感動するこころ・楽しむこころを大切に、こころにうつったことを気ままに綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのり・・・・カトリック麹町教会(イグナチオ教会)
2006年04月01日 (土) | 編集 |
いのり

inori1.jpg

つりばりぞそらよりたれつ
まぼろしのこがねのうをら
さみしさに
さみしさに
そのはりをのみ

山村暮鳥「聖三稜玻璃」より


3/18の記事で山村暮鳥の詩「風景」をとりあげましたが、そのとき、詩集「聖三稜玻璃(せいさんりょうはり)」に収録されている他の作品を初めてよみました。
詩にウトいので深く味わう?ことができないまでも、暮鳥に対し新たなイメージを見出すことができました。

「聖三稜玻璃」は、当時の詩壇からは悪評を買い、広く世に認められることはありませんでしたが、その詩法は、言葉をその意味から離して鋭い感覚のみで表したもので、独創的な世界を作り出していました。

本当に奇抜?な言葉揃いでびっくり!
現代でもびっくりするくらいですから、大正時代の人たちはさぞかし驚いたことでしょう。
「殺人ちうりつぷ」なんて言葉も出てきて、およよ・・っ。
これだけ聞くと、ウルトラマンのサブタイトルか、仮面ライダーの怪人名です。


「いのり」は、「聖三稜玻璃」の最後に収録されている詩です。
私は何となくこの詩に惹かれました。
信仰者とはいえ、神の釣り針にも食らいつきたくなるような、そんなやりきれない寂しい気持ちが色濃く描かれているからです。


・・・浜離宮の菜の花ばたけで「風景」の詩が思い浮かんだ時、そこから他の詩に自分の目がすすんでいくとは想像していませんでした。ブログを書いていなければ、こういう機会はまだ訪れていなかったかもしれません。

何気なく素通りしていたことに対し「いや・・まてよー」と考えるチャンスを与えてくれるブログが、私にとって良い刺激になり大切なものになっている昨今です。
これもまたある意味「ブログ効果」でしょうか。


4月になりました。
今月からは仕事が始まります。春の活力を取り入れ、元気で頑張っていきたいです。
今まで同様、よろしくお付き合いのほどお願いいたしますね。


写真はカトリック麹町教会(イグナチオ教会)です。
現在は教会関係施設の大規模な新築工事が行なわれているため、どこから撮影しても大きなクレーンや工事事務所の建物などが入ってしまいました。しばらくは工事続きですね。
inori2.jpg
工事の音が響き渡っていました

inori3.jpg
楕円筒形の主聖堂

inori4A.jpg
イグナチオ教会近くで会った猫ちゃん
頭の上の黄色い花が花嫁さんのヴェールみたい
♂だったらゴメンニャサイ
コメント
この記事へのコメント
教会の猫ちゃん、可愛い!レンギョウの花の中が、また良いね!
ブログを書く事って自己発見に繋がりますね。そしてそれを覗くお客さんも、また色々再発見です。ありがとう!
2006/04/02(日) 10:34:20 | URL | ナンシー #-[ 編集]
ナンシーさんへ
いつもありがとうございます。
黄色いヴェールの猫ちゃんはひなたでのんびーりでした。
かわいかったです。

これからもいろいろと発見できるように頑張ります。
今後ともよろしくお願いしますね。
明日の出勤にそなえ、久しぶりにスカートを出した私なの
でしたが、この寒風にちと怯えています。
さ・・・寒いかな?
2006/04/02(日) 22:46:55 | URL | ☆こころ #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。