感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きのこの山
2009年11月14日 (土) | 編集 |
♪きのこの山は食べ盛り~~♪

♪~きのこの山を見た人はない・・・♪
(こういう歌詞だったっけ???)

ずっと流れ続ける定番のCMフレーズってすごいです。これもある意味、後世に残る名作!と思ってしまいます。
さてさて、えっ、きのこの山?
どこの山に行ったかって、それは・・・・

お・・・遅すぎるSW報告デスi-mode絵文字風・汗
またですか~汗;;・・・という感じですが、どうぞ、お付き合いくださいませませ。

1113-2.jpg1113-1.jpg
この日は北陸道から上信越道へ
しかし、上信越道に入った瞬間、例の1000円渋滞。対面通行区間が多い高速なので、
こりゃこの先も渋滞解消は期待できないな~・・・と早々に高速を下りることにしました。


1113-4.jpg
高速を下りると黄金の波でした。(稲刈り前)
このクレーンは新幹線の線路建設のためです。

ああ、北陸新幹線はこのあたりを通るのね・・・と。
建設資金問題で、N県知事の発言が物議を醸し出しているようです。沿線各県知事はビミョーな気持ちみたいです(ローカル限定・・・苦笑)。
ん~、どうなるかな。


1113-5.jpg
前回に引き続き、こちらも天地人ゆかりの史跡。
史跡にたどりついていないので・・・看板だけですが(笑)。

上杉謙信が、武田信玄の進出に対し信濃方面への備えとして築城したのが鮫ヶ尾城跡です。
謙信の死後、養子である景勝と景虎のふたりが争った「御館の乱」(「天地人」あらすじ第11話をクリックしてご参照ください)で、敗走した景虎が自刃した悲劇の城としても有名です。
近年、この景虎の悲劇をモチーフにした小説『炎の蜃気楼~ミラージュ~』(アニメにもなったようです)の影響により、多くのファン(いわゆる歴女・・・という方々)が鮫ヶ尾城跡を訪れているそうです。

今回は史跡には立ち寄らず看板のみで・・・失礼することになりました。


1113-6a.jpg1113-7.jpg
高速を下りたらひどい渋滞にあわずに新潟県から長野県へ。
妙高山と野尻湖ナウマンゾウ看板

1113-3.jpg
ここまでの写真は皆、日本の車窓から(笑)
お友だちのマネマネでミラーに映る私(19歳ではない・・絵文字名を入力してください
渋滞や看板などを写しまくりながら行く助手席カメラマンの私。午後は、軽井沢近郊で超スゴイ渋滞にあいますが、このときは暢気に走っていました。



1113-10.jpg1113-9.jpg
野尻湖は少し波立っていました


1113-8.jpg
SWの遊覧船は大人気
桟橋の横であひるのおまる・・・ボートが仲良く並んで出番を待っていました。

1113-11.jpg
ひよこちゃんをおんぶしているポートもありました。
(ひよこちゃんじゃないけど、色的に気分的に・・・)

初めて見たので思わず撮っちゃいました。
超カワイイ。



1113-13.jpg
秋空と黒姫山(だと思う・・・)


1113-14.jpg
信濃路は黄金の波波波・・・



1113-16.jpg
すがすがしい景色です


1113-15.jpg1113-19.jpg
おコメもたくさんでしたが、さすがに長野県、いたるところにりんご
カーブミラーも  お店の看板も  りんごりんごりんご


1113-17.jpg1113-18.jpg
善光寺に立ち寄りましたが、すごい人でした。


1113-20.jpg
さて、信濃路の景色を楽しんでいるうちに、きのこの山・・・松茸山に到着しました。
ここは長野県上田市。
松茸はアカマツの山に発生します。松茸が貴重品だと言われるようになったのは、ゴルフ場建設などでそのアカマツの山が減り、昔ほど採れなくなったことも一因のようです。年々、韓国産などの輸入が増えているそうです。
信州長野県は、広島県に次いで全国で二番目の松茸の産地です。

上田市は長野県の中でも有数の松茸産地です。そしてこの松茸山地区(という名前じゃないけど)は、信州の鎌倉ともよばれ、多くの文化財や別所温泉、鹿教湯温泉なども近くにあり観光地としてもにぎわっています。

1113-21.jpg
松茸の収穫期は、9月中旬~11月初旬です。
松茸を採ることができる約2ヵ月間のみ、山のあちらこちらに「松茸小屋」がオープンしています。
松茸小屋・・・まさに「小屋」という感じでちょっと見はビニールハウスと思うようなお店もあります(失礼)

でもでも侮るなかれビニールハウス店舗、SWはどこもかしこも超超満員。
私たちは以前にもいったことのあるお店に再び行きましたが、そこでは
「本日は予約で満員です。ウチの支店に行ってください」
と支店(笑)を案内されました。
しかし、その支店も大変なことに・・・・。

1113-22.jpg
駐車場に車を入れて、一歩店内に入ると、超満員のお客さんの視線がいっせいに私たちにじー
ぎょよよよよよっビクッ
となりながら周りを見ると、待ちのお客さんが数組いらっしゃいます。
ああ、失礼失礼・・・待たなきゃ・・・ね、と思いながらテーブルに着いているお客さんを見ると、まだお料理は出ていません。
厨房はひそひそひそひそ・・・とおカマを見つめながら(なぜカタカナ・・・)怪しげな雲行き。

んー、どうやら、何か足りなくなったようです。
それが松茸ご飯なのか何かはちょっとわからなかったのですが、それで善後策を練っている模様でした。
失礼ながら、「いらっしゃいませ~♪」
とは到底言ってもらえるような雰囲気ではなかったですし、まだお料理にありついていない先客のみなさまの視線も痛かったので(「あのー・・・私たちもまだ食べてないのに、キミたちも来るわけ~?」みたいな感じ・・・笑)私たちは早々に退散し、別のお店を探すことにしました。

1113-23.jpg
付近一帯の道はどこもかしこも松茸小屋の看板だらけなのですが、この大混雑ぶりと「本日は予約のみです」という言葉におそれおののいている私たちでした。
いつもは流し見の看板でしたが、こうなると、その看板がアテになります。
夫が、
「よしっ、今度現れた看板のお店に行こう・・・」
と言いながら車を運転していました。

急な坂を上ってお店にたどり着くと、やはり駐車場は車でいっぱい。
だめっぽいかな~。入口で、
「予約していないとだめですか?」
こちらから訊ねると、
「あ、大丈夫ですよ~~。どうぞ~~~。」
やたーーきのこ
こうしておなかいっぱい食べることができたのでした。ほんとうにおなかいっぱい・・というほど出てきます。もう松茸ご飯はいらない~~というくらいでした。

1113-24.jpg1113-25.jpg
お庭にはアケビが・・・・
こんなにたくさんなっているを見るのは初めてです。すごいですね~~。


1113-26.jpg
細く急な坂道を上ってお店にたどり着き、満腹になって坂を下りてきました。
お店自体は山の中~~って感じでしたが、下ってくると景色が開けます。

満腹になった私たちは渋滞に向かってお気楽に進むのでした
(この時はまさか日が暮れてから軽井沢に着くとは到底思っていない・・・笑)
コメント
この記事へのコメント
お、お、おいしそう...
ほほほ~、松茸、マツタケ、まつたけ~v-10
今年はまだお目にかかっておりましぇん...
というか、お目にかかれるかどうかもわかりましぇん、特に国産は...

最近の輸入松茸で人気ナンバーワンは、トルコ産なのだそうです。
トルコでは松茸を食べる風習はなく、すべて日本へ輸出しているそうで、現地では松茸御殿が建っているそうです(爆)
日本人にとって「良い香り~」の松茸も、トルコ人にとっては「ゴミの匂い」とか...(汗)
食文化の違いを感じますね~。
2009/11/14(土) 11:49:01 | URL | ココ #0p.X0ixo[ 編集]
なにィ?きのこって松茸なの~?
お歌からチョコスナック菓子かと思ったら
なぁ~~んと松茸の山ではありませんか?
給食委員とて、こんなにたくさん食べたことありませんv-405
こんばんは、こころさん、いい香りがしていますなー。

土瓶蒸しに、お鍋に松茸ご飯??
 ひぇ~~ お腹空いている時に見てしまいましたヨv-404

どこへ行っても車、クルマ・・・
人、ヒト・・・・
あ~ きのこの山にありつけてホントよかったですね!

「助手席カメラマンが行く」も楽しかったです。
2009/11/14(土) 18:27:50 | URL | naoko #0FtB7ubA[ 編集]
満腹になるほど食べてみたい
松茸ご飯を満腹になるほど食べてみたいですね。
土瓶蒸しも食べたい。
韓国産の松茸は香りがないですね。
新潟と長野は県境ですね。
今年は戸隠まで2回行ったけどもう少しで新潟県ですね。
此処のスキー宿で出してくれたお酒は新潟のお酒でした。
2009/11/14(土) 20:41:11 | URL | あだっちゃん #1K815FCc[ 編集]
ひょえ~、昔の写真とはいえ、秋の味覚の王様ではないですか。
いいなあ~
私も今夜は秋の恵みシリーズです。えへへ・・・・
 
私は小学生のころ、「野尻湖のぞう」をよく読んだんです。
日本にも象がいたんだなあって、いつも感動していました。
懐かしい思いでです・・・・
 
上杉景虎は「天地人」では悲劇のヒーローっぽく描かれてましたねえ。
結局、兼続の機転が奏功して景勝が勝利したんでしょうね。
恐るべし直江兼続・・・・
2009/11/14(土) 21:16:09 | URL | tomato #EQo.g1g.[ 編集]
☆おへんじ☆
e-358ココさんへe-358

ココさん、おはようございます。

私も普段は全然お目にかかりません・・・っていうか買いません(笑)
もっぱら雪国まいたけ??

そうなんですか。輸入人気ナンバー1はトルコ産ですか。
わはははは・・・・ごみの臭いには笑ってしまいました。
数の子なんかもそうですし、食文化や食習慣って世界中でいろいろと違うもの
なのですね。

普段食べない松茸をどどーんと豪快に食べる・・・ってのもたまーにやいいかもっ
って思いました。

この前のコメントにお名前、ありがとうございました。
おほほほ~~~当たったぞよv-21と感激していました。
2009/11/15(日) 08:45:23 | URL | こころ⇒ココさん #-[ 編集]
☆おへんじ☆
e-358naokoさんへe-358

naokoさん、おはようございます。
♪きのこの山・・・たけのこの里・・・
このチョコいろいろとシリーズが出ましたし、ながーい定番お菓子ですよね。
子供の頃から大好きです。へへへっ。

そう、きのこの山、そこかしこに松茸・・・といううらやましい山です。
松茸小屋が点在する小高い山それぞれがアカマツに覆われ、
松茸が出やすい環境になっているようです。
上田は東京から見ると軽井沢よりひとつ向こうですが、渋滞なければ結構
近いので(爆)、給食委員「長」さまも、ぜひに。
(店舗は「ビニールハウス風小屋・・・ですが・・・e-454

あまりにたくさんお料理が出てきて、松茸ご飯の時には
「もう満腹~~、松茸ご飯いらないよ~」
という感じになりました。

でも満腹・・・といいながら、出されたら食べてしまうのはなぜ?
2009/11/15(日) 08:56:20 | URL | こころ⇒naokoさん #-[ 編集]
☆おへんじ☆
e-358あだっちゃんへe-358

あだっちゃん、おはようございます。
土瓶蒸し・・・は本当に上品な感じで、とても香りがよくって・・・・
美味しく感じました。
あとのお料理はあまりに松茸が山盛りのっかっているので、味とか香り以上の
その見た目のインパクトに皆さん驚かれているようです。
テーブルのあちこちから「わー」とか「うへー」とか「%&$#”(’&%」とか、
意味不明な声が(笑)いろいろ聞こえていました。

そうでしたね。今年は戸隠に行かれたのですものね。
長野はいろいろ見るところがあって楽しいですね。
2009/11/15(日) 09:08:27 | URL | こころ⇒あだっちゃん #-[ 編集]
☆おへんじ☆
e-358tomatoさんへe-358

tomatoさん、おはようございます。
そそ、SW(シルバーウィーク)もずいぶん前のハナシになってしまいました。
ごめんなさいね~~~。でもお蔵入りにならずにすんでよかったです。

松茸・・・秋の味覚の王様・・・・
土瓶蒸しは本当に香りがよくって・・・一番のお気に入りです。

「野尻湖のぞう」や{登呂遺跡のなぞ」・・・などなど
古代の不思議にむまるもの・・・。
私もすきな本たちです。
野尻湖のぞうは表紙にインパクトがあってとても惹かれました。
野尻湖の発掘隊に参加してみたい・・・なんて思っていた頃も
ありました。思うだけはよく思う小学生でした
(そこがある意味小物っぽい所以・・・笑)。

鮫ヶ尾城址には最近、たくさんの若い女性ファンが訪れている
そうです。
時代(ブーム)は戦国?
歴女のみなさんはどこまでも行く行く・・・。
2009/11/15(日) 09:20:01 | URL | こころ⇒tomatoさん #-[ 編集]
本物だ!!!
★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
オオォ~これが例の軽井沢夕方入り事件(勝手に事件と呼んでいる(^_^;ゞエヘッ)ですね。
なるほど軽井沢に入る前はマツタケ三昧だったのですね。何だかちょっと羨ましいです。
考えてみると今年はマツタケ…食べていない気が。

今の時点で食べていないと言う事は…今年は無食状態かも知れません。
『2009年ナチョパパマツタケを食べないyear』
を宣言しないといけないかも知れません。

でも…「らしきもの…」は食べました。
あれはきっとマツタケなのつもりなんだなぁ~と言うような感じのもの(((o^∀^)oアハハ

でもこうして夫婦で「あっちにいってみよう」とか「こっちはどうだ?」って
言うのはなんだかとても良いですね。思わぬ見つけ物が出来る旅行じゃないですか。
もちろんパッケージ化された旅行の楽しみ方もありますが、どこかの土地で手探りの
旅をするって言うのはとても楽しめますね。

でも僕の場合、どうしても興味の範囲が狭いので、どっちに行こうって選択に
迫られたら…主導権はボクにないって事になって終いそうで…。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ


それにしても『歴女』…明らかに経済効果を齎すほどの存在になってきていますね。
もちろん一時的なブームって事で終わる可能性もありますが、それでも知的好奇心が
刺激されるブームなら良いと思っている僕です。

切っ掛けがアニメでもゲームでも良い…って思う僕でした。


さてこれから話はどこにつながっていくのでしょうか…楽しみに待っています(^v^)ニコ

2009/11/15(日) 11:16:18 | URL | ナチョパパ #KtOtvm9U[ 編集]
☆おへんじ☆
e-358ナチョパパさんへe-358

ナチョパパさん、こんにちは。

いえいえホントにあれは「事件」です。まさにぴったりのネーミングありがとうございます。
謹んで命名させていただきますe-466

私も今年の松茸はここで食べただけです。
店構えこそ小屋風ですが、とても美味しい。そしてとても量が多いっっe-451
東京から見ると上田は軽井沢よりひとつ向こうですが、ぜひ機会がありましたら食して
みてください~。

>『歴女』…明らかに経済効果を齎すほどの存在になってきていますね。

本当におっしゃるとおりです。
戦国グッズを扱うお店には若い女性が山盛り・・・・とか。
インタビューなどの話を聞いていると、知識も相当で・・・すごっっと思うこと
多いです。
きっかけは何からであっても、いろいろな効果を生み出すことにには私も
大賛成です。

2009/11/15(日) 16:12:27 | URL | こころ⇒ナチョパパさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。