感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわり
2006年03月14日 (火) | 編集 |
「さわりだけきかせて」
なんてよく言いますが、さわりとは・・・


義太夫節から派生した言葉で、曲の中で一番の聞き所とされる部分(つまり、現在ふつうに言うところの「サビ」)を指す。
すなわちもともとは曲の最初の部分という意味ではない。

☆ナンシーさのコメントで教えていただいたこと☆
義太夫のさわりは正確には「他の旋律様式を取り入れた部分を言い、他の旋律にサワル」からきている。又、三味線では絃をはずして出る特殊な音、奏法を言う。
(3/15追記・・・ナンシーさんありがとうございました)


(s)250
皆さんもニュース等でよく耳にされていると思いますが、今年2006年は『モーツアルト生誕250年』にあたります。
各地で記念演奏会やこれに便乗したビジネス!などが繰り広げられています。
韓国
宮崎県川南町
ウイーン市
田中貴金属
今なお世界中の人に愛され続けているモーツアルトの曲です。

さて、私もそのモーツアルトをBGMにしながら今日の記事を起こしています。モーツアルトは力を入れて聴かなくてもすんなり耳に心地よく入ってくるので好きです。
気楽に聴ける・・・なんて言うと、
「奥が深いのだぞっ
と音楽家に喝を入れられそうですが・・・。

さらに、今また「モーツアルト健康ブーム」のようで
モーツアルトで血液サラサラに・・
モーツアルトで免疫性疾患の予防
モーツアルトでアレルギー予防
とまあ、店頭を見てもネットを見ても、この手のものがざくざく出ています。

先日、軽く音楽を聴きたい気分になったので、『さわりで癒される天才モーツアルトの名曲』というCD付きの本とそれの類似品をいくつか購入しました。
このごろ流行している『さわり』本に安直に乗っかりました。

で、後悔しました。

気分よ~く音楽に浸っていても、ある程度のところにくると「ぶちっ」と終わってしまいます。音が途切れるような終わり方ではないですが、私が「ん~♪」と良い気分になってきた頃ちょうど終わっちゃうのですよね。不完全燃焼です。
そんなのを50曲も連続で聴いていると(ひとつひとつが短いから聴けちゃう)さすがに気持ち悪くなってきて、ひととおり聴き終えたらゲ■吐きそうでした(なーんにも伏字になっていません。しつこいです・・・笑)
他にも『さわりで覚えるクラシックの名曲』『さわりで覚えるオペラの名曲』『さわりで覚えるジャズの名曲』などがあり、なぜにこれほど「さわりモノ」が流行するのか?と不思議に思いました。
現代人は忙しいから・・・ということなのかもしれませんが、盛り上がり以外の場面や静かな場面があってこそ、「山場・・・盛り上がり」があるのではないかなと私は感じるのですけどね。
ざっと聴いて気持ち悪くなったらそう思いました。

以前、クラシックコンサート企画をお手伝いしたことがありました。その演奏会では、「名曲コーナー」としてモーツアルトなどの音楽家たちの曲も演奏しました。
何曲か次々に演奏されるプログラムでしたが、このCDのように「気持ちわるい・・」なんて感じたことは一度もなく、ただうっとりと心地よい音楽に浸りました。聴いた人たちも「今度はこの曲全部聴いてみたい」と思ったことでしょう。
編曲を担当された当市の作曲家先生は、聴衆の心をつかむよう、上手にアレンジされていたのだ・・と今更ながら感じ入っています。

また、音楽界にとどまらず、『1冊で100名作の「さわり」を読む本』『さわりで楽しむ名作散歩』など、文学の世界にも「さわりブーム」が到来しているようです。
こちらは読んでいないので、どんなふうなのか何ともいえませんが、ただ、「100冊のさわりだけ読んでどーするんじゃ・・」って感じもします。本に親しむ素地を作ろうというのでしょうか。

自分が気持ち悪くなったから大きな声で言うわけではありませんが、この「さわり」ブーム全盛現象にちょっとハテナマークが付いている私です。

・・・P.S①・・・
モーツアルトについて記事を書くために検索していたら、ぱっと出てきたのが、【お菓子屋さん】と【ペンション】でした。ちょっと笑っちゃいました。
モーツアルトは曲だけでなくて「名前」的にも多方面に好まれているのだなぁ・・と思いました。
さすがに【モーツアルト保育園】を見つけたときには私もオドロキました園内には厳選されたモーツアルトの名曲が流れているとか・・・いゃー、いろいろありますね。日本は広い。

・・・P.S②・・・
「さわりブームいかに!!」なんて疑問を投げかけておきながら、この頃よく見ている番組です(NHK)。

《毎日モーツァルト 》
 - 天才音楽家の誕生 -

前7・45~7・55、後9・50~10・00 (再)
BS2・前8・01~8・11、後6・50~7・00 (再)
(1月30日(月)より 月曜~金曜 放送)
朝のさわやかな時間帯、あるいは夕べや夜半の落ち着いたひととき、衛星放送からモーツァルトの珠玉の調べが、毎日、流れる・・・・・・。一日一曲、作曲年代順に、モーツァルトの人生のエピソードとともに名曲をお届けする。ほんの10分、ちょっと立ち止まって耳を傾け、美しいヨーロッパの映像をお楽しみいただく。
35年という短い生涯の間に、ゆうに600曲を超える作品を残したモーツァルト。生誕250年を記念して、その中から240曲をセレクトし、「超有名曲」は言うに及ばず、クラシックファンも納得の佳品、さらには、ふだんめったに耳にすることのない“掘り出し物”の作品まで、たっぷりお聞きいただく。映像はモーツァルトゆかりの風景などをハイビジョンで撮影した映像。音楽は一流演奏家による名演の音源を使用する。



コメント
この記事へのコメント
さわりね~、作家や作曲家、そうモーツァルトがこの現象を見たら、ゲ~でしょうね。「僕の曲を何で全部聴いてくれないの?そんなつもりで書いてないよ!そんなら絵もさわりだけ見たら?」とヘソ曲げるでしょうね。表面的な事にとらわれる現代社会を反映してるかな?心があったらこんな事しないね~(商売に)因みに義太夫のさわりは正確には「他の旋律様式を取り入れた部分を言い、他の旋律にサワル」からきています。又三味線では絃をはずして出る特殊な音、奏法を言います。それにしてもモーツァルト年ならまたアマデウスの映画をやって欲しい!真偽はともかくよくできた映画だった!そんなに古くないのに、とっても懐かしく思えま~す。
2006/03/14(火) 21:38:11 | URL | ナンシー #-[ 編集]
ナンシーさんへ
「さわり」に手を出してゲロ吐いてた私を笑ってください~~v-408

>義太夫のさわりは正確には「他の旋律様式を取り入れた
>部分を言い、他の旋律にサワル」からきています。
>又三味線では絃をはずして出る特殊な音、奏法を言い
>ます。

おおっ・・・そうなのですか。
専門的で深い解説をありがとうございました。助かります。
後で記事に追記させてください。

イベント好きなミーハーで恥ずかしいですが、この頃はやけに
モーツアルトを引っ張り出して音を楽しんでいます。
血流活性化しなくちゃ~ね??
ザッハトルテ食べながらアマデウスDVD視聴でもしますか。
2006/03/15(水) 07:45:11 | URL | ☆こころ #ZMUMkWGc[ 編集]
ノバたんです。モーツアルトですかぁ。聞けばわかる?
クラシックには、弱いノバなんで。久しく聞いておりません。
この前CD買ったのは、伊藤由奈「Faith」で~す。なかなか
きれいな声をしています。視聴してみてくださいね。
2006/03/15(水) 11:29:29 | URL | ノバうさぎ #ehuBx04E[ 編集]
モーツァルトですか。
私も有名な曲しか知らないですね~。
ナンチャラカンチャラ ナハトムジーク?だっけ??
(ちゃんと曲名覚えろよなぁ~・・・苦笑)
あれは、よく耳にしますね。

私は作者は知らないけど、クラシックは好きだよ。
一番好きなのは「カノン」かな。
夫の携帯に入ってて覚えました。

私のクラシック好きって、こんなもん繋がりだけどね(笑)。
2006/03/15(水) 13:42:47 | URL | orashion #dftCSLv6[ 編集]
ノバちゃんへ
伊藤由奈さんは『アンフェア』の主題歌ですな~。
ドラマは見ていないんだけど、最近よく耳にする歌ですね。
(コンビニで・・・笑)
最近ドラマを見続ける気力が無くて・・・どのドラマの話題にも
乗り遅れているなぁv-394
ストーリーを追求するエネルギーが無くなって来たのは老化の
証拠かしらん?
2006/03/15(水) 14:46:00 | URL | ☆こころ #ZMUMkWGc[ 編集]
orashionちゃんへ
「ナンチャラカンチャラ・・・」
最高だわv-411
あれは素敵なメロディーだよね(ナンチャラ・・・で話が通じる
ところがいいねぇ)。私も大好きです。

私もケータイ着信音『カノン』使ってます。
もともとの内蔵曲でしたが、一番聞き取りやすかったので
これにしています。
刑事魂つながりで(・・・)だんなさまとお好みが一致した
でしょうか。
しょぇぇぇ、めっそうもない。生意気申しました!
お・・・奥様、ひらにお許しを(えっ???)。
2006/03/15(水) 14:58:03 | URL | ☆こころ #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。