感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都埋蔵文化センター actⅡ~2009~
2009年12月13日 (日) | 編集 |
埋蔵文化センターに今年も訪問しました。
11月、朝から雨の降る日のことでした。

昨年撮影した紅葉スポットで撮影しようと多摩センター駅に降り立った私。
ですが、外は雨。カメラを構えられるような空ではなかったので、どうしようか・・・と思案しつつ、きょろきょろしていました。
多摩センター駅は、その前日、新しいお店がいろいろ開店し華やかでした。
外が本格的な雨になったので、新しい傘などもそのお店で買ったくらいにして・・・。
そうこうしているうちに「おおっ」とばかりに近くに埋蔵文化センターがあることを思い出しました。
そんなわけで、雨の日の再訪となったわけです。

1213-1.jpg
21年度の常展示は
「多摩の遺跡と遺物」
企画展示は
「多摩丘陵の縄文集落」
です。

今年から入館が無料になりました。


縄文時代は、今から約13,000年前から2,300年前まで、何と一万年もの長い期間続いたことになります。一万年間がいかに長いかと言うと、長く続いたといわれている「江戸時代」が260年であることからも伺うことができます。
縄文時代には、土器が発明され、煮炊きができるようになり、それまで生で食べられなかったものが煮炊きをすることにより食べられるようになりました。また、弓矢が発明され、狩猟技術も進歩しました。
また一万年という長い期間にわたる縄文時代は、草創期、早期、前期、中期、後期、晩期と六つの時期に分けられます。
これらの時期を見分ける1つの重要な要素として土器があるのです。 


1213-2.jpg
No.72遺跡出土の縄文土器

多摩ニュータウン地域からは700超す縄文時代遺跡が発見されています。この多摩ニュータウン地域で発見された最大規模を誇る縄文時代中期の大集落が多摩ニュータウンNo.72遺跡です。
このNo.72遺跡に縄文人が1,000年の永い間に300軒を超す住居を造って住み、集落から発見された縄文土器や石器の量は他の中期の集落遺跡とは比較にならないほどのものです。その点からもNo.72遺跡が多摩ニュータウン地域で拠点的な集落の性格をもっていることが理解できます。
展示してある土器は、
下段が縄文時代中期前半(約5,000年~4,500年前)
中断は縄文時代中期後半(約4,500年~4,200年前)
上段は縄文時代後期~末葉(約4,200年~4,000年前)
となっています。


1213-3.jpg
お馴染みの縄文土器
でも縄文土器ってなんだか不安定??先っぽが尖っていて・・・・
どんなふうにして使ったのでしょう。

1213-4.jpg
まず「煮る」
こんなふうにかまどに立てて使用したものと想像されています。
縄文土器にもいろいろな形がありますが、煮るときに使う土器にはこんなカタチのものが多かっと思われます。


1213-5.jpg
次に「盛る」
出来たお料理を盛ったのでしょう。平たい形の土器です。


1213-6.jpg
そして「注ぐ」
注口土器と呼ばれるもので、注ぎ口がついている土器です。


1213-7.jpg
ひとくちに縄文土器といってもいろいろな形があることがわかりました。


1213-8.jpg
時代的に多摩ニュータウンから発掘された遺跡数が多いのは縄文前期・中期です。
また、奈良・平安時代もそれに続いて多くなっています。


1213-9.jpg
縄文時代後・晩期の土器

縄文時代中期末から富士山の火山活動が盛んになり、気候は急に涼しくなります。多摩丘陵の遺跡数は急に少なくなります。
後期の中頃になると、人々は低地に下りて生活を始め、中期末頃から東北地方南部で見られた抜歯の風習が伝わってきます。同じ頃から先ほど紹介した注口土器も作られ、祭りや儀礼のときに使われました。
土器の形は中期のものに比べると端整なものとなっています。


1213-10.jpg
弥生時代(約2,300~1,700年前)の土器も展示してありました。
教科書でよく見かける代表的な弥生式土器ですね。社会科のテストで見たような・・・


1213-11.jpg
No.72遺跡の発掘作業写真です
展示してあった写真を写真に撮りました(笑)

この遺跡は八王子市堀の内にあり、東西方向の尾根線から東側に延びた丘の端の部分にあります。遺跡の面積は57,000㎡あり、東京ドームより大きな規模です。


1213-14.jpg
石鏃(せきぞく)や石槍(いしやり)もありました。
これらは、縄文時代に発達した打製石器の一種です。
主に狩猟の道具として使いました。大きさや形がいろいろあるところから、対象とする獲物によって使い分けていたと考えられます。


1213-12.jpg
埋蔵文化センター見学時、一緒になった唯一のかたです。
昨年は誰も一緒になりませんでしたから、2年がかりでようやくおひとかたとご一緒したことになります。
うれちいぃぃ(!)



1213-13.jpg
縄文人パンザイの土器

これは2008年編でもご紹介しましたが、今年は展示方法が変わっていました。
昨年あった後方の鏡が無いと思いませんか?
実は、土器を置いてある台座がゆっくりと回転しているのです。そのまま土器の後ろ側も見ることができます。
すごーい。感激してしまいました。
以下、土器の説明文から抜粋します。

この土器は、多摩ニュータウンNo.46遺跡(多摩市諏訪)より発見されたおよそ5,000年前の縄文土器です。筒型土器の表面には、バンザイをした縄文人がピタリと貼り付いています。指の表現が3本であることから、人間ではなく精霊などを表現したのかもしれません。
裏側にはあたかも蛇が鎌首をもたげて今にも飛び掛ろうとしている文様が描かれています。
これらの文様から、縄文人はどのようなメッセージを私たちに伝えようとしているのでしょうか。縄文人のくらしを探る中で考えてみてください。



1213-15.jpg
次はお洋服で~す。
ささ、《アパレルjomon》の新作コレクションをどうぞご覧ください。


1213-16.jpg

1213-17.jpg
灯が少し赤色がかっていたので、うまく撮れませんでしたが・・・

うずまき模様がかわいい・・・。


1213-18.jpg
こちらも編み目が縄文っぽくて?オシャレですぞ~。
いかがですか。


1213-19.jpg
お次は《縄文良品》(笑笑笑)のコーナーです。
お安いのかしら???


1213-20.jpg
縄文良品に身を包んで・・・・


1213-21.jpg
あ、非売品でした(笑)


1213-24.jpg
土器はこんなふうにして保存されています。


1213-22.jpg
考古学をイメージしているそうです。
以下、付属の説明板より引用です。

このクレーンキャッチャーは動きません、ここに山積みされた縄文土器は、八王子市のNo.72遺跡で発掘されたものです。この小さなかけらたちには、勾玉の美しさもなければ、ダイヤモンドの輝きもありませんが、誰がいつ作って、どのうよにして使ったのかなど、縄文生活を知る重要な情報がたくさん含まれています。
そしてその情報を正確にキャッチするのが考古学の大切な仕事です。今、このクレーンキャッチャーを動かすことができるのは、あなたの知ろうとする強い探究心とイマジネーションだけかもしれません。



1213-25a.jpg
ちょうど電車が通っているところは撮れませんでしたが、窓の外は小田急線・京王線の高架線路。
線路の向こうは住宅密集地。
縄文の気分からいきなり現代です。



1213-26.jpg
外は雨・・・・
縄文の森にも静かに雨が降っていました。



コメント
この記事へのコメント
写真を拝見しました(^v^)ニコ
★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
写真拝見しました。何だかちょっとした遊び心もあって
面白いですね。
あっ!無印良品の下げ札に似ているな…と思ったら
縄文良品って…(((o^∀^)oアハハ

それにこのUFOキャッチャーに似た展示方法も(^u^)ウン

もちろん学術的に貴重なものを拝見するだけでも、
僕みたい『古代好き』な人には堪りませんが(苦笑)
それでも興味の他に楽しめるって言うのは良いですよね。

しかもこの施設のまわり…線路の向こうは近代的な
住宅地が並んでいるのは凄く面白いですね。
でも確実にこの付近に人がいて、命をつないできたのか…
って思うだけでなんだか実にロマンティックな話ですよね。




さて、その後体調はいかがですか? かなり楽になったのかも知れませんね。
でも無理は禁物ですよ。明日からはリハビリを兼ねて…って
意識で仕事に取り組んで下さいね。

2009/12/13(日) 20:41:16 | URL | ナチョパパ #KtOtvm9U[ 編集]
歴史の勉強をしました
多摩丘陵に縄文時代に大きな集落があったんですね。
コンクリートの街から大昔のロマンがあったとは。
雨が降ったら、是非訪問してみたいと思います。
2009/12/13(日) 21:26:20 | URL | あだっちゃん #1K815FCc[ 編集]
縄文時代は芸術的にはたいへん価値のあるものであった、と聞いています。
火焔土器なんて本当に素晴らしいですね・・・・
 
落ち葉に埋もれた縄文の森。
偉大な芸術家達の寡黙な躍動がすぐそこに感じられます・・・・
2009/12/13(日) 21:45:32 | URL | tomato #EQo.g1g.[ 編集]
こんにちは。
ここは撮影OKなんですね。
国立博物館も撮影OKなんですよね。
逆に著作権も絡まないのに何でも撮影禁止と
言われてしまうと、何だかなあと思うことも
多いですけど。
最近は、古い建物を壊して新しいものを建築
するときには、必ず、埋蔵調査をするように
義務付けられているようですよね。
埋蔵品発掘、時間があったら、楽しそうなので
私も挑戦してみたいなと思ってしまいます。
最後の縄文良品など、ビビットにとんだ感じが
とてもナイスですね。
2009/12/13(日) 22:44:26 | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
二年続きで古代へ・・・
あれから再び縄文時代へ行くことができました~(^_-)
こころさん、おはようございます!
今週はぐっと冬が進みそうな気配ですネ。

試着室はどこですか~?(笑)
秋・冬最新コレクションをありがとうございました。
ちょっと寒そうではありますが、シンプルで斬新と言えばそう(*^^)v
展示方法が楽しいですね、
これなら子供たちにも興味が持てそうです。
「探究心とイマジネーション、がクレーンキャッチャーを動かす」
ん~ 素敵なコメントでした。
縄文時代と現代のコラボ、アートのようでもあり楽しかったです★
2009/12/14(月) 08:08:17 | URL | naoko #0FtB7ubA[ 編集]
☆おへんじ☆
e-489ナチョパパさんへe-489

ナチョパパさん、こんにちは。

《アパレルjomon》という言葉を見たら、なんだかぽよよよんと
ナチョパパさんを想像してしまいました。
いかがでしょうか2009年の縄文モードはe-454
《縄文良品》っておもしろいですよねe-257
私も笑っていました。
そしてまたUFOキャッチャーを見てナチョパパさん
ファミリーを思い出していました。

2回目の訪問だったこともあり、楽しさのツボを
つかめましたね。企画展の縄文土器もとてもおもしろ
く見ることができました。
中にいると思いっきり縄文なんですけど、外は小田急線や
京王線がばんばん通り過ぎていきます。
(写真に電車を入れたかったがうまく撮れませんでした)

ほんとですねぇ・・・・
縄文時代から今まで、人類は命をつないできたんですよね・・・。
生命の神秘や不思議さをまた強く感じてしまいました。
2009/12/14(月) 13:53:05 | URL | こころ⇒ナチョパパさん #aIcUnOeo[ 編集]
☆おへんじ☆
e-489あだっちゃんへe-489

あだっちゃん、こんにちは。
多摩ニュータウンには縄文遺跡、府中や国分寺にも
大和時代の名残り・・・など、多摩地方は歴史の宝庫なの
だなあ・・・と改めて感じました。

晴天の日は鳥撮り(トリトリ?・・・笑)に東奔西走の
あだっちゃんですから、きっと訪問されるとしたら雨の日
ですねv-411

2009/12/14(月) 14:06:32 | URL | こころ⇒あだっちゃん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
e-489tomatoさんへe-489

tomatoさん、こんにちは。

小中高と何度か歴史(通史)を学習しますが、
縄文時代が長いっ・・・ことをあまり強く意識して学習
しないんですよね。
縄文時代にかける学習時間が短いので・・・(苦笑)

縄文時代一万年の中にいろいろな変化があることが
今回よくわかりました。
雨が降って縄文の森はいっそう静かでした。
2009/12/14(月) 14:20:40 | URL | こころ⇒tomatoさん #aIcUnOeo[ 編集]
☆おへんじ☆
e-489君平さんへe-489

君平さん、こんにちは。

そうなんです。
撮影ばんばんOKなんです。
入ったところに表示もありますし、受付の方も
にこにこと「どうぞ~~」と言ってくださいます。
博物館関係はダメな所が多いので、ちょっぴりトクした
気分になりました。

多摩ニュータウンの開発は大々的でしたから、その発掘
調査も大掛かりなものだったのだと写真を見て知りました。
中学校などの社会科で習う多摩ニュータウンはこういう
遺跡とはまったく無縁のものとして解説されることが
多いので、新鮮な説明だと感じる部分が多かったです。

縄文良品・・・ってヒットですよね。
値札?もよく出来てるなーって思いました。
2009/12/14(月) 16:57:56 | URL | こころ⇒君平さん #aIcUnOeo[ 編集]
☆おへんじ☆
e-489naokoさんへe-489

naokoさん、こんにちは。

そうそう、試着室がなかったんですよね~e-301
でも「ご自由に試着ください」と書いてあります。
私も上着ぐらいは羽織ってみればよかったかしら??と
今更ながら思います。

わりとふわふわしたものが多かったので、今の季節には
確かに寒いかも~~。
縄文時代はあたたかただったのか?
はたまた我慢強かったのか??

UFOキャッチャーの展示と言葉、私も心惹かれました。
やはり直感とイマジネーションを大切にしなきゃ・・・と
思いましたよ。

今週は強い冬型のようですね。
今日は朝から冷たい雨が降っていました。
午後からは強い風も加わり、いよいよ冬って感じの気候に
なりました。
そちらも寒くなるようですね。
風邪などひかれませんようご自愛ください。
2009/12/14(月) 17:03:41 | URL | こころ⇒naokoさん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。