたいです。

今の時期は自転車の注文が多くなる時期だから、納品まで時間がかかるのかもしれませんねぇ。
tomatoさんはどんな自転車を選ぶのかな~~~
楽しみです。



2008/05/11(日) 22:55:20 | URL | こころ⇒tomatoさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
e-480あだっちゃんへe-480

あだっちゃん、こんばんは。
お近くに出没しました!
私たちは、宿河原堰のニケ領せせらぎ館の近くから用水沿いに走りました。
南武線はずっと多摩川沿いを行くんだなぁ・・・とようやく実感。乗っていると案外わからないなぁと思いました。
対岸が調布市なのも意外でした。地図が頭に入っていないですね。

2008/05/11(日) 23:48:31 | URL | こころ⇒あだっちゃん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
e-480naokoさんへe-480

naokoさん、おはようございます。

ひと目でチョーお高いバリバリ自転車に乗っているロードのおにいちゃんおねえちゃんたちの熱い視線を釘付けにしたピンキー号。
むふふふ。。。お気楽な私です。
夫に言わせると、ロードの人たちの視線のあとの台詞は
「すごい~~~(感嘆)」
というより
「あれっ?(ルイガノに)こんな色あったっけ?(不思議?)」
という感じらしいです。
でもいいんですぅぅぅぅ。注目には間違いないですから。
どこまでもミーハーな私の心を擽ってくれました(単純)。

まだあまり走っているのをみかけません。
この自転車をみかけたら、ひゃくとうばん・・・じゃなかった!
お声がけくださるとチョー嬉しいです~e-266
2008/05/12(月) 07:18:49 | URL | こころ⇒naokoさん #sSHoJftA[ 編集]
アイドル♪
こんちゃ~。

にゃはは、アイドルMTBちゃん注目の的ですね~。
私もこんな色のMTBが傍を走っていたら、ついつい見てしまうかもぉ。
ちょうど土曜日の朝、多摩川の上流を目指す自転車旅行?をテレビで放送してましたよ。
多摩川の最初の一滴を探す旅のようでした。
今の時期、緑がとてもきれいですねン。
2008/05/12(月) 10:40:46 | URL | orashion #dftCSLv6[ 編集]
☆おへんじ☆
e-480oraちゃんへe-480

oraちゃん、こんばんは。

多摩川の最初の一滴かぁ・・・いいなあ。私ももう少し根性あったらやってみたいです。
今回はマシンがよくなったので、走りが随分とラクでした。
いろいろな自転車にあいましたが、同じ自転車のかたにはあいませんでした。
むふふふ、とにやけていました(爆)。
2008/05/13(火) 01:29:53 | URL | こころ⇒oraちゃん #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。