感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もたくさんとれました
2008年12月03日 (水) | 編集 |
明治神宮を歩きました。

11月23日、とてもよいお天気でした。
原宿駅は大大混雑~~~だったのに、参道に入ると、それなりにのんび~りできます。
のんびりのんび~~り歩きました。

1203-2.jpg
参道を歩いたのはずいぶん久し振りです。こーんなに長かったんだ。
ほよっ・・・このお酒とワイン樽はどこかで~~ペロッ


1203-1.jpg
♪どんぐりころころ・・・・♪


1203-3.jpg1203-4.jpg
参道では菊まつりがひらかれていました。

1203-5.jpg
園芸高校があることをはじめて知りました。
生徒さんたちの力作です。
菊づくりは大変だとききますから、頑張りましたね~。

1203-6.jpg
青空の中、全ての産業の発展を祈る行事、新嘗祭が開かれていました。


1203-7a.jpg

農業国家である日本は、古くから五穀の収穫を祝う風習があります。
ちなみに五穀とは米、麦、豆、あわ、きび、またはひえのことで、新嘗とはその年に収穫された新しい穀物のことをいいます。

祭祀としての新嘗祭はもともと天皇が仕切っていました。秋の9月11日に神嘗祭(かんなめさい)、仲冬11月の最初の卯の日に相嘗祭(あいなめさい)、2番目の卯の日に新嘗祭(にいなめさい)を行うことになっていました。
新嘗祭は、その年に収穫された新穀や新酒を天照大神をはじめとする天地の神に供え農作物の恵みに感謝する儀式です。
新嘗祭がいつ頃から行われていたかははっきりとしないのですが、日本書紀で皇極天皇元年(642)11月16日に新嘗祭の記述があるのが文献に出てくる最初です。

新嘗祭は昭和23年より勤労感謝の日と名を変え、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日」として祝日になっています。


1203-8.jpg
野菜でつくられた宝船
明治神宮には全国各地から丹精込めてつくられたたくさんの農作物が奉納されていました。


1203-9.jpg
いろいろなタイプの野菜の宝船があります。

1203-10.jpg
この船には・・・・かわいいりんごちゃんが乗っていました。


1203-11.jpg
ブロッコリーやカリフラワー
JA三鷹です


1203-12.jpg
すごいお葱っっ
これもJA三鷹ですよ~~


1203-15.jpg

1203-13.jpg

1203-14.jpg
全国各地の名産がずらり~~~


1203-16.jpg1203-17.jpg
奉納された米俵と果物野菜など
大きな三方に乗っています

1203-18.jpg
たくさんのお餅~~


1203-19.jpg

あちこちの名産品をバチバチ撮りまくっていると、境内の人たちの動きがアヤシくはげしく(笑)なりました。
そして赤い傘登場・・・・おお、もしやこれは!!!

1203-20.jpg
やっぱり!お嫁さんです

みんなの憧れ~~~。おとなしく後ろでちょっと遠慮がちに構えていたら、ババババババ~~~ッと前に黒だかりの人人人・・・。
というわけで、前のかたの背中がクローズアップされることとなりました。たはっ。


1203-21.jpg
都心にいながら森林浴できるような感じの森

明治神宮境内の樹木はシイやカシ、クスノキが多く、神社によくあるスギやヒノキが少ないことに気づきます。  
大正4年から始まった造営工事では、全国から植樹する木を奉納したいと献木が集まり、北は樺太(サハリン)から南は台湾まで、全部で約10万本の木が奉献され植林することによって、この森が誕生しました。

当時その種類は約350種でしたが、東京の気候にそぐわない種類もあり、現在では200種類前後になっているそうです。
もともと人工の森であったわけですが、半世紀ほどで自然の状態になっていることが調査により解り、世界的に注目を浴びています。

創建当初、明治神宮に何を植えたら立派に育つか、また100年後自然の状態になっていくのか、当時の学者たちが考えました。
そして照葉樹を植えることに決定したのです。
理由は大正時代、すでに東京では公害が進んでいて、都内の大木・老木が次々と枯れていったのでした。
そこで百年先を見越して神宮には照葉樹でなければ育たないと結論づけたのでした。

ところが当時の内閣総理大臣、大隈重信首相が、
「神宮の森を薮にするのか。薮はよろしくない。当然杉林にするべきだ。」
として杉並木のような雄大で荘厳なものを望んでいました。

しかし当時の関係者は断固として大隈氏の意見に反対し、谷間の水気が多いところでこそ杉は育つが、関東ローム層の代々木では不向き、杉が都会に適さないことを説明してようやく納得させたそうです。

1203-22.jpg
コツーン・・・と頭にあたりましたっ。
♪どんぐりさん~ん♪

まあかわいい・・・といつものことながら拾おうとした私の耳に苑内放送が・・・・

「ここ、明治神宮の森では植物を取ったり木の実を拾ったりしてはいけません。」

ひえ~~~。行動を見られていたような気分。

自然の状態を大切にしているってことなんですね。
どうりで、誰も拾っていません。

人に踏まれる前にどんぐりを拾い森に返す作業にあたっている方々もおられるのだそうです。
そういう方は許可を得て森に入ったり作業されたりしています。


1203-23.jpg
ドングリの幼芽・・・・。
これがこの森の木ぐらいに大きくなるのは何十年後でしょう。

明治神宮の森では、落ち葉一枚も神宮外には持ち出さず森に返しているのだそうです。
計算し尽くされて作られたこの人工森は、何十年もの時とそれぞれの時代の人の手を借りながら、今もなお変化し続けているのでしょう。

がんばれどんぐり~~
コメント
この記事へのコメント
三鷹だー
こころさん、明治神宮にも立ち寄られたのですね。
酒樽とワイン樽のお出迎えですよねっ。
お嫁さんにも遭遇してる、あの日の私もそうだった。。

都立農芸高校っていうのもあります、うちの近くに。
お馬さんもいるんですよ~
それにしても、三鷹、すごーい。
宝船にもびっくりしました、新嘗祭はこうして残っているのですね。

>今年もたくさんとれました
感謝したいです♪
こころさんもお写真たくさんとられましたね~
2008/12/03(水) 23:09:44 | URL | naoko #0FtB7ubA[ 編集]
思いだしたこと・・・・
へえ~、東京生まれでありながら
神宮の森の成り立ちを全く知りませんでした。
そうなんですか。いい話を聞きました。
たとえ人工的につくられたものでも、
考え方やその後の保護の在り方で、
半世紀も経てば自然の姿に戻っていくわけですね。
大切にすることって大事ですね・・・・

ちょと長くなりますが、
思いだしたエチオピアの物語を一つ。
(確かこんな感じの話でした)

エチオピアを旅したある旅行家が、
お土産をたくさん持ってエチオピアから船で去る時、
それまでずっと同行していたエチオピア人ガイドが、
船に乗りかけた旅行家に靴を脱げと言います。
脱いだ靴を渡しながら、旅行家が理由を尋ねると、
エチオピア人ガイドはこう言いました。

「貴方は今エチオピアを去ろうとしています。
その貴方の靴の裏には土がたくさん付いています。
この土の上で、私たちの祖先は生まれ育ちそして死んでいきました。
この土の上で、私たちは喜んだり怒ったり泣いたりするのです。
だから、この土は私達エチオピア人の最も大事な宝物なのです。
貴方はたくさんの素晴らしいお土産を手にしました。
でも、私たちの宝物であるエチオピアの土だけは
一粒たりとも渡すことはできません・・・・」

どんぐり一つでも持ち出せない訳です。
素晴らしい・・・・
2008/12/03(水) 23:12:46 | URL | tomato #EQo.g1g.[ 編集]
明治神宮
明治神宮は花しょうぶを見に行くのとたまに野鳥の写真を撮りに行くぐらいです。
野菜の奉納品凄いですね。
終ったらこの野菜どうなるんでしょうかね。
近々オシドリを撮りに行ってみようかな。
2008/12/04(木) 20:34:36 | URL | あだっちゃん #1K815FCc[ 編集]
こんにちは。
この光景は昨年見ました。
そのとき、丁度、結婚式も平行して行われていて
何やら、大名行列のようで凄いなあと思った記憶
があります。
私の場合、新宿~渋谷くらいは簡単に歩いてしまう
のですが、大抵、この参道を使わせていただきます。
大抵、外国の方とすれ違う事が多く、途中にある酒たるを見て、グレートとか言っております(笑
副都心線が出来て、池袋まで遠征する事も多くなって
ちょっと行動範囲が広がりました。
2008/12/04(木) 23:35:11 | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
☆おへんじ☆
v-255naokoさんへv-255

naokoさん、こんばんは。
お返事がおそくなっちゃってごめんなさい。

ワイン樽とお酒の樽~~。
すごかったです。大きくてびっくりしました。

園芸高校もあるのですか。
お馬さ~~ん、いいな。
園芸高校の生徒さんたちの力作を見ながら、私の高校時代
も思い出したりして~~。
植えたのはチューリップくらいか?

新嘗祭の野菜。すごい迫力でしたよ。
とくに三鷹のお葱~(まだ言っている)
すごい束でした。

農作物に感謝しながら毎日の食べ物いただかなきやですね。
2008/12/05(金) 23:13:56 | URL | こころ⇒naokoさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-255tomatoさんへv-255

tomatoさん、こんばんは。
お返事が遅くなってすみませんでした。

私も、人工的に始まった森だとは思っていませんでした。
立派な森になってオドロキですね~~。

そして、エチオピアの話も、そうなのか~と聞かせていただ
きました。

つい目の前のことに気がいきがちな私たちですが、ずうっと
遠い未来のこととを思いながら、考えたり行動したりするこ
とって大切なのでしょうね。

ドングリの幼芽かわいらしかったです。
2008/12/05(金) 23:21:02 | URL | こころ⇒tomatoさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-255あだっちゃんへv-255

あだっちゃん、こんばんは

そうでした!
全然考えていなかったけど、ほんと、この野菜たち、どうなす
るのでしょうね。
大きな大きな豚汁ができそう。
2008/12/05(金) 23:49:58 | URL | こころ⇒あだっちゃん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-255君平さんへv-255

君平さん、こんばんは。

原宿からのこの道は久し振りに歩きましたが、ずいぶん
ひろいのだなぁ・・・と思いました。
ここが初詣の時はめいっぱいになるわけでから、やはり
すごいですよね。

副都心線、トラブルで止まってている印象がありますが、
渋谷から先もあちこちいける幅が広がり便利になりましたね。


2008/12/05(金) 23:54:02 | URL | こころ⇒君平さん #sSHoJftA[ 編集]
明治神宮ってトトロの森みたいなんだね~。
どんぐりが降ってくるところも雰囲気ぴったり♪
人工の森とはいえ都心にこういうところがあるのは素敵だね。
当時の学者さんが大隈重信に従っていたら、今頃東京のスギ花粉症患者はもっと増えていたかしら?

昨日は冬の嵐で大変でしたね~。
こちらもすごい雷と雨でした。
今頃は東京かな?
お帰りのころそちらは雪では?
無事に戻られますように!
2008/12/06(土) 11:58:03 | URL | orashion #dftCSLv6[ 編集]
明治神宮って1度も中に入ったことがなかったことに気がつきました。。。
すごい森なんだね~びっくり。
新嘗祭もこんなことをしていたなんて知らなかった。。。
知らないことが多いね。
いつもいつもこころさんのブログは勉強になります!
でも、本当にあの野菜、あとどうするんだろう。。。
2008/12/07(日) 18:06:27 | URL | 桂 #-[ 編集]
☆おへんじ☆
v-255oraちゃんへv-255

oraちゃん、こんばんは。
お返事が遅くなってすみません。

金曜日の雷はあんこちゃんもおどろくすごさだったのですか
実はこっちでは雨こそ降っているものの雷は鳴っていませんでした。
日本って広いいいいい(笑)。

♪プチ・・にも書きましたが、そんなわけで、最終新幹線は運休。
翌日の始発で無事に出発しました。
家に戻って食べたちょっと冷えたポテトがなんとも~~でした(爆)

おっしゃるとおり、トトロの森みたい。
そっか~、スギだったら、花粉症ね~~。
確かにツライわ~~。
2008/12/08(月) 18:15:56 | URL | こころ⇒oraちゃん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-255桂さんへv-255

桂さん、こんばんは。

私も行事としては新嘗祭しっていましたが、こんなにたくさんの
農産物が奉納されるとは~~~。知りませんでした。

この野菜を使って巨大野菜炒めに挑戦!!とか
ギネスものがあるのでしょうか。

参道は長いですが、緑がいっぱいでとても気持ちいいです。
外(原宿)の喧騒とぜんぜん別世界で驚きます。
2008/12/08(月) 18:19:06 | URL | こころ⇒桂さん #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。