感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史の中で・・・夏
2010年08月31日 (火) | 編集 |
モノレールの最前列、あるいは最後尾は鉄男、鉄子の聖地(ウソ)

P1020021blog.jpgP1020022blog.jpg
確かに眺めいいんですわ・・・・。

だけどお子ちゃまたちにも人気のスポットですので、良識ある大人としては、混み合ってるときには決して座りません。
また、この席で爆睡しているオトナも見かけますが、それは決してやってはいけない行為です。
ここは窓の外を楽しむ人がかぶりつきで座るための席(?)なので、ここで寝ているととても顰蹙買います。
「寝るんだったら他のところにすわれよーーー」
という光線をバリバリ浴びることになります。

案外空いていたので、途中から久しぶりにこの席に座れました。
モノレールのまっすぐ伸びたレールがまぶしいです。

この日は8月15日
一度行ってみたいと思いつつなかなか足を運ぶことができなかった戦災遺跡(被災建造物)である旧日立航空機株式会社の変電所跡を訪れました。
旧日立航空機立川工場変電所は戦争史跡としては有名で、各種メディアに幾度となく紹介されています。そんなわけで私も訪れたい気持ちは高まっていしたが、最寄り駅からから近いのか遠いのかよくわからず、訪問に踏み切れずにいました。
しかし、実際は駅からとっても近くて、迷うことなく着けました。


P1020024blog.jpg
旧日立航空機株式会社立川工場変電所

西武線もしくは多摩モノレールの玉川上水駅を降りて少し歩くと都立東大和南公園があります。
建造物はこの公園にの一角に移設されています。
公園はいたってのどか。
この日も朝からじりじりと暑くなっていましたから、隣接する市民プールからたくさんの子供たちの声が元気に響いていました。

耳からは楽しそうな子供たちの声、そして、目の前には、激しい爆撃の跡の残る建造物。


65年前の夏も・・・暑かったのだろうか・・・。
65年前の夏も・・・こんな空が広がっていたのだろうか・・・。

そんな思いをもちながら佇む私。


P1020029blog.jpg
壁には無数の弾痕が残り、ところどころの壁がはがれています。

太平洋戦争末期にこの変電所は3度の空襲を受け、100名以上の方がなくなりました。

この発電所は、航空機のエンジンを生産する軍需工場へ送電する変電施設として1938年(昭和13年)に東京瓦斯電気工業株式会社変電所として作られ、翌年、日立航空機株式会社立川工場の変電所に改称します。戦局の激化に伴い、1945年2月17日、F6Fヘルキャット戦闘機、4月19日、P-51ムスタング戦闘機らによる機銃掃射、4月24日にはB-29、100機の編隊による空襲により被災しました。隣接する工場は大破しましたが、変電所は大きな被害は免れました。
戦後は機銃掃射を受けたクレーター状の弾痕跡を残しつつ、1993年(平成5年)まで実際に変電所として使用されていました。
(参:東大和市教育委員会説明文)

東大和市教育委員会の説明看板には次のように記されています。

旧日立航空機株式会社立川工場変電所
この建物は、昭和13(1938)年に建設された航空機のエンジンを製造していた軍需工場、東京瓦斯電気工業株式会社(翌年、日立航空機株式会社立川工場(立川発動機製作所)に改名)の変電所です。
 北隣りにあった設備で受電した66,000ボルトの電気を、3,300ボルトに変電して工場内に供給する重要な役目を果たしていました。
 外壁に残る無数の穴は、太平洋戦争の時、アメリカの小型戦闘機による機銃掃射やB-29爆撃機の爆弾が炸裂してできたものです。
 工場地域への攻撃は3回ありました。最初は昭和20(1945)年2月17日、グラマンF6F戦闘機など50機編隊による銃・爆撃。2回目は4月19日、P-51ムスタング戦闘機数機によるもの。3回目は4月24日、B-29の101機編隊による爆弾の投下で、あわせて110余名に及ぶ死者を出し、さらに多くの負傷者を出しました。
 この変電所は、経営会社がかわった戦後もほとんど修理の手を加えぬまま、平成5(1993)年12月まで工場に電気を送り続けていました。
 都立公園として整備されるにあたり、一旦は取り壊される運命にありましたが、貴重な戦災建造物を保存し次代に伝えたいという市民の活動や、元従業員の方々の熱意がひとつの運動となり、保存へと実を結んだのです。保存にあたっては、最後の所有者であった小松ゼノア株式会社や東京都建設局の多大なご理解とご協力をいただきました。そして、東大和市は平成7(1995)年10月1日にこの建物を東大和市文化財(史跡)として指定し、末永く保存、公開するために修復工事を施しました。
 戦後、戦争の傷跡を残す建物は次々に取り壊され、戦争に対する私たちの記憶もうすらいできています。この建物から、戦争の悲惨さと平和の尊さを改めて受けとめていただきたいと願うものです。
平成8(1996)年3月
東大和市教育委員会




P1020025blog.jpg

建造物前の広場では、8月15日ということでイベントの準備をしていました。
となりの大きなマンションとの対比も平和のありがたさを実感させてくれます。

東大和市では、この「旧日立航空機株式会社立川工場変電所」前の広場を、平和の大切さを後世に伝える地域として「平和広場」(通称名)と命名しています。これは、旧変電所施設を含めこの地域が戦争の傷跡を今に残す貴重な場所であり、二度と悲惨な戦争を起こさないようにとの願いを込めて呼ぶこととしたものです。
戦争体験者が高齢化していく中、改めてこの場所を多くの方々にお知らせし、平和の大切さを認識していただきたいと市では考えているそうです。
(参:東大和市HP)


P1020033blog.jpg
向日葵が元気よく空に向かって花を咲かせていました。

当時は、こんなふうにのんびり空を見上げることなんてできなかったのだろうなぁ、と思いながらもういちど向日葵の黄色い花をみつめました。

65年前の夏の、向日葵を見つめる私がそこにいました。
コメント
この記事へのコメント
最後の写真、いいですね。
きっと空はもっと青かったんだと思います。
雲は白く、向日葵の黄色は眩いばかりに映えたのでしょうね・・・・
 
日本では大戦の爪痕を残すものが少ないですね。
このような建物が東京に残っているなんて、
保存に努めた方々に感謝したいくらいです・・・・
 
いつか娘を連れて訪れたいと思います。
二度と戦争がおこりませんようにと祈るためにね・・・・
2010/08/31(火) 23:04:35 | URL | tomato #EQo.g1g.[ 編集]
(^u^)ウン
★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
うん…本当にそうですね。これは決して壊してしまってはいけない
貴重な時代の証言者ですね。
こんばんわこころさん。

tomatoさんも仰っていますが、当時の日本の
建物構造が基本木造と言う事もあって、なかなか
第二次世界大戦の傷跡って残っていないのです。
それもそのはずで、当時東京大空襲の時に『山の手空襲』
と言われる空襲があったのですが、アメリカ軍は
徹底的に日本の研究をしていて、日本で帝国ホテルの
建設に携わったフランク・ロイド・ライトの右腕と言われた
レーモンド(日本に滞在し多くの建築物を手掛けている)
に日本家屋をアメリカのユタ州ダグウェイ試験場に
作ったのですが、それは可能な限り本物そっくりに
内部も洗い桶から台所用品まで揃えて…再現し、
しかも一軒ではなくてなく、木造の長屋、二階建ての
モノを三棟を四列、十二棟を二組立てて、どうすれば
効率的に燃えるか?って…徹底的に研究されていたんです。

残っているはずがありません。
※スイマセン…今そういう本を読んでいて…面白いので
もし時間があったらこころさんもどうぞ。
「ワシントンハイツ ~GHQが東京に刻んだ戦後~」
秋尾沙戸子:著 新潮社 刊
あっイカガワシイ本じゃなくて、凄くまじめな本です。
著者の方が面識があって(すごく良い人です)、
頂いた本なんですが…是非、お薦めです。


だからこうして残っている…建物ってとても貴重なのですね。


きっとぼくらは知らないといけない史実を知らないで
今日まで来ているのかも知れませんね。
2010/09/01(水) 00:11:48 | URL | ナチョパパ #KtOtvm9U[ 編集]
ちょうどその頃
私もその頃のお話を読んでいました
「永遠の0(ゼロ)」
これもいい本ですよ~(>_<)ナンチャッテ、本屋さんじゃな~い。。

この戦いに加わることになったある男性のお話、
>グラマンF6F戦闘機など50機編隊による銃・爆撃。
 2回目は4月19日、P-51ムスタング戦闘機数機によるもの
この辺りのことも書かれていました。
そんな中で戦わなければならなかった(;_:)本当に辛い出来事でしたね。

人の命がまるで弾丸ひとつ、のように道具でしかなかった、
それを使命、誇りとさえ感じていた(戦士たち)…
どこまでも間違っていると思う、
誰のための命だろう… 
2度と繰り返してはならない、
私もそんなこと思っていた8月15日でした。
2010/09/01(水) 08:44:11 | URL | naoko #0FtB7ubA[ 編集]
ついつい悲惨なことや辛い思いはスルーしてしまいたくなって避けてしまうのですが、年月が経てば立つほど忘れられていってしまうんですよね。
やっぱり過去の事実としてしっかり知る必要があります。
何が正しくて正しくないのかはそのときそのときで違うかもしれないけど、やっぱり人の命は大切です。
本当に、二度と繰り返さぬように。
2010/09/01(水) 09:09:25 | URL | 桂 #-[ 編集]
知らなんだ
東大和には時折、都立薬用植物園に行きますが、この施設は知りませんでした。
興味もなかったからだと思います。
戦争の爪跡として、何時までも残して欲しいですね。
2010/09/01(水) 17:13:30 | URL | あだっちゃん #1K815FCc[ 編集]
こういうものが残ってたんですね...
どんどん壊して新しく作り変えちゃえの日本には
とても貴重な建造物だと思います。
弾痕の跡、生々しいですね...
隣の高層マンションとの対比がなんとも言えません...
ここだけはいつまでもタイムスリップした空間であって欲しいです。
2010/09/02(木) 12:52:32 | URL | ココ #0p.X0ixo[ 編集]
☆おへんじ☆
v-323tomatoさんへv-323

tomatoさん、こんにちは。

毎年夏になると、戦争特集が組まれます。
以前は
「夏になってばかり~~」
と思った若造の頃もありましたが(苦笑)時期はどうであれ、
こうして立ち返ったり比較してみたり、しながら平和の大切さや
ありがたさを考えるのは大事だと思うようになりました。

おっしゃるとおり、澄み渡った空に向日葵の花が映えたのでしょう。
戦争が終わり、さらにその輝きは増したのだと思います。

調布飛行場の近くにもありますが、多摩地区には戦争の爪痕を残す
ものが多いです。
紹介されている本を読み、自転車で訪ねたものもいくつかありす。
おりにふれご紹介できたらいいな・・と思っています。

この変電所では、普段あまり意識していないことを強く意識する
ひとときになりました。

余談ですが、それにしても暑い・・・暑すぎる日でした。
訪問後、モ◇パーカーに逃げ込んでひやーーつと冷たいもので
クールダウン。
これも平和ならではの光景ですね。
2010/09/04(土) 11:14:00 | URL | こころ⇒tomatoさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-323ナチョパパさんへv-323

ナチョパパさん、こんにちは。
お返事が遅くなってごめんなさい。
この建造物のことは、いろいろな書籍やメディアで存在は知っていましたが、
なかなか訪れることができないでいました。なので、今回訪問することができて
とてもよかったと思いました。

>アメリカ軍は徹底的に日本の研究をしていて、・・・・
>どうすれば効率的に燃えるか?って…徹底的に研究されていたんです

そうなんですか・・・・
それでは残っていないはずですね。
さまざまな戦争記録を読むたびに思うのが、こんなに力の差のある
争いをどうしていつまでも続けていたのでしょうね。。。
このひとつのことからしても差は明らかなのに。

そして強い国も弱い国(語弊がありますが、この場合はお許しを)
も同じように大きな被害が出ているのに・・・


>「ワシントンハイツ ~GHQが東京に刻んだ戦後~」
昨年、立ち読みでしたが、しました。
(ななめ読みでごめんなさい。今度しっかり読みます。)

「戦後」や「高度経済成長」って言葉は、映画「三丁目の夕日」効果で
なんだかノスタルジックな素敵なものになりましたが、、「戦後」という
期間は思ったよりも長かったのかも・・・と私は感じました。
また、ワシントンハイツがあったからこそ今日の日本があるということにも
うなずくところがありました。

戦跡を見たからと言ってどうだ・・・といわれることも
あるかもしれませんが、訪ねた価値は私の中で大いにありました。

書籍のご紹介もありがとうございました。
2010/09/04(土) 15:52:27 | URL | こころ⇒ナチョパパさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-323naokoさんへv-323

naokoさん、こんにちは。
お返事が遅くなってごめんなさい。

> 「永遠の0(ゼロ)」
ご紹介ありがとうございます。
少し前に話しておられた本ですね。
へべれけでなかなか読めないのが私の悪い癖ですが、
読んでみたいと思います。

> 誰のための命だろう… 
> 2度と繰り返してはならない、

戦時ものとか戦記物はどうしても涙ばかりが先行する
私なのですが、いろいろ考えることはありそうです。

こんな現代になっても、まだどこかで戦乱が続いています。
どうしてでしょうね。
2010/09/04(土) 16:07:44 | URL | こころ⇒naokoさん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-323桂さんへv-323

桂さん、こんにちは。
お返事遅くなってごめんなさい。

建物は何も言いませんが、何も言わないらこそ物語ってくれる何かが
ありました。
戦争の語り伝えとか伝承はなかなか難しい面もあると聞きますが、
やはり事実は事実として私たちも目を向けていかねばならないのだと
思いました。
平和な毎日に感謝しつつ・・。
2010/09/04(土) 16:22:14 | URL | こころ⇒桂さん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-323あだっちゃんへv-323

あだっちゃん、こんにちは。
薬用植物園も行ってみたいところです。となりの駅(西武線東大和市駅)ですね。
この戦跡は駅から近い公園に移されていたので、訪問しやすかったです。
私たち以外にも訪れているご家族連れがいらっしゃいました。
日にち的にも訪れやすい日だったかもしれません。

夏の日差しの中、それぞれがいろいろなことを思ったのだと思います。
2010/09/04(土) 16:29:18 | URL | こころ⇒あだっちゃん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-323ココさんへv-323

ココさん、こんにちは。

写真集などの書籍やメディアを通して見るのとはまた違った感覚でした。
こんな固いコンクリートの塊がこんなふうになるということは
人間がひとたまりもないことがよくわかり、静かに目を閉じました。
プールから聞こえる子どもたちの歓声が、平和な雰囲気を醸し出していました。
いろいろな人が訪れている日でした。
皆がそれぞれ何かしら考えるきっかけとなったのだと思います。
もちろん私も。
2010/09/04(土) 16:33:27 | URL | こころ⇒ココさん #sSHoJftA[ 編集]
無数の爆撃痕
東京にこんな歴史の証人(人じゃないですが)が残っているのですね。
このすさまじい爆撃痕を見ると戦争の悲惨さが直に伝わってきますね。
私の高校の修学旅行は九州だったのですが
長崎原爆資料館と九州の帰りに
広島の原爆ドームや原爆資料館にも訪れました。
子ども達は小学校の修学旅行が広島で
やはり原爆ドームと原爆資料館
そして敗戦まで毒ガス製造工場があった大久野島でした。
ここは地図からも抹殺された秘密の島でもあります。
戦争の体験者特に戦争に行った方がどんどん亡くなられている今
こうした戦争の残骸とも言うべき建物や展示は
私達が背けてはいけないもの、後世に
そして世界に伝えていけないものだと思います。
終戦65年経った今も戦争の遺した爪痕は深いですね。
2010/09/05(日) 22:10:36 | URL | 金田 #.gUhmmJ6[ 編集]
☆おへんじ☆
v-323金田さんへv-323

金田さん、おはようございます。

まさに歴史の証人という言葉がぴったりかもしれません。
ずっと何かを語り続けているのでしょう。

私も高校の修学旅行は九州でした。
長崎も訪れているのに、なぜか原爆資料館を訪れていません。
なんでコースに入っていなかったのかな。今思うと残念゛てす。

もう65年・・・まだ65年・・・
知っていかなければならないこと、伝え続けていかなければ
ならないこと、多いのだとおもうこの建造物訪問でした。
2010/09/06(月) 07:11:05 | URL | こころ⇒金田さん #sSHoJftA[ 編集]
こんにちは。
かぶりつき席は重要なところですよね。
最近は子連れの方で電車に興味の無い方が
ベビーカーなどを置いて、前方を子供さんが
見られないようにしている人が多く見かけますね。
自分の子供さえ良ければ他はどうでもいいという
感じの親が増えたような気がします。
ベビーカーを電車の通路の真ん中に縦に置く人も
いますしね

義母は戦争を体験していて、終戦を迎えたら、やっと
これで、普通に生活が出来ると思ったそうです。
最近の人がストレス、ストレスと言ってますけど、この
時期に生きていた人に比べたら、私も弱音を吐いている
場合じゃないなと思いました。
2010/09/07(火) 00:12:12 | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
モノレールの最前列、江ノ電の最前列、
どちらも率先して座ってしまう大人気ない私です。

東京にこんな建物が残されていたとは知りませんでした。
戦後しばらくは、思い出すのも辛い体験だったのかもしれませんが
それなりに長いときを経て、今まで口をつぐんでいた戦争体験者の声が
少しずつ聞かれるようになってきたように思います。

甲子園での原爆記念日の黙祷やこうした建物や体験者の声を
次の世代にも引き継いでいきたいと思います。
2010/09/07(火) 20:45:14 | URL | 弥生 #fN0zchtE[ 編集]
☆おへんじ☆
v-323君平さんへv-323

君平さん、こんばんは。
かぶりつき席は重要ですよね~~(笑)
子どもさんたちだけでなくおとなのひとたちも生き生きと乗っていますもの。
私もわくわくします。
で、寝ている人を見ると「なんでここに~~」と思っちゃうのです(笑)。

見に行ったことでいろいろ考えることがありました。
戦時下のストレスは今のストレスとは確かにくらべものにならないでしょう。
私もへたれていないで頑張らなきゃいけません。
といいながら、あー、今日もいやだ!と叫んでいた情けない私です。
あと2日、頑張ります。
2010/09/08(水) 23:28:14 | URL | こころ⇒君平さん #sSHoJftA[ 編集]
☆おへんじ☆
v-323弥生さんへv-323

弥生さん、こんばんは。

モノレールや江ノ電の最前列!!
そり憧れですから、ぜひ率先して座ってくださ~~い。
そして眺めてください。
眺めてくださればいいんです。
眠っている場合が問題で(笑)

この建造物はニュースや写真集などで紹介されていたので、ぜひ
訪ねたいと思っていました。移設されたこの公園が、こんなに駅から
近いと思っていなくて(リサーチ不足)ひとりではたどりつけそうも
ないと思い、夫と一緒の日の訪問となりましたが、十分ひとりで
たどり着けそうな道順でした。

伝えること、考えること、いろいろと大事な役目があるのですが、
なかなかうまくできないでいるのが現状です。
2010/09/08(水) 23:33:36 | URL | こころ⇒弥生さん #sSHoJftA[ 編集]
すごいな~
銃弾の跡が残っているような建物、あるんですね。
実際に目で見て戦争を感じられるものが少なくなってくる今、貴重だと思います。
取り壊し、建て替え、なんて、いつまでも、なりませんように。
2010/09/12(日) 13:23:07 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
☆おへんじ☆
v-323ボーさんへv-323

ボーさん、こんばんは。
この建物は、写真や映像で見たことはありましたが、実際目の前で見ると、
無言の迫力がありました。
歴史の重みを感じながら平和への願いを新たにしました。

2010/09/13(月) 22:51:50 | URL | こころ⇒ボーさん #sSHoJftA[ 編集]
こころさん、今晩は!
今更なんですが、こころさんもFC2仲間でしたねv-410
リンクを頂いても構いませんか?
もし、不都合があれば遠慮なく言ってくださいね。
これからもよろしくお願いします
(*^-^*) ニッコリ☆
2010/10/13(水) 22:38:24 | URL | 金田 #.gUhmmJ6[ 編集]
☆おへんじ☆
e-343金田さんへe-343

こんばんは。
リンクありがとうございます。
先頭には広告記事が出っ放し・・・。
ほとんど休眠状態で・・・・リンクしていただくのも気恥しいようなのですが、
どうぞよろしくお願いいたします。
こちらもさせていただいてよろしいでしょうか。
またブログの方にもお願いにあがりますので。
あわせてよろしくお願いいたします。

こんな更新状態ですが、どうぞこれからも仲良くしてください。
2010/10/13(水) 22:48:13 | URL | こころ #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。