感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都埋蔵文化センター actⅠ~2008~
2009年12月08日 (火) | 編集 |
多摩センター駅近くには、東京都埋蔵文化センターがあります。

1208-1.jpg1208-2.jpg

その存在自体は知っていて、訪問してみたいと常々思っていたところ、昨年、訪問することができました。
入口近くでサンリオピューロランドの塔を見つめます。ここでもまた現代的なものと古代のものが一緒にいるんだなぁ・・・と感激。

わははは・・・・またまた2年がかりの記事になっちゃいました。
しかも、ここ、ついこの前も行ったので2009年の記事もあります~。しょえ~~~~。
古代の旅にお付き合いください。
それでは、縄文の世界へ~~。た~~いむ わーーーぷぐるぐるふるーつ☆Cultivation・キラキラ星


1208-3.jpg



1208-4a.jpg
2008年の常設展は「多摩を発掘する」
企画展は「縄文人に会いにいこう」です。

さて、初めての埋蔵文化センター、とても楽しみに足を踏み入れました。
ここを訪れた2008年11月30日は快晴。とてもさわやかな日でした。
思い起こせば・・・・(ちょっとノスタルジックですみません)
前日に大仕事を成功裏に終え、ちょっといい気分で散歩していたんですね。
(気分よく散歩している途中、その仕事がポシャっちゃったとやーな知らせが入って一気にブルーになったのですが・・・苦笑)



1208-6.jpg
展示室に入ります。ここは写真OKなのでうれしいです。
『館内写真撮影OKです』の看板もありましたし、受付で確認もとりました。


1208-5.jpg
縄文人スタイル・・・・?


1208-7.jpg

現在のこの建物が作られたのは昭和60年です。この建物建設の最初の目的は、多摩ニュータウン内で見つかった土器や石器類の出土遺物を収蔵することにありましたが、折からの歴史学・考古学ブームに呼応すべく、付属施設として展示ホールが併設されました。展示ホールは、毎年3月にテーマを決めて展示替えをしています。
本当にたくさんの出土物があったことに改めて驚きました。
教科書ではわからないことがたくさんっっ。


1208-8.jpg
有名な「縄文人バンザイ」の土器

バンザイをして縄文人が土器の表面についています。
ん~~、この時代にバンザイはないとすると??雨乞いか?お日様乞いか?それともダンスか??
とにかくおもしろいですね後方の鏡は後ろ側も見えるようにという展示の工夫です。
実はこの展示、先日行った時には展示方法が新しくなっていて驚きました。それは2009バージョンでご紹介予定です。


1208-9.jpg1208-10.jpg
火おこし体験や縄文の模様付け体験などができます


1208-11.jpg1208-12.jpg
縄文人の主食の木の実。ドングリのすりつぶし体験もできます。


1208-13.jpg
埋蔵文化財センターに隣接する遺跡庭園「縄文の村」です。


1208-14.jpg

ここは、昭和62年、多摩ニュータウン遺跡の、NO. 57遺跡(縄文時代集落)を保存する目的で整備されました。No.57遺跡は縄文時代の集落跡で、前期の住居跡2軒、中期の住居跡5軒のほか、落とし穴などが発掘され、南側の半分については現状のまま盛り土をして、景観を含めて保存展示されています。


1208-15.jpg
「縄文の森」に復元された3棟の住宅内では、防虫・防腐をかねて日替わりで火炊きが行われており、運がよければ実際の火炊きが見学できます。

そそ、私は運がよかったみたいです。

おじさんが火をたいていました。
しばし縄文人の気分にひたります。




1208-16.jpg

この縄文の森には、トチノキ・クルミ・クリをはじめ50種類の樹木やゼンマイ・ワラビ、ヤマユリ等を植栽して、縄文前期当時の植生が再現されています。


1208-17.jpg
縄文人の気分に思いっきり浸りながらも目を上に向けると・・・・・・
縄文の森のむこうには私設文科省(好評なネーミングだったので再出)ベネッセビルが。


1208-18.jpg
縄文の空はどこまでも青かったのでした・・・・


コメント
この記事へのコメント
火お越し
> おじさんが火をたいていました。

 火起こしはどーしてるんだろ?
 マッチ? まさか、火起こし器(摩擦熱)使ってる ってコトなないよねぇ?

 あっしも機会があったら、行ってみよー。
2009/12/09(水) 02:06:20 | URL | 赤城おろし #9UFK9QUI[ 編集]
埋蔵文化センターってすごい名前ですね~
何が埋蔵されてるのかと思いました~
(もっとすごい秘密のなんかかと思っちゃった。。。)
2009/12/09(水) 18:45:08 | URL | 桂 #-[ 編集]
ここは縄文時代?(キョロキョロ)
こころさん、こんな所に?(笑)
お仕事の山を無事に越えられよかったですね☆
お疲れ様でした、体調はまだ万全ではないようですね、
お大事になさってください。

ん~ 東京にもあったんだ、(歌のフレーズみたいだけど。。)
知りませんでした。
そう言えば、初めて登呂遺跡を叔父に連れられ見に行った日のことを
思い出しました。
昔の時代へワープできる楽しさ、
小学生のこの時、叔父(今は亡き。社会の教師でした。)から教わった気がします。
思えばそれがずっと後になってのお寺や仏像への興味にもつながっているような、、
貴重な体験でした。

ドングリの実
そっかぁ、人もイベリコだったのですね!?(>_<)
2009/12/09(水) 18:58:41 | URL | naoko #0FtB7ubA[ 編集]
この縄文の村の雑木林を見ていると、
武蔵野の随所にある風景そのものだとわかります。
私が育った井の頭公園界隈にはこんな風景が断片的ですが今でも存在します。
事実、動物園前に広がる雑木林では未だに土器の破片が取れるんですよ・・・・
 
私はそんな東京・武蔵野が誇りです。
生粋の武蔵野縄文人なんです(笑)・・・・
2009/12/09(水) 21:24:37 | URL | tomato #EQo.g1g.[ 編集]
しらなんだ
多摩センターにこんな施設があったんですか。
全然知りませんでした。
イルミしか撮りに行っていないから、目に入りませんでした。
機会があったら行ってみようかな。
2009/12/10(木) 18:15:48 | URL | あだっちゃん #1K815FCc[ 編集]
☆おへんじ☆
v-255赤城おろしさんへv-255

赤城おろしさん、こんばんは。

私が行った時にはもう焚き火の火があがっていました。
なので・・・・火おこしはどうだったのかな~~。
おじさんは枯葉を集めたり薪割り?をしたりしていました。

なかなか楽しめますのでオススメです。
今年から無料になりました。
昨年は確か入館料が必要だったように記憶しています。
200円か300円ぐらいでしたけど。

空いていますし(これは・・・いいことなのか?)
2009/12/10(木) 18:38:39 | URL | こころ⇒赤城おろしさん #aIcUnOeo[ 編集]
☆おへんじ☆
v-255桂さんへv-255

桂さん、こんばんは。

確かに「埋蔵文化・・・」ってすごい名前かもね。
これはどの都道府県でもそうみたいで(お役所的ネーミング)
わが市にもありますよ。すご~~~い辺鄙なところに。
今年初めに実は行ったんだけど、すごく怖かった・・・
笑えるので、今度教えてあげるね。
2009/12/10(木) 18:42:22 | URL | こころ⇒桂さん #aIcUnOeo[ 編集]
☆おへんじ☆
v-255naokoさんへv-255

naokoさん、こんばんは。

なんとかひーこらやっています。
でも休むことができたので、ずいぶん元気になりました。
詳細は別便にて。

そうなんです~。東京にもあったんです。
埋蔵された文化が~~~(笑)
こういうタイプの施設なのに、駅から近いし、さすが
東京っっっと唸っていました。
お手軽に縄文へワープできる楽しさを味わえます。
結局今回も訪れたので2年連続訪問しましたが、
そのときそのときのたのしい発見がありました。

ドングリは結構かたくて・・・・
縄文人たちもすりつぶすのは大変だったでしょう・・・
と思っていました。
2009/12/10(木) 18:51:02 | URL | こころ⇒naokoさん #aIcUnOeo[ 編集]
☆おへんじ☆
v-255tomatoさんへv-255

tomatoさん、こんばんは。

この縄文の森は結構広くて、散歩していてもとても楽しいです。
外はすぐ小田急線や京王線がびゅんびゅん通っているのですが、
電車の音が聞こえて初めて「ああそうか」と思いますが、聞こえ
なければまさに縄文の村~~~。
誰にも会いませんし・・・(それはそれでモンダイ?)

動物園付近は土器の破片が出るのですか?
この辺り一帯みな縄文から続いているのですね~。
私も生粋じゃないけど・・・・
ミーハー武蔵野縄文人???ってことで。
(自分でミーハーと言ってるけど結構真面目です・・・笑)

ドングリクッキーでお茶しましょうv-273

2009/12/10(木) 19:02:58 | URL | こころ⇒tomatoさん #aIcUnOeo[ 編集]
☆おへんじ☆
v-255あだっちゃんへv-255

あだっちゃん、こんばんは。

駅を出たら、左です。
ずーーーっと線路沿い(高架ですけど)に歩きます。
自転車置き場などを通り過ぎると看板が見えてきます。
雨だと森の中は葉っぱで滑るのでお気をつけて。
今年から入場が無料になりました。
2009/12/10(木) 19:06:25 | URL | こころ⇒あだっちゃん #aIcUnOeo[ 編集]
こんにちは。
埋蔵文化だなんて、最初は埋蔵金の
調査でもしている団体かなと思って
しまいました(笑
多摩地区は以前は神奈川県だった
のですよね。なにやら手ごわい豪族?
だか何だかが居て、神奈川が乱れて
しまったので東京都に編入したとか
なんとかって誰が言っていたのが
とても記憶に残っています。
その事が真実か否かはここを訪れれば
分かるのでしょうか。
2009/12/10(木) 22:29:34 | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
☆おへんじ☆
v-255君平さんへv-255

君平さん、おはようございます。
お見舞いいただきありがとうございます。

そうですよね。
多摩地区とか?武蔵の国とか?いろいろと考えると
面白いのですが、私も史実に詳しくなく、いつも
パンフや説明書などで「ふーーーむ」と知ることが
多いです。

ここは多摩ニュータウンの出土物関係が中心展示ですが、
そういう歴史的ないききつも書籍や資料がたくさんあるので
そこを読むとわかるかもしれません。
何だか詳しくなくてすみません。

「埋蔵文化センター」という名前は全国どこの都道府県・市町村
でも同じようです。
失礼ながらお役所的ネーミングv-8かも・・・・
と私は思っています。

2009/12/11(金) 07:59:07 | URL | こころ⇒君平さん #sSHoJftA[ 編集]
遅くなりましたm(_ _)mペコリ
こころさん

話を合わせる訳じゃなくて、僕実はこの「太古系」のミュージアム・・・
(もしくは施設)、すごく好きなんですぅ~。

実はフランスにラスコー高原っていう所がありまして、
そこにラスコー洞窟と言う原始時代の遺跡あるのです。
横穴式の洞窟でそこで「世界最古」と言われた(その後
新たに見つかっているので、記録は塗り変えられているけど)
「壁画」が見つかっているのですね。


図柄的には「牛追い人」みたいなものなんですが・・・
ともかく原始人が描いた壁画なんです。

で、家族がフランスに来た時に旅行の途中で寄ったのですが、
生憎の「休館日」。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ
電車もない車でしか行けない場所だったので・・・
非常に残念で。

ところがそれから二年後、友人が家に遊びに来たので
再び訪れたのです!
今地図が手元にないので、何とも言えませんが・・・
パリからすごく遠くて、よほどの決意がないと行けないのですが、
その固い決意と共に再訪。

無事見ることが出来ました。
大興奮でした。




20分間だけ。





なんと




貰ったパンフレットを見たら





レプリカだったのです。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ



あまりにも貴重なものなので、原寸代で洞穴を作成し、
完全模写された施設で(T_T)ナミタ フィリップだかカトリーヌだか
分かりませんが、現代人が描いたものを有り難がって
見ていたことになります。

。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ

ハァ~山の中のレプリカに二度も何百キロもハンドルを
握った僕ってなんなのでしょう?!


自分の話ばかりしてすいません。多摩センター付近に
こんな施設があることを知らなかったナチョパパでした。
2009/12/11(金) 08:27:32 | URL | ナチョパパ #KtOtvm9U[ 編集]
☆おへんじ☆
v-255ナチョパパさんへv-255

ナチョパパさん、こんばんは。

おおおおっ、ラスコー洞窟!!
私の方こそ話をあわせるわけじゃないですが、憧れです。
社会の(歴史の)教科書にはいつも登場しますね。
私にとっても見てみた~~いもののひとつです。
それを見にいけたなんて・・・・レプリカとはいえ、
とってもう、う、う、うらやますぃぃぃぃ~です。

ラスコー洞窟は、多数の訪問者がおとずれた結果、二酸化炭素や
電気照明によってバクテリアや菌類が繁殖し、壁画をむしばんだ
ため、公開が中止されたようです。
高松塚古墳やキトラ古墳も発掘後、痛みに悩まされていますが、
どこの国もどの遺跡も同じ悩みがあるのですね。

パリからずいぶん遠いんですね。
ナチョパパさんがわくわくしながらハンドルをにぎっている姿を想像しながら
私も「ラスコーⅡ」にわくわくと思いを馳せました。

ラスコー洞窟にはかないませんが、この埋蔵文化センターも
なかなか楽しめます。
各小学校も校外学習に訪れているようです。
たくさん展示物があるので、子どもたちが見ても楽しいだろうなぁ
と思いました。
2009/12/11(金) 17:29:50 | URL | こころ⇒ナチョパパさん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。