感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みっつめの7・・・
2009年02月01日 (日) | 編集 |
みっつめの7・・・七福神めぐりをしました。
成人の日・・・1月12日のことです。

栄えある?みっつめの七福神に選ばれたのは、「東海七福神」です。

0201-1.jpg
品川は平安時代よりその地名があり、鎌倉・室町時代には江戸湾の重要な港として栄えてきました。太田道灌(先記事登場)も品川に居た時代がありました。
徳川氏が江戸に入り、慶長六年(1601)に東海道五十三次を定め、品川は第一の宿駅となりました。
沿道の寺社には、古くから七福神が祀られ「七難即滅七福即生」の故事により参詣も多く、昭和7年に品川が大東京に編入された記念として東海七福神が誕生し今に至ります。(参:東海七福神パンフ)


0201-2.jpg0201-5.jpg

いちばん品川駅に近いのが一番の品川神社ですが、今回は、一番品川から離れている七番から回ってきてどんどん品川駅方面に近づく・・・という回り方をしてみました。
七番の弁財天・磐井神社は京急大森海岸駅から歩きます。
この神社名の由来にもなった「磐井の井戸」が境内の植え込みにあります。この井戸の水は正しい心の持ち主が飲めば真水に、邪心があれば塩水になるという言い伝えがあったそうです。

0201-3.jpg
一番最初に訪れたところなのでここで色紙をいただきます。
こちらではこんなかわいらしい袋にいれていただきました。わー、かわいい。
社務所のかたもとても優しくて、
「これからですか?どうぞお気をつけてまわられてくだいね。」
と声をかけてくださいました。こういうやりとりが嬉しいです。


大森海岸駅付近はどこまでも明るく太陽が降り注いでいました。
あかるーーーい。海が近い感じがします(実際近いし・・・)
さて、これからずんずんと・・・進んでいくのですが、次の六番まではひと駅離れているので、案内パンフでも電車に乗って・・・とも書いてありました(徒歩25分、電車1分・・・笑)。
せっかくのお天気ですので、付近を散策しながら楽しく進みたい・・・つてことで私たちはもちろん歩きます。
そして、川越の夫に続き、今回は、私が常々行きたかった!!と切望していたところに向かうことにしました。

0201-6.jpg
それは、大森貝塚です。

学生時代、京浜東北線の窓から見た碑(だと思う)を見て感激。
それ以来、実際の大森貝塚を訪れてみたいと思いながらきずにいました。駅から遠いから?案外方向音痴な私ですね。
ずんずん歩く夫に引っ張られて到着。うれしーーー。

大森貝塚は現在大森貝塚遺跡庭園となっています。

0201-7.jpg0201-8.jpg
0201-9.jpg
それではワクワクしながら縄文の世界へレッツゴー!


0201-10.jpg
縄文の広場
しゅううううう・・・・と立ちのぼる霧がなんとも縄文ぽい?


0201-11.jpg
ごつごつした岩が縄文ぽい(こればっかり)


0201-12.jpg
壁には地層にはさまれた貝が・・・
(模型です)


0201-13.jpg
縄文広場は遺跡庭園の中央に位置しています。


0201-14.jpg
縄文広場にある胸像・・・・そ、それは!


0201-15.jpg
モース先生っっっ
(って知り合いみたいな・・・)

大森貝塚を発掘したエドワード・シルベスター・モース(Edward Sylverster Morse 1838~1925)は、アメリカ人の動物学者です。
腕足類(わんそくるい)という生物の研究のため1877年(明治10)来日し、大森貝塚を発掘しました。この発掘は日本で初めての学問的な遺跡の発掘でした。
博士の滞日期間は約2年半ほどでしたが、帰国後も講演などでアメリカ人の日本理解に努めました。日本滞在中のメモをまとめた『日本 その日その日』は愛情と尊敬を込めた視線で明治初期の日本人の生活綴っています。
また、フェノロサやビゲローなどの来日にも関わり、日本美術の保護・発達にも寄与しました。
(参:品川歴史館)


0201-16.jpg
縄文広場の後ろ側にまわります。
貝塚跡(模型)


0201-17.jpg0201-18.jpg
遺跡庭園のすぐ後ろは東海道線や京浜東北線の線路です。
踊り子号が通り過ぎていきました。


0201-19.jpg
卵のような屋根で守られている中に・・・・


0201-20.jpg
貝層標本です。
貝殻が堆積している様子を実際に目で見ることができます。


0201-21.jpg
教科書の世界の話が目の前に現れるとやはり感激です。
はぁ~~ええわ~~(?)。心は古代へと飛ぶのでした。

アメリカから横浜港に着いたモース博士は、横浜から東京に向かう汽車の窓から大森停車場を過ぎた線路脇に貝殻が散乱していることを見逃しませんでした。
博士は、生物学を教えることになった東京大学の教え子たちと発掘作業をしました。
発掘された遺物は、縄文式後期の土器や土偶、石斧、石鏃、骨角器など、動物の骨はサル、シカ、犬、鯨を含む大量の貝殻でした。そして、驚くことに人骨も発見され、その骨が削られたりしていたことから、「食人」の風習があったのではないかと推測されました。ですが未だにその結論は出ていません。
さらに、日本初の発掘報告書である“Shell Mounds of Omori”を出版しました。博士の大森貝塚の発掘は日本初の学術的発掘であり、調査報告書の発行も初めてのことでした。このようなことから大森駅のホームには、日本考古学発祥の地の記念碑が建っています。(参:品川歴史館)

大森駅ホームに入らなかったので、記念碑の写真、撮れませんでした・・・。


0201-22.jpg
大森貝塚の碑

モース博士は“Shell Mounds of Omori”に貝塚の住所や地図を載せませんでした。
そのためいつの間にか大森貝塚の位置は分からなくなってしまいました。
特に、1929年に大森貝塚遺跡庭園に「大森貝塚碑」が建てられ(写真)、翌年、大田区側に「大森貝墟碑」が建てられたことにより、貝塚の位置をめぐる混乱はさらに大きくなりました。
博士たちの発掘から100年目の1977年(昭和52)、大森貝塚発掘時の「発掘補償金」に関する文書が発見されました。そこに記されていた発掘地の住所「大井鹿島谷二千九百六十番地」により、貝塚は遺跡庭園の位置にあたり、これにより「モースの大森貝塚」の位置はようやく明らかになりました。
近年、大森貝塚遺跡庭園付近は、数回発掘されています。さらに、それらの発掘で、住居址や土器・装身具・魚や動物の骨などが大量に見つかりました。これらの資料のいくつかは遺跡庭園近くにある品川歴史館に展示してあります。(参:品川歴史館)


0201-23.jpg
「あっちだこっちだ」ご当地論争・・・っていろいろとどこにでもあるものなのですね。

撮影していると、京浜東北線の電車がゴゴゴゴーーーーッとすぐそばを通り過ぎていきます。
大田区側の碑に刻まれている文字は”大森貝塚”ではなく、”大森貝墟”となっています。発掘当時は”貝塚”ではなく、”貝墟”と呼ばれたらしいです。
大田区側の碑には行かなかったので、残念ながら写真は撮れませんでした。


0201-24.jpg
考古学に思いを馳せながら、遺跡庭園をあとにします。
これは庭園内のトイレ。埴輪をイメージしているそうです。


0201-25.jpg0201-26.jpg
庭園入り口の門


0201-27.jpg
線路を渡って反対側に行くために、地下歩道を通ります。
壁画は縄文の生活が描かれていました。


0201-28.jpg
地下歩道の中には貝が・・・。
これは模型ですが。たくさんありました。


0201-29.jpg
地下道を渡りきると、水がちょろちょろ流れてきました。


0201-30.jpg
これは湧水だそうです。
看板に書いてありました。


0201-31a.jpg
歴史の教科書に登場する名がまたここにも・・・。
本当にこの辺り一帯は古い歴史があるんですね。
そぞろ歩きしながら感じました。


0201-33.jpg
だってここは天下の東海道ですものね。
東海道

0201-34.jpg
はい、ここが東海道です。
表示のあった電信柱が立っていた道です。


今は舗装された綺麗な道です。昔はどんな感じで旅が続いていったのでしょう。これから出発する人、江戸に着こうとしている人、いろいろな人たちの思いが入り混じる品川宿だったのでしょうね。

野次さん喜多さんはどんな感じで歩いていったのかな。
そんなことを考えていると江戸時代にタイムスリップしそうでした。

・・・・と、タイムスリップはいいけど・・・・!!!
全然七福神進んでおりません。
まだひとつめから次に着いていないのですわ~。
ありゃ~~えぇ
考古学に・・・貝塚に・・・歴史に・・・浸りすぎでしたかね。

でもまあこういうのが散策の楽しみっ。
これが七福神めぐりのもうひとつのおもしろさでもあるわけですから・・・。
そんなわけで、七福神の続きは次回ということで~~~~。



ニコッ♪・・・・to be continued・・・・グー!

コメント
この記事へのコメント
下谷七福神めぐり
 昨日、上野・浅草辺り&新橋の寺社廻りしてきました。
 最初に行ったのは鶯谷駅近くの元三島神社だったのですが、”下谷七福神めぐり”の寿老人祭祀社でした。ここ以外は入谷鬼子母神(福禄寿)など日比谷線・入谷~三ノ輪 間にある寺社のようですので1日で回れるんじゃないでしょうか?(あまり簡単だと達成感が得られない?)
 なお一応言っておきますが、元三島神社はラブホ街の只中にあります。
2009/02/01(日) 17:39:26 | URL | 赤城おろし #9UFK9QUI[ 編集]
二日続きの更新だ
こころさん、こんばんは。
凄いですね。2日続きの更新ですね。
川越は散歩するのに良い所ですね。何回か行ってます。
大森は東京港野鳥公園に行くのに良く行く所ですが、近辺を全然歩いていません。
貝塚にも1回子供の頃に行っただけです。
東海七福神の続きを楽しみにしています。
明日、更新すると3日続きになりますね。
2009/02/01(日) 20:20:56 | URL | あだっちゃん #1K815FCc[ 編集]
大森貝塚は小学校の遠足で行ったような記憶があります。
このような公園だったかはちょっと忘れてしまいましたが、
いずれにしても随分と整備されていますねえ・・・・

そうでしたか。もう、777実施していたのですね。
東海道中膝栗毛のように、楽しくゆっくり行きましょ~・・・・
2009/02/01(日) 21:21:04 | URL | tomato #EQo.g1g.[ 編集]
七福神めぐりですかー、私は神社ばっかりだから制覇したことがないなぁ。
荏原神社から品川神社までで遠いと感じる私には、東京の神社めぐりは合っていないのかも(笑)

貝塚いいですねー、私も好きです。
小さい頃、勝手に発掘調査とかしていましたし。
でっかい土器とか鏃を見つけてました。
2009/02/01(日) 23:31:46 | URL | かぐら #X.Av9vec[ 編集]
やじ(馬)がキタ~~!(あれ~?)
おーぉ、タイムスリップのこころさん、私もお供させてくださいな。
楽しく歩きましょう。
続きもの、だ~い好きなのです!?(苦笑)
(どこまでも続く 海を越えた?ブログから来ましたぁ)

えへ、、大森貝塚は教科書の中と電車の窓から見たことがあっただけです。
そっかー こんなふうになっているんですね。
貝層標本、貝殻ってこうして残るって不思議ですごいですよね。
貝殻(アサリやシジミの)はどうやって捨てたらいいのかしら、
(と疑問に思ったことがあり)
やっぱり庭に捨てるのがいいかなぁ・・・
貝塚つくろうかなぁ・・・って
あはは、おバカな私。

トイレ素敵ですね!
(目がない)焼き物ではありませんか~
2009/02/01(日) 23:45:13 | URL | naoko #0FtB7ubA[ 編集]
こんにちは。
大森貝塚はいつも電車の車窓から見えて、行きたいなあ
と思っていました。時間のあるときは品川から川崎まで
あることも多いのですが、旧東海道側を歩いてしまって
中々行く機会がありませんでしたが、大森に用事が
合ったときにチャンスと思い行きました。
横にマンションがあって、不思議な小道がたくさんあって
何だか不思議な空間と思いましたよ。
2009/02/02(月) 12:52:23 | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
☆おへんじ☆
e-291赤城おろしさんへe-291

赤城おろしさん、こんばんは。
お返事が遅くなりましてすみませんでした。

七福神は結構いろいろなところにあるので、まだほかにも行って
みたいところがおおいです。下谷もいってみたいと思っている
ところのひとつてです。

手の痛みが本格化し、あまりお返事書けずすみません。
ふがいないです。
2009/02/04(水) 22:55:47 | URL | こころ⇒赤城おろしさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
e-291あだっちゃんへe-291

あだっちゃん、こんばんは。
お返事が遅くなってすみませんでした。

せっかくほめていただいたのに、3日つづきませんでしたv-409
3日ボウズならぬ・・・なんとかです。

川越は歩いていてたのしい街でした。
貝塚公園も。
あだっちゃんを見習って私もどんどん歩かなきゃ。

手が不調のため、あまりよくお返事書けずにすみません。
2009/02/04(水) 22:59:58 | URL | こころ⇒あだっちゃん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
e-291tomatoさんへe-291

tomatoさん、こんばんは。
お返事が遅くなってすみません。

大森貝塚、遠足ですか。いいなー。
小学校時代の私には貝塚は教科書内の出来事です。
実物見たらまた違っていたかも・・・。

この日はあたたかくて穏やかな七福神めぐりでした。

手が不調のため、あまりよくお返事書けずにすみません。
2009/02/04(水) 23:03:12 | URL | こころ⇒tomatoさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
e-291かぐらさんへe-291

かぐらさん、こんばんは。
お返事が遅くなってすみません。

品川神社と荏原神社、私も一番最初にあるいたときはなかなか
距離あるなーって感じました。でもずっと商店街だから賑やかで
飽きませんね。
東海七福神はわりと神社率が高いです。
中にはお寺だけという七福神もありますから。

手が不調のため、あまりよくお返事書けずにすみません。
2009/02/04(水) 23:07:41 | URL | こころ⇒かぐらさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
e-291naokoさんへe-291

naokoさん、こんばんは。
お返事が遅くなってすみません。

そうそう、私も貝塚づくりしよーつて思ったことが何度もありま
した(笑)。
トイレ、なかなかすてきですよね。縄文っぽくて。(またこれだわ)

777・・・ときて真っ先にnaokoさんにお見せしたかったんです。
でもまだ続きは書けそうもありません。
どうやら本格的に腱鞘炎みたいです。
おうかがいもできていません。さみしー。

手が不調のため、あまりよくお返事書けずにすみません。
2009/02/04(水) 23:16:24 | URL | こころ⇒naokoさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
e-291君平さんへe-291

君平さん、こんばんは。
お返事が遅くなってごめんなさい。

大森貝塚の碑、私も電車の中から見たのが始まりでした。
私が見たのはどっちの碑かなー・・・と思い出していました。
あたたかくて散歩道としてはとてもよかったです。

手が不調のため、あまりよくお返事書けずにすみません。
2009/02/04(水) 23:19:32 | URL | こころ⇒君平さん #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。