感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日にかける橋
2006年03月08日 (水) | 編集 |
講演会を聞きました。



テーマは、
『技術の自治とは何か?~市民の参加する公共事業~』
(講師・大熊孝氏・・・新潟大学工学部教授)
でした。

お堅い題名ですが、内容はなかなか面白く90分があっという間に過ぎていきました。
講演には新潟の『萬代橋』が登場しました。よく通る橋ですが、初めて知ったことも多く、びっくりしました。

良いお天気に誘われた日、見慣れた橋やその周りの景色をじっくり眺めようと出かけました。

hashi1A.jpg


6連アーチが美しい新潟市の顔《萬代橋(ばんだいばし)》です。
現在のもので三代目になります。
木造の初代萬代橋(当時は「よろづよばし」と呼ばれた)は、当初、個人所有で通行料が必要でしたが、のちに新潟県が買い取りました。
初代萬代橋は1908年の新潟大火で失われ、翌年復元されました(二代目萬代橋)。
現在の鉄筋コンクリート橋(三代目)は、1964年の大地震にも耐えた堅牢な構造物です。

橋の名称(よろづよばし)は、いつのまにか「ばんだいばし」となり、表記も「万代橋」に変わりました。
その後、「誕生75周年」を記念する改修工事をうけ,正式な表記が「萬代橋」と定められました。

そして、萬代橋は2004年、重要文化財に指定されました。

自動車が通行できる橋で重要文化財になっているものはこの「萬代橋」と「日本橋」(東京)だけです。


hashi2A.jpg


《柳都大橋(りゅうとおおはし)》
上記萬代橋の慢性的な渋滞を解消するため、2002年5月に開通した橋です。
この名前は、公募により11,934通のなかから選ばれました。
命名センスについてはいろいろ意見が出されていましたが、今は何となく定着しています。決まったときは私も「ん・・?」だったのですが・・・。慣れってこんなものですかね。
後ろに見えるビルが、朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)です。

hashi3A.jpg





柳都大橋の下から朱鷺メッセ方向を眺めます。
信濃川を行き来するウォータシャトルがやってくるのが見えました。


hashi5A.jpg








朝早いためか、まだお客さんの影はありませんね。


hashi8A.jpg




再び川辺の散策を続けていると、さっき行ったウォータシャトルが戻ってきました。
「およっ?」



hashi6A.jpg





あれ~~~~
お客さんで船室が黒だかり。
デッキも満員です。



hashi7A.jpg

し・・・沈みそう?
この日は「朱鷺メッセ」でイベントがあったため、そこに向かう人たちで満員だった模様です。

いつもはガ~ラガラのウォーターシャトルなので、この位お客さんが乗ってくれると船もやる気が出るだろうなぁ・・・と思いました。


街にとって景色を良くすることは重要なポイントだと思っています。この街がこれからどんなふうに「まちづくり」をしていくのか、私自身も何かしら参画していきたいなぁ・・・と思います。
ブログでの発信も参画のひとつになるかしら?
コメント
この記事へのコメント
重要文化財
ほんとにウォーターシャトル沈みそうだね・・・。
お客さん、怖くないのかな?
乗ってる人は気づかないか。

長崎のめがね橋も重要文化財だけど、車は通れないよね~。
一度だけ長崎旅行した際、親切なタクシーの運ちゃんが前を通ってくれました。・・・橋を見るだけでした。橋なんだから、やっぱ渡れないとね~。
日本の重要文化財って、展示してあるだけっていうところがほとんどじゃない?その点、萬代橋は実用的なんだね。
でも、車が通れるってことは、橋も傷むんじゃない?
補修工事も大変だね~。
デザインは美しいね。
私はアーチ橋好きですぅ。

以前TVで見たのですが、日本の橋を架ける技術は世界トップレベルだとか。日本は地形状、橋を架ける必要がある所が多いからね~。川も多いし。この橋にデザイン性が着いてきたら、技術だけでなく世界に誇れる美しい橋ができるだろうね。
2006/03/09(木) 11:56:29 | URL | orashion #dftCSLv6[ 編集]
船に乗って橋を真下から見るのって、おもしろいです。表と違った表情があり、やべ~この橋!アブネ~!反対に、神秘的!なんて分かります。一度お試しあれ~
2006/03/09(木) 12:05:44 | URL | ナンシー #-[ 編集]
orashionさんへ
そうかぁ・・・日本は橋梁技術大国だったのね。
美しい橋は見ているだけでもほれぼれしますよね。
眼鏡橋とか錦帯橋とか・・・いろいろ見てみたいです。

しかし・・・・
満員のウォーターシャトルからの無言の視線に耐えながら
撮影する私。あー・・・冷や汗ものでしたv-404
2006/03/10(金) 11:39:50 | URL | ☆こころ #ZMUMkWGc[ 編集]
ナンシーさんへ
私も歩いて回ったので、橋の下から(地上ですが)上をながめる
ことができました。確かに萬代橋も傷んでいました。
水の上からだとまた違った感じがあるのでしょうね。
2006/03/10(金) 11:43:25 | URL | ☆こころ #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。