感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずつち
2009年11月05日 (木) | 編集 |
お伝えしている『水と土の芸術祭』
略して『みずつち』」・・・・っと。

ん~~、短縮が流行っています(笑)。

水と土の芸術祭参加作品

1105-1_20091105112747.jpg
『心園の渡り』    管懐賓~カン・ハイビン~氏  (中国)
   
2 つの竜骨は大海に出向する舟のようでもあり、精神の表れでもある。
新潟の人々と海との深い絆を反映。(水と土の芸術祭HP作品解説より)


1105-3.jpg
対岸から写したので、ズームです。


1105-2_20091105112746.jpg
この作品の設置場所は、海と川(人造分水路)が出会うところ


1105-4_20091105112746.jpg
写真左側が海。手前は関屋分水路(信濃川から分岐)の河口です。


1105-5_20091105112745.jpg
海はどこまでも青く・・・・。
水と土、「水」部門の作品ですね~。


1105-6_20091105113037.jpg
さて、今度は「土」に行ってみましょうか・・・


1105-7_20091105113037.jpg
あら・・・・・
なんでしょう?近づいてみましょうか・・・。


1105-8_20091105113116.jpg
『Sound of Harvest』   ダダン・クリスタント氏  (インドネシア)   
インドネシアの田圃で見られるからくり風車1000本を設置しています。


1105-9a.jpg1105-10_20091105113159.jpg
作品鑑賞に訪れる人たちもいらっしゃるようで、嬉しかったりします。


1105-11_20091105162313.jpg
からくり風車は、地元の人たちと一緒に作ったのだそうです。
にゃんこさんがかわいいですね~~。
この風車は風が吹くと回ります。
カラカラカラカラ・・・・と涼やかな音をさせて回ります。


1105-12_20091105162313.jpg
カラカラカラカラ・・・   カタカタカタカタ・・・   カラカラカラカラ・・・
夕焼けの空に風車の音が響きます。

カラカラカラカラ・・・   カタカタカタカタ・・・   カラカラカラカラ・・・


1105-13_20091105162312.jpg
カラカラカラカラ・・・   カタカタカタカタ・・・   カラカラカラカラ・・・
そろそろおうちに帰ろうか。





こちらは、芸術祭の参加作品ではないのですが、協賛作品?ともいうべきもの。
稲があったころの写真になりますが・・・

1105-14_20091105162458.jpg
田んぼの真ん中の観覧台?に上がると、↓こういう感じに見えます。

1105-17_20091105162524.jpg
図案はこれ。
稲が青い頃が、見ごろのようでした。
(撮影 2009年9月)


1105-15_20091105162457.jpg
県のシンボルマークが何となく・・・見えますね。


1105-16_20091105162457.jpg
こちらは「義」でしょうか。
稲刈り直前で、稲が倒れ気味だったので、文字の判読がちょっと難しかったです。


あちらこちらに「みずつち」
そしてあちらこちらに「天地人」

芸術の秋は深まっていきます。
コメント
この記事へのコメント
カラカラカラ・・・カタカタカタ・・・が聞こえます
こころさん、こんばんは☆
「新型インフルじゃない!新型インフルじゃない!」この気で行きましょう。

夕焼けのシルエット、合唱するカラカラカラ・・・
素敵です(写真!)、これは楽しいですね~
1000本とは(@_@;)
案山子のような役割なのかなぁ、インドネシアね、
Sound of Harvest、タイトルもオシャレ~(^^♪

みずつち、
「土」部門の芸術っていうと・・・あれを真っ先に思い浮かべてしまう私です。(笑)
土と炎とお窯の・・・あは、また言っちゃった(^_^メ)

どこまでも続く海と 広がる大地
スケールの大きな秋の芸術、有難うございました!
2009/11/05(木) 23:32:37 | URL | naoko #0FtB7ubA[ 編集]
凄く好き…
☆☆☆☆★☆☆☆☆★
☆☆☆☆★☆☆☆☆★
茜に染まるシルエットの写真…
これは本当に素晴らしいです。
こんにちわこころさん

ボクが持っている夕焼けの原風景は、あまりロマンティックな
ものじゃないかも知れません。
どこをどう切り取っても住宅地の中の、子供視線の高さで
「狭い空」だけの夕焼け…って感じなんです。

人工的な話をしてもリアリティがないのですが、映画「三丁目の夕日」の時代だったら、
きっともっと空が広がったのかも知れませんが…。
※戦略にハマッてあんなに感動したくせに(苦笑)、何故かいつも「三丁目の夕日」なのか「夕日の三丁目」なのか悩む僕。


このオブジェたちは時期が来たら撤去させられてしまうのでしょうか? 
なんだかとても素敵な光景に見えるので、この風景を原風景にできる子供たちが
増える事を望んでしまうのですけどね…。


たまに思うのです。

僕たちの心の中に、子供の時の「夕陽」や「冬の朝」や「夏の水辺」や「秋の物悲しさ」…
色々な(原)風景が広がっている様に、今の子供たちが『原風景』として振り返る過去の情景は、
大人たちである僕らが作るしかないのだと。


だとしたら、やはりこの「今」がとても大切なんだと思うのです。

今この水土(私も略します(*'-'*)エヘヘ)を作ったこころさんは、
未来の大人達にとても大きな財産を与えた事になるのだと思うのです。

もちろん切っ掛けは「町の活性化」とか「町おこし」的なことなんだと思いますが、
その結果作られるのは…未来の大人達へのプレゼントなんじゃないかって…ウン


あーなんかちょっと格好つけたコメントになってしまいました。
水と土と、そして未来の大人達、そして未来においては過去の子供たちへの
素敵な企画をなさった人達に敬意を表して…。

素敵な光景を有り難うございました。

2009/11/06(金) 11:32:33 | URL | ナチョパパ #wLMIWoss[ 編集]
広いですね
夕暮れのからくり風車の」風景が良いですね~~。
此処は広い広い展示で、全部廻ったら疲れちゃいますね。
自転車で廻ったら良いのかな。
2009/11/06(金) 20:06:41 | URL | あだっちゃん #1K815FCc[ 編集]
秋の空
高く澄んだ秋の空。
青空も素敵ですが、夕焼け空に風車が揺れる風景は最高ですね。
なんだか物悲しいような...
でも、とても落ち着くのは何故でしょうか...
カラカラ...カタカタ...
この音も絶妙なハーモニーを奏でていることでしょう。

地元の人達との共同作品なんですね。
みんなで作る芸術、自然の中に溶け込む芸術。
こんなイベントが私の街でも開催されるのなら、ぜひ参加したいものです。
2009/11/07(土) 11:47:48 | URL | ココ #CfpSSrsQ[ 編集]
昔だったら、田んぼや畑の真ん中に
こんな風に飾るのなんて如何なものか、ってな感じだったでしょうね。
時代は変わって、人々の心に余裕が出来てきている表れです。
恐らく、その時代よりも明らかに早く時が過ぎていると思われ、
人々の心も疲れすさんできているでしょうけど、
こうした芸術を楽しもうという雰囲気が台頭してくるのは
本当に良いことだと思います・・・・

秋の夕暮れ・・・・これもまた広大な芸術作品ですよ・・・・
2009/11/07(土) 21:53:30 | URL | tomato #EQo.g1g.[ 編集]
☆おへんじ☆
v-34naokoさんへv-34

naokoさん、おはようございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。
今日はお休みなのさっっ(ハイテンショ~~~ン・・・v-314
新型インフルも気合でふき飛ばし、昨日は休日出勤。
肉体労働の一日(笑)だったので、今日は筋肉痛です。いててて・・・

夕焼けのシルエット・・・・お褒めいただきありがとうございます。
風車のカラカラカラ・・・も、実はなかなかメンテが大変なのだそうで・・・。
そういえば、何度か訪れましたが、全然回っていないときと
よーく回っているときがあります。
私が行ったときはメンテ直後でよく回っていたらしいです。

「みずつち」の観光バスツアーもあるのだそうです。
その観光ツアー相手にくだもの屋さんのお店が開かれます(わははは・・・)。
ちょうど私が行ったときは、おじさんがなしやきのこを売っていて、その
おじさんとお話ししました。
そのときメンテが大変だとおしえてもらったのです。
いっせいに鳴るカラカラカラカラカラ・・・・カタカタカタカタ・・・・
動画を撮りたいと思うほどきれいな音でした。

土の芸術・・・
そう、お窯の芸術・・・この前おはなしをお聞きして、私も感じることが
できました。
オカマの神様に祈る気持ち・・・を。
(↑またカタカナにしてしもーた)
2009/11/09(月) 08:53:50 | URL | こころ⇒naokoさん #-[ 編集]
☆おへんじ☆
v-34ナチョパパさんへv-34

ナチョパパさん、おはようございます。
夕焼け時に訪れたとき、
「お・・・これはっっっっ」
と思うようなシーンでした。
ちょうどその日、とても夕焼けがきれいだったということもありますが、
シルエットとなって夕焼けに映るからくり風車を見たとき、ナチョパパさん
おっしゃるように、なんともノスタルジックな気持ちになりました。
三丁目の夕日時代にはまだこの世にいない自分ですが、それでも映画の
中で東京タワーに夕日がかかるシーン・・・・を見たら、なんとなく、「ああ・・」
とか「ほぉ・・・」とか息ついている自分がいるのです。
それがきっと、ナチョパパさんのおっしゃる「夕陽」や「冬の朝」や「夏の水辺」や
「秋の物悲しさ」などの(原)風景につながっているのでしょう。
赤い夕焼けと風車を撮っているときそう思いました。

>今の子供たちが『原風景』として振り返る過去の情景は、
> 大人たちである僕らが作るしかないのだと。

本当におっしゃるとおりですね。
ふりかえって「ああ・・・」
と思える情景。
大切にしたり創り出していかねばならないのだ・・・と思います。

この「みずつち」の作品群、おかげさまでなかなか好評のようです。
会期は12月末までですが、確かにその後はどうなるのでしょうか。
ただ、こちらは冬・雪の季節になります。屋外の作品はそれなりにメンテや
補修・補強が必要になって くると思われます。そんなことを踏まえながら
よりよい方向にしてくれると思いたいです。

かっこつけてなんかいないですよ。
ナチョパパさんは真にかっこいいから・・・。
いつも素敵なコメントありがとうございます。

ナチョパパさんが以前おっしゃっていたことがありますが、
夕焼けは最近の方が赤く・・・きれいに感じることがある・・・と。

私もそう感じるこの頃です。
2009/11/09(月) 09:10:41 | URL | こころ⇒ナチョパパさん #-[ 編集]
☆おへんじ☆
v-34あだっちゃんへv-34

あだっちゃん、おはようございます。
本当に広い展示場です。
ひとつひとつが離れているし、またひとつひとつがとても広かったりします。
さすがに展示会場をハシゴするときは車ですね。

ここは田んぼの中をずーっと歩くような感じになっています。
歩いていくのもなかなか・・・・です。
「ぬかるまないように気をつけてください」
なんて注意看板が立っていたりします。
2009/11/09(月) 09:13:34 | URL | こころ⇒あだっちゃん #-[ 編集]
☆おへんじ☆
v-34ココさんへv-34

ココさん、おはようございます。

そう、ココさんがおっしゃるように、夕焼けのときに行ったときは
なんとなく物悲しさも感じました。
でも「これだっっ」て感じでシャッターを切りました。

カラカラ・・・カタカタ・・・・
は風車が回って出る音なのですが、屋外作品だけあってメンテをしないと
すぐにまわらなくなってしまう・・・と近くにいたおじさんが話してくれました。
確かに何回か行った中で、よくまわっている日と音が全然しないときとかあり
ました。風車なので、確かに風がなければ回りませんが・・・。

風車製作は近くの中学校の生徒さん一緒に取り組んだようです。
かわいいものが多かったですよ。
2009/11/09(月) 09:17:39 | URL | こころ⇒ココさん #-[ 編集]
☆おへんじ☆
v-34tomatoさんへv-34

tomatoさん、おはようござい゛ます。

そうですよね~。
確かに田んぼや畑に入らないように・・・っていうように子どもの頃は
教えられていたように思います。

美術館・博物館の中の作品だけでなく、こういう屋外の作品も
すてきなものだなぁ・・・と今回思いました。

中にあろうと、外にあろうと、すてきなもの・きれいなもの・・・を感じる
ことができる心を大切にしたいな・・・と思うときでもありました。

2009/11/09(月) 09:27:19 | URL | こころ⇒tomatoさん #-[ 編集]
久しぶりにお邪魔します。

もうすぐ「天地人」が最終回。
寂しいですねぇ。
そちらは一年間中、盛り上がったでしょうね。
次回は、四国の土佐。東京~長崎。
楽しみですぅ。

もうすぐ自転車で走れないくらいの雪が降ってくると
思うと悲しいですが、雪が降っている時って静かで
真っ白になる風景を見ていると心安らぎます。
黄金色から白への移り変わり。もうすぐですね。
2009/11/09(月) 10:10:46 | URL | ノバたん #ehuBx04E[ 編集]
☆おへんじ☆
v-34ノバたんへv-34

ノバたん、こんにちは。
お久し振りです~~。
こちらは一度すごーく寒い日がありましたが、その後またあたたかくなりました。
気温の差が激しいです。インフルエンザも相変わらず流行っています。

天地人、もうすぐ最終回ですね。今日の記事は天地人のドラマに出てきた
ところを訪ねたものにしました。

大河の最終回を迎える頃は年末になりますね。
早い。一年が早すぎる・・・というこの頃です。
たしかに一年中天地人だったのかも。。。

来年は福山さんがどんな龍馬を見せてくれるか楽しみですね。

いよいよ冬が近づいてきます。
生活に密着していると通勤などで「こわい」と思うこともありますが、
雪の白さっておっしゃるとおり素敵ですよね。

そちらも寒くなってきたと思います。
風邪やインフルエンザなどに気をつけてお過ごしくださいね。
2009/11/09(月) 11:00:30 | URL | こころ⇒ノバたん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。